Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_security

マネージドセキュリティ

脆弱性見える化ソリューション
Vulnerable Assets Visualizing Solution

 

本ソリューションの提供は、2018年6月下旬を予定していますが、本ソリューションを十分にご活用いただくための導入コンサルティング(有償)は随時受け付けています。
導入コンサルティングをはじめ、本ソリューションに関するお問い合わせは、弊社営業担当または「お問い合わせ」ボタンよりお願いします。

ソリューション概要

 近年拡大している企業のデジタルトランスフォーメーションにより、ICT基盤の事業上の重要性はより一層高まっていますが、一方で、サイバー攻撃を受けるリスクや事業への影響度も高まっています。
このような事業継続を脅かす攻撃の糸口となる脆弱性は、日々新しい情報が更新され、半日後にサイバー攻撃が開始される事例もあります。そのため、システムを多数抱える企業や官公庁では、脆弱性情報が公開されてから一刻も早くサイバー攻撃への対応を行う必要があります。

 「脆弱性見える化ソリューション」は、お客さまのICT環境全体の資産情報をAPIで自動的に取込み、システムごとの脆弱性を一元管理します。お客さまは、脆弱性がICT環境に与える影響の有無や対応状況をリアルタイムに確認することができます。

特長

  • 資産管理機能と脆弱性管理機能の連携による迅速的確な脆弱性の把握
  • APIによる既存資産管理情報の自動取込み
  • 本ソリューションのプラットフォームをNTTコミュニケーションズ保有の国内データセンター内に配置することによるお客様情報管理の信頼性確保
  • NTTグループ導入実績のノウハウ活用
    • システム情報と脆弱性情報のマッチング技術
    • 脆弱性対応を円滑に統括するためのワークフロー機能
    • 導入コンサルティングや登録代行支援、ヘルプデスクなど導入や運用において必要なサポートを備えたオールインワンサービス

期待される導入効果

期待される導入効果

提供イメージ

提供イメージ

費用

初期費用:0円
月額費用:8,980円/IPアドレス

※以下の導入時の対応は別途有償にて承ります。

  • 導入コンサルティング
  • データ登録代行
  • カスタマーコントロール上におけるお客さまロゴの追加
  • お客さま社内向け勉強会の実施

※月額費用について、8,980円には、システムアカウント(利用ユーザ)が1-ID含まれます。
 また、一定数のIPアドレスをまとめて契約する年額プランや複数年契約プランなど、お得な料金プランも利用可能です。
 例えば、100IPアドレスをまとめて年額契約する「100IPパック」では、1年契約の場合、月額換算で4,050円/IPアドレス、
 3年契約の場合、月額換算で3,880円/IPアドレスとなります。


※詳細な費用および提供条件につきましては、弊社営業担当または「お問い合わせ」ボタンよりご連絡賜りますようお願い申し上げます。

サイトマップ

GROC (Global Risk Operations Center)が発行する情報セキュリティ関連のレポートを掲載しています。

関連リソース

このページのトップへ