日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_security

総合リスクマネジメントサービス
WideAngle

ネットワークセキュリティ/コンテンツセキュリティ

ネットワークセキュリティ

ファイアウォールは、送信元と送信先のIPアドレス、プロトコル、ポート番号により通信を制御します。 IPS/IDSはネットワーク層やアプリケーション層の脆弱性を突くアクセスを検出してポリシーをもとに検知または遮断を適用します。WideAngle MSSではそれぞれの機能を単体で、または両方の機能を「ネットワーク セキュリティ基本パック」としてパッケージ提供します。

提供サービス


  • ファイアウォール


  • IPS/IDS

  • ネットワーク セキュリティ
    基本パック

    ファイアウォール IPS/IDS

コンテンツセキュリティ

メール/Webアンチウイルスは、お客さま環境のメールとWebの通信から悪意あるソフトウェアを検出しブロックします。URLフィルタリングはプロファイルを定義し、Webブラウジング ポリシーをもとに通信を制御します。アプリケーション フィルタリングは、アプリケーションとWebコンテンツを識別して通信を制御します。WideAngle MSSでは「ネットワーク セキュリティ基本パック」にそれぞれの機能を追加して「コンテンツ セキュリティ基本パック」「コンテンツ セキュリティ拡張Aパック」「コンテンツ セキュリティ拡張 Bパック」としてパッケージ提供します。

提供サービス

  • コンテンツ セキュリティ
    基本パック

    ファイアウォール IPS/IDS
    メール/Webアンチウイルス

  • コンテンツ セキュリティ
    拡張Aパック

    基本パック
    +
    URLフィルタリング

  • コンテンツ セキュリティ
    拡張Bパック

    拡張Aパック
    +
    アプリケーション フィルタリング
    RTMD*1

*1 コンテンツ セキュリティのRTMDは、セキュリティ デバイスとしてPalo Alto PAシリーズを利用する場合にWildFireを利用して提供可能なマルウェア検知機能です。

ネットワークセキュリティ/コンテンツセキュリティのご利用イメージ

ご利用イメージ

セキュリティデバイスとセキュリティオペレーションセンターのセキュリティ運用基盤を接続。アナリストが、収集されたアラートやログを分析し、お客さまに通知します。

おススメポイント

コンテンツ セキュリティの各パッケージは、お客さまの境界ゲートウェイにおける入口・出口対策に最適です!

サービス担当者からのおススメポイント

IPSのCriticalアラートの7割以上はカスタムシグネチャによる検知!

危険度 カスタムシグネチャ検知率
Critical 71.4%
Medium 46.2%
Low 41.7%

※東京SOCにおける実測に基づく

PDF版で見る

 

 

PDFファイルをご覧いただくためには、「Adobe Reader」がインストールされている環境が必要となります。

サイトマップ

GROC (Global Risk Operations Center)が発行する情報セキュリティ関連のレポートを掲載しています。

関連リソース

このページのトップへ