Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
file

緊急地震速報配信サービス

お知らせ

2019年2月16日

気象庁による緊急地震速報(高度利用者報)の変更に伴う「緊急地震速報配信サービス」の工事予定について

気象庁は、緊急地震速報の高度化と迅速化による地震被害の軽減を目的とし、緊急地震速報(高度利用者報)を2018年3月22日に「ハイブリッド法を適応した緊急地震速報(高度利用者報)(気象庁は、「新形式電文」と表現しています。)」の発報を開始しました。

 一方、稼働中の受信端末によっては、改修が間に合わないものがあることを考慮し、改修が完了していない受信端末でも「ハイブリッド法を適応した緊急地震速報(高度利用者報)」を受信いただけるための暫定措置として同日「ハイブリッド法が適応された」緊急地震速報(高度利用者報)の移行措置電文」(以下、「移行措置電文」)の発報も同時に開始しております。

上記を受けまして、2018年3月22日以降、弊社緊急地震速報配信サービスは、受信端末のご対応が進まれていないご契約に配慮し、「移行措置電文」を配信しております。

移行措置電文の配信から半年以上経過すること、気象庁が「移行措置電文」の配信を2019年度末(予定)としていることを踏まえ、弊社緊急地震速報配信サービスでは、気象庁が提供する「新形式電文」を受信端末に配信するための工事を実施しますので、下記の通りご案内いたします。

切換え工事日 2019年3月22日(予定)

技術担当者様メールアドレスへもご案内させていただいております。
ご利用中の受信端末について 2017年度中に弊社から受信端末のファームアップ等の必要性をご案内しているところではございますが、「新形式電文」を受信できる仕様になっているか否かは、弊社では判りかねますので、受信端末の製造メーカや当該機器を納品/設置した事業者にお問合せいただき、お早めに対応を完了いただきますようお願いいたします。

なお、電文をより早くお届けするためIPv6マルチキャスト配信という通信方式を採用し、地震速報電文を配信していることにより、ご契約毎に配信する電文を選択いただける仕組みを搭載できません。
大変恐縮でございますが、お客さまご利用中の受信端末が対応できていない点を踏まえ、ご契約毎に切換え日を変更するというご要望はお引き受けしかねますので、お汲み取りいただきますよう何卒お願い申し上げます。

このページのトップへ