日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

2018年6月27日

クラウド利用に最適な
高速で高セキュリティのインターネット接続サービス「OCN光 IPoEサービス」を提供開始

〜ビジネスで求められる「スピードと安心」を更にレベルアップ〜

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は、IPoE方式※1に対応した、高速で高セキュリティな企業向けインターネット接続サービス「OCN光 IPoEサービス」を、2018年6月27日より提供開始します。

1. 背景

近年、高解像度の動画をはじめとした大容量の通信や、企業活動におけるMicrosoft「Office 365」、Google「G Suite」などのクラウドサービスの利用急増によるインターネット通信量の飛躍的な増加に伴い、ネットワークの混雑状況に左右されない、高速なインターネット接続へのニーズが高まっています。

このようなニーズに応えるため、IPoE方式を採用しIPv6通信およびIPv4通信の両方が利用できる※2新たな高速インターネット接続サービスを開始します。

2. サービスの特長

(1) ネットワーク混雑の影響を受けにくい高速な通信

IPoE方式は、従来のPPPoE方式※3より大容量化した設備を利用するため、混雑しにくいネットワーク構成となっています。さらに、混雑の原因となりやすい個人のお客さま向けサービスのトラフィックを論理的に分離することで、ビジネスで必要となる、高速で安定したインターネット利用環境を提供することが可能です。

また本サービスには、従来サービス比2倍の帯域設計となる「標準プラン」と、従来サービス比6倍の「ワイドプラン」※4があり、「ワイドプラン」では、Windows Updateによる通信※5を業務用の通信から分離できるため、Windows Updateが実行されている間でも、他の通信が安定して利用できるようになります。

詳しくは[別紙1]を参照ください。

(2) 導入は簡単、サポートも充実

本サービスのご利用にあたり、回線に接続するだけで必要な設定が自動的に行われるIPoE対応ルーターをレンタルで提供します。

また万一故障が発生した際には、「OCN」のネットワーク/「フレッツ 光ネクスト」/IPoE対応ルーターのいずれに原因がある場合でも、24時間365日、ワンストップで受け付け※6し、故障区間を特定します。オプションサービスのオンサイト保守(24時間365日対応)を契約されている場合には、4時間以内※7にIPoE対応ルーターの設置場所へ駆けつけ、交換対応を行うことも可能です。

(3) 固定/動的のグローバルIPv4アドレスを提供

ご利用用途に合わせて、固定/動的、いずれかのグローバルIPv4アドレス※8をお選びいただけます。固定IPアドレスを利用すると、送信元IPアドレスによるセキュリティ認証や、防犯カメラなどの遠隔管理を行うことができます。

(4) クラウド型セキュリティ機能をセットで提供

NTT Comのクラウド型セキュリティ機能をパッケージ化した、「OCN光 IPoE vUTM※9セット」の提供も行います。

推奨のセキュリティポリシーがあらかじめ設定されているため、複雑な設定をすることなく安心してインターネット接続を開始することができます。またお客さまの用途に応じてセキュリティポリシーをオンラインで設定できる機能や、不正の検知ログ/ブロックログといったセキュリティ対策の見える化機能を、ポータルサイト上で提供します。

詳しくは[別紙2]を参照ください。

3. 月額利用料金 (税抜)

■「OCN光 IPoEサービス」

例:光回線が「フレッツ 光ネクスト ファミリー」で、IPoE対応ルーターレンタルの保守タイプとしてセンドバック保守(郵送による修理・交換対応)を選択した場合。
また、固定IPについては、利用するアドレスが1つの場合。

フレッツ別契約型 標準プラン ワイドプラン
OCN光「フレッツ」 IPoE 動的IP 4,500円 7,500円
固定IP 11,500円 14,500円
光回線一括提供型 標準プラン ワイドプラン
OCN 光 IPoE 動的IP 9,400円 12,400円
固定IP
(2年自動更新型割引適用後)
15,400円 18,400円

上記の場合以外の料金については、[別紙3]を参照ください。

■「OCN光 IPoE vUTMセット」

フレッツ別契約型 標準プラン
OCN光「フレッツ」 IPoE vUTM スタンダード 15,000円
光回線一括提供型 標準プラン
OCN光 IPoE vUTM スタンダード ファミリー 19,900円
マンション 17,650円

「OCN光 IPoE vUTMセット」は、標準プラン、動的IPのみでの提供となります。
また、オンサイト保守(24時間365日対応)を標準で提供します。

4. お申し込み開始日

対象サービス プラン お申し込み開始日
OCN 光 IPoE
OCN光「フレッツ」 IPoE
標準プラン/ワイドプラン
(動的IP)
2018年6月27日
標準プラン/ワイドプラン
(固定IP1/8/16)
2018年7月中旬 (予定)
OCN光 IPoE vUTMセット 2018年7月中旬 (予定)

お申し込みは、NTT Com営業担当者または法人コンタクトセンター(0120-106107)までお問い合わせください。

5. 今後の予定

回線のスループットやデータ使用量など、インターネットのご利用状況をポータル上で閲覧いただけるトラフィックレポートを提供予定です。

※1: IPoEは、IP over Ethernetの略。イーサネットを使ってIPパケットを伝送するインターネットの通信方式。

※2: 本サービスでは、IPoE方式によるIPv6通信、およびIPoE方式を活用したIPv4 over IPv6技術によるIPv4通信を合わせて提供します。

※3: PPPoEは、Point-to-Point Protocol over Ethernetの略。イーサネットを使ってPPPというプロトコルを伝送する通信方式。インターネットの利用者とISP事業者間の接続で多く利用されています。

※4: いずれも提供開始時の帯域設計値です。

※5: Microsoftが、同社製OSのセキュリティ向上などを目的として、定期的にリリースしているセキュリティ更新プログラム。一斉に実施されるため、例えば企業においては、更新時に企業内のパソコンへの通信量が一気に増大します。

※6: 「OCN 光 IPoE」および「OCN光「フレッツ」 IPoE」で「一元故障受付サービス」をご契約の場合。

※7: 駆け付け時間は目標時間です。離島や遠隔地、また交通事情や気象状況によっては、さらに時間がかかる場合があります。

※8: 固定のグローバルIPv4アドレスは、NTT Comから決まったグローバルIPv4アドレスを割り当てます。動的なグローバルIPv4アドレスは、インターネット接続のたびにNTT Comから空いているIPアドレスを自動で割り当てます。

※9: vUTMは、virtual Unified Threat Management の略。ファイアウォール、IPS、IDS、URLフィルタリングなど複数の異なるセキュリティ機能を統合し、クラウド上で集中的に管理を行います。

関連リンク

本件に関するお問い合わせ先

ネットワークサービス部

オープンネットワークサービス部門

鈴木、市原、加納

03-6700-9115

2018-R054

このページのトップへ