日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

2016年11月30日

フィリピン国内最大の「フィリピン マニラ マカティ データセンター」を提供開始

NTTコミュニケーションズ(以下NTT Com)は、フィリピンで3番目の「フィリピン マニラ マカティ データセンター」を本日より提供開始します。

本データセンターは、NTT Comとフィリピン最大の通信事業者PLDT Inc. (CEO:Manuel V. Pangilinan、以下PLDT)の間で締結したパートナーシップ協定や、「Nexcenter™※1」における300項目以上の品質基準に基づき、フィリピンの首都マニラ市のマカティ地区に建設したものです。本データセンターにおいて、サーバールーム面積最大約8,000 m2 (3,600ラック相当) ※2を提供します。

1. 背景

NTT Comは、世界中の好調なデータセンター市場を背景に、これまで自社建設による新たなデータセンターを中心にサービスを拡充してきました。一方、フィリピンにおいては、PLDTとのパートナーシップ協定により、同社が建設したデータセンターにて、サービス拡大を進めているところです。NTT Comは、既にマニラ市内のパシッグ地区とパラニャーケ地区でデータセンターを提供中ですが、さらなるデータセンターの需要に応えるため、新たに建設された「フィリピン マニラ マカティ データセンター」の提供を開始します。

「フィリピン マニラ マカティ データセンター」の外観イメージ
イメージ

2. 概要・特長

マニラのビジネス中心街に建設された地上5階建ての同国内最大のデーセンター専用ビルで、「Nexcenter™」ブランドの下、サービスを提供します。

(別紙1)「フィリピン マニラ マカティ データセンター」の仕様

(1) 高い耐災害性と信頼性を備えた施設

データセンターに関する各種グローバルスタンダードに基づき、「Nexcenter™」が定める300項目以上のグローバル統一設備・運用基準に準拠したサービスを提供します。活断層から離れた強固な地盤に設置された建物は、マグニチュード8クラスの巨大地震にも耐えうる耐震性を有し、台風、津波や洪水などに対する水害対策も万全です。

フィリピン国内は一般的に電力供給が不安定で停電が多いため、本データセンターでは、UPSなどの電力設備を二重化することにより、24時間365日にわたり、安定した電力を継続供給します。さらに、空調・通信設備の冗長化やセキュリティの充実などにより、金融機関、ITサービスプロバイダーや官公庁など、高い信頼性を求めるお客さまに最適なデータセンターサービスを提供します。

(2) 柔軟なネットワーク環境

本データセンターは、マニラ市内におけるネットワークの中心拠点でもあり、IX※3を収容しているため、お客さまは低遅延かつ高品質なインターネットネット接続を利用可能です。また、お客さまは、NTT Comが保有するアジア各国間を超低遅でつなぐ「Asia Submarine-cable Express (ASEケーブル)」による 超高速・大容量のインターネットバックボーンや、「Arcstar Universal One」など、全世界をカバーする豊富なネットワークサービスを、キャリアニュートラルで利用できるとともに、世界中のNTT Comデータセンターやクラウドサービスを組み合わせたシームレスICT環境を構築できます。

(3) 低コストでオフショア開発拠点の構築を実現

マニラは安定した政情に加えて、アジアの中でも人件費が安価なため、お客さまは、本データセンター内にBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)先拠点を低コストで構築することもできます。

※1:NTT Comのデータセンターサービスブランド。世界140拠点以上で、グローバル X ノンストップ・データセンターサービスを提供しています。

※2:NTT ComおよびPLDTによる販売スペースを合算した場合。

※3:Internet Exchange 複数のインターネットサービスプロバイダーなどを接続するインターネット上の相互接続点。

本件に関するお問い合わせ先

クラウドサービス部

岩橋、瀬尾

03-6733-9521

2016-R123

このページのトップへ