日本 Select Language : English 日本語

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

2016年7月27日

トラディショナル、クラウドネイティブ双方のICT環境を統合管理できる「Enterprise Cloud」の拠点展開および機能追加について

〜国内外3拠点への基盤展開や、エンタープライズ向けに機能を追加〜

NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、2016年7月27日より、専有型(Hosted Private)Cloudと、OpenStackを採用した共有型Cloudを組み合わせた企業向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」を、東日本(JP1)などに加えて、西日本(JP2)・香港(HK1)・ドイツ(DE1)の拠点からも提供します。

また、東日本(JP1)より順次、「vSphere ESXi」や高いIO*1性能の「ブロックストレージ」などの機能を追加します。

<サービスイメージ図>
イメージ

 

1. 西日本(JP2)・香港(HK1)・ドイツ(DE1)への拠点展開

西日本(JP2)・香港(HK1)・ドイツ(DE1)の3拠点にて、「Enterprise Cloud」のベアメタルサーバーによる専有型(Hosted Private)Cloudと、オープンソースのクラウド基盤ソフトウェアOpenStackを採用した共有型Cloudのコンピュート機能に加えて、ブロックストレージによるストレージ機能、ロジカルネットワークに対応したネットワーク機能、モニタリングなどの機能を提供します。

2. 東日本(JP1)における機能追加

(1)専用ハイパーバイザー「vSphere ESXi」

「vSphere ESXi」がインストールされたサーバーを、柔軟かつ迅速に提供します。これにより、オンプレミスの既存システムで、VMware仮想環境を運用中のお客さまは、既存環境向けの運用プロセスや、独自開発した管理ソフトウェアなどを、「Enterprise Cloud」へのクラウド移行後も継続して活用することが可能です。

(2)高いIO性能(4IOPS/GB)の「ブロックストレージ」

iSCSI*2プロトコルで接続可能な高いIO性能(4IOPS/GB)の「ブロックストレージ」が利用可能です。お客さまは、100GBから最大12,000GBまでの容量を、高速データベースやビックデータ分析用の外部ストレージとして、他データによる負荷状況による影響を受けず、安定した環境で利用できます。

3. 提供開始日

2016年7月27日

4. 提供価格 

別紙のとおり

5. 今後の展開について

NTTコミュニケーションズでは、引き続き、トラディショナルICT・クラウドネイティブICT・マネージドサービスの機能強化や海外拠点の拡大など、グローバルレベルで最適化したシームレスICTソリューションの提供を通じて、お客さまの経営改革に貢献していきます。

トラディショナルICTでは、VMwareによるソリューション機能拡充、クラウドネイティブICTでは、オープンソースを活用した機能強化を行い、OpenStackコンポーネントの拡充や、Cloud Foundryをベースとしたバーチャルプライベートクラウドの提供を予定しています。

また、「Cloud Management Platform」を中心にマネージドサービスの強化を行います。クラウドサービスに加えて、SD-Exchange・SD-WAN・SD-LANなど、新しいSDxサービスやソリューションも一元的にマネジメントできる機能を強化し、ICT環境の運用をトータルアウトソースしたいというお客さまのニーズに対応していきます。

*1:ハードディスクなどの記憶装置の性能指標の一つで、ある条件の元で1秒間に読み込み・書き込みできる回数のこと。4IOPS/GBで最大4.8万IOPSに対応可能。

*2:Internet SCSI (Small Computer System Interface) の略語で、TCP/IPプロトコルを利用しデータを通信する方式。

本件に関するお問い合わせ先

クラウドサービス部

販売推進部門

森田、林、冨田

TEL:03-6733-9521 

2016-R075

このページのトップへ