日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

2016年6月17日

「OCN モバイル ONE」などを提供するNTTコミュニケーションズが5回連続でMVNOシェアNo.1を獲得

NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、株式会社MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)が調査、発表した「国内MVNO 市場規模の推移(2016 年3月末)」(以下、本調査資料)の独自サービス型SIMのシェアにおいて、2014年3月末の発表から5回連続でシェアNo.1を獲得しました。

NTT Comは、日次コースなど豊富な6つの利用体系に応じた料金コースを揃えた高速LTE通信SIMカード「OCN モバイル ONE」などをMVNOとして提供しています。

また、個人のお客さま向けだけでなく、企業のお客さま向けにもモバイル通信サービスを提供しています。例えば「IoT」の領域においては、センサーなどの機器がネットワークに接続する際の通信モジュールとしての活用が進んでいます。

さらに、本調査においてはシェアとして含まれていないMVNEとしての取り組みも進めており、MVNOとして新たなビジネスを展開する企業を支援しています。

今回MM総研から発表された調査資料によると、NTT Comは、MVNO 市場の中でも注目を集める「低価格SIM」を含む独自サービス型SIMにおいて、市場シェアNo.1となる20.6%のシェアを獲得したことが明らかになりました (2016年3月末時点)。

これにより、2014年3月末、2014年9月末、2015年3月末、2015年9月末時点での調査に引き続き5回連続のトップシェア獲得となりました。

【出典元】

MM総研「国内MVNO 市場規模の推移(2016 年3 月末)」

本件に関するお問い合わせ先

経営企画部 広報室

山下、滝田

03-6700-4010

2016-R063

このページのトップへ