日本 Select Language : English 日本語

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

ニュース

このページのPDFを開く

 

2015-R138

2015年10月28日

インド最大規模の「インド ムンバイ 5 データセンター」を開設
~金融機関の基幹システムに対応する安全性と常駐エンジニアによる万全のサポートを提供~

NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、2015年10月28日にデータセンター関連サービスを提供しているグループ会社Netmagic Solutions Private Limited(ネットマジック・ソリューションズ社、略称:Netmagic社)を通じて、約100億円を投じたインドにおいて9番目となる「インド ムンバイ 5 データセンター」の提供を開始します。

本データセンターは、インド経済の中心拠点であるムンバイに位置し、インド最大規模のサーバールーム面積約7,400m2(最大2,700ラック相当)を提供します。

1.背景

インドのデータセンター市場は年率15%以上の成長が見込まれています。金融機関、グローバル企業などの本社が集積しているインド最大の都市であるムンバイは、アジア有数の金融センターであり、インドの中では比較的停電が少ないという良好な電力環境から、データセンターサービスの需要が激増しています。

NTT Comは、Netmagic社を通じてインドのデータセンターサービスを提供しており、現在バンガロール、ムンバイ、デリー(ノイダ)、チェンナイの8拠点でデータセンターを展開していますが、お客さまのさらなるご要望にお応えするため、ムンバイで新たなデータセンターを提供するものです。

「インド ムンバイ 5 データセンター」の外観イメージ
イメージ

2.概要・特長

ムンバイ国際空港から車で約15分、ムンバイエリアの各社データセンターの中では抜群に利便性の高い市内中心部に立地する自社保有のデータセンター専用設計ビルで、インド最高レベルのデータセンターサービスをご利用いただけます。

NTT Comは、Nexcenter™ブランド*1の下、グローバルシームレスな次世代データセンターサービスの需要に応えていくとともに、今後、本データセンターをインドにおけるクラウドサービスの中核拠点としても活用していきます。

(別紙1)インドにおけるNTT Comのデータセンター拠点

(別紙2) 「インド ムンバイ 5 データセンター」の仕様

(1) 99.999%の電力可用性を保証する電力安定性と優れたネットワーク環境

本データセンターは、電力・空調・通信設備の冗長化やセキュリティの充実により、インドのデータセンターでは最高クラスの信頼性やSLAを提供します。完全冗長構成のUPS(無停電電源装置)、最大12kVAの電力利用が可能な高発熱対応ラック、複数のキャリアに対応する東西南北4方向の通信引込ルート、X線スキャナーと金属探知機による厳重なセキュリティなどを備えており、ミッション・クリティカルな金融機関のお客さまが安心してご利用いただけるデータセンターです。

NTT Comは、2016年に取得を予定しているインド国内におけるネットワークライセンスにより、インド国内のIP-VPNや、Arcstar Universal Oneなどグローバルネットワークとのバンドルサービスも充実させていきます。

(2) オンサイトスタッフによる迅速かつ柔軟な運用サービス

お客さまは、24時間365日常駐するエンジニアスタッフにより提供される、充実した各種マネージドサービス(サーバー/リソース/アプリケーション/セキュリティ監視など)やリモートハンドサービス、ネットワーク監視など、迅速かつ柔軟な運用サービスをご利用いただけます。ISO 27001、 ISO 9001、 ISO 20000などの国際認証やSAP認定を取得した先進の運用体制で、安全かつ高水準な運用サービスが提供されます。

また、本データセンターでは、コロケーションとクラウドサービスを組み合わせてシームレスにご利用いただけるハイブリッドクラウドの利用も可能です。

(3) データセンターと一体利用が可能な大型オフィススペース

ムンバイは、良好な治安に加え、アジアの中でも人件費、電力コストなどが安価なため、お客さまは、本データセンターを使って低コストでBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)先拠点を構築することができます。建物内には無停電電源が利用可能な大型のオフィススペースを用意しており、データセンターと一体化したオペレーションセンター、システム保守拠点、BCP用オフィスなどにご利用いただけます。

(参考)Netmagic社について

Netmagic社(本社:インド ムンバイ、CEO:Sharad Sanghi)は、1998年の会社設立以降17年間にわたり、インドでコロケーションサービスやクラウドサービスを提供する、インドにおける業界のパイオニアです。1,500以上の企業に対する高品質サービスの提供実績があります。


関連リンク

*1:データセンターサービス ブランド「Nexcenter™」
「高品質」、「低コスト」、「柔軟性」を統合した次世代データセンターサービスでお客さまのグローバルビジネスを加速します。
イメージ

本件に関するお問い合わせ先

クラウドサービス部

岩橋、瀬尾、鶴田

03-6733-9521

このページのトップへ