日本 Select Language : English 日本語

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

ニュース

このページのPDFを開く

 

2015-R135

(報道発表資料)

2015年10月26日

NTTコミュニケーションズ株式会社
株式会社日立製作所
日本電気株式会社

総務省主催の「実践的サイバー防御演習(CYDER)」を実施
~「サイバー攻撃複合防御モデル・実践演習の実証実験」の一環~

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下 NTT Com)、株式会社日立製作所(以下 日立)および日本電気株式会社(以下 NEC)は、総務省から受託した「サイバー攻撃複合防御モデル・実践演習の実証実験」の一環として、今年度第1回目の「実践的サイバー防御演習(CYDER)」(注)を本日から実施します。

(注)CYDER(サイダー):CYber Defense Exercise with Recurrence
継続的に実施する実践的なサイバー防御演習

CYDERは、増加するサイバー攻撃に対応するため、官民の情報システム管理者のインシデントハンドリング(被害の早期発見・検知ならびに対処)能力の向上を目的としており、日常の運用を考慮しながら、事業継続を脅かす攻撃に対応できる「総合力の高い情報システム管理者」の養成を目指すものです。2015年度は、今年度に発生した大規模な情報流出事案をカリキュラムに取り込み、本日を第1回目として、合計6回(200名以上)を実施する予定です。

<CYDERの特長>

官公庁や重要インフラ事業者等の情報システム管理者が3~4名構成のチームで参加し、参加チームごとに大規模(職員が数千人規模)な模擬LAN環境で情報セキュリティ事故の発生から回復までの一連のインシデントハンドリングの流れを体験することで、サイバー攻撃への対処方法を学ぶことができます。

演習は技術的な対処だけでなく、部門内への指示やエスカレーション、社外の関係機関との情報連携など被害拡大を防止するために重要な対処も体験できます。

CYDER演習プログラム、「サイバー攻撃複合防御モデル・実践演習の実証実験」の概要は、以下の通りです。

<CYDER演習プログラム>

演習1日目

午前
■ 講義
・最近の標的型攻撃事例の紹介
・標的型攻撃への対策
・インシデントハンドリングの心得
・実習環境・ツールの解説
午後
■ 実習
・演習環境の把握
・監視・分析業務
・インシデントハンドリング
・報告書作成

演習2日目

午前
■ グループワーク
・講師による解説
・質疑応答
・実機による確認
■ クロージング
・スキルチェックテスト/アンケート

<「サイバー攻撃複合防御モデル・実践演習の実証実験」の概要>

本実証実験は、新たなサイバー攻撃に対応可能な環境を実現するため、攻撃の解析および防御モデルの検討を行い、官民参加型のサイバー攻撃に対する実践的な防御演習を行うもの。

(A) サイバー攻撃の解析(担当:日立)

  • 標的型攻撃等の新たなサイバー攻撃情報の迅速・効率的な収集、正確な解析

(B) 防御モデルの検討(担当:NTT Com)

  • 標的型攻撃などのサイバー攻撃及びインシデントレスポンス事例の調査研究
  • サイバー攻撃に対する検知、対策(予防対策・事後対策)及びインシデントレスポンスから構成される防御モデルの確立

(C) 実践的サイバー防御演習の実施(担当:NEC)

  • 演習実施事例の調査研究
  • 上記(A)及び(B)の成果を活用した演習プログラムの策定・実施・評価・検証

以上

本件に関するお問い合わせ先

演習に関するお客様からの
お問い合わせ先

CYDER事務局

E-Mail: cyder@nss.jp.nec.com


本件に関する報道関係からの
お問い合わせ先

NTTコミュニケーションズ 広報室 山下、今江

03-6700-4010


日立製作所 情報・通信システム社 広報部 寺師

03-5471-8900

E-Mail: koho@itg.hitachi.co.jp


NEC コーポレートコミュニケーション部 楓

03-3798-6511

E-Mail: s-kaede@bu.jp.nec.com

このページのトップへ