Select Language : English 日本語
Global Site : NTT Ltd.
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

ニュース

このページのPDFを開く

 

2015-R118

2015年9月30日

Enterprise Cloud
Oracle対応ブロックストレージ「Premium++」の価格改定と
マネージドオプション「Managed Oracle」の提供開始について

NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、2015年10月1日より、企業の基幹システム向けクラウドサービス「Enterprise Cloud」にて、Oracle Database Enterprise Edition RACなど、データの入出力処理(I/O*1)を高速に行うRDBMS(Relational DataBase Management System)に対応可能なブロックストレージ「Premium++」の料金を50%値下げします。

また、「Enterprise Cloud」のマネージドオプションとして、Oracle Databaseの設計・監視からバックアップまでをサポートする「Managed Oracle」を提供開始します。これにより、お客さまは、「Enterprise Cloud」を利用して、クラスター構成のOracle Databaseを低コストで、安全かつ効率的に運用することができます。

1.概要

(1)ブロックストレージ「Premium++」の月額料金を50%値下げ

「Enterprise Cloud」で、Oracle Database Enterprise Edition RAC およびStandard Edition RAC などに対応したブロックストレージ「Premium++」の月額料金を50%値下げし、月額125円/GBで提供します。これにより、Standard Edition RACで仮想サーバー2台(CPU4GHz、メモリ16GB、ローカルディスク50GB)および「Premium++」2TBで構築した場合、約40%のコストを削減することができます。

※その他サービス仕様詳細は別紙1参照。

(2)2タイプの「Managed Oracle」提供開始

「Enterprise Cloud」のマネージドオプション「Managed Oracle」として、Oracle Database の設計・初期設定・監視・インシデント管理・標準変更などを行う「ベーシックタイプ」と、パッチ適用やバックアップを加えた「アドバンスドタイプ」を提供します。これにより、お客さまは、Oracle Databaseのセットアップ時の煩雑な環境設定や、バックアップ・リカバリ手順などの複雑な運用設計などのデータベース管理業務が軽減され、グローバルに共通化された品質・プロセスで、ミドルウェアからクラウドまでをワンストップで、アウトソースすることができます。

※その他サービス仕様詳細は別紙2参照。

<サービス利用イメージと効果>
イメージ
<クリックして拡大表示>

Oracle Database Standard Edition RACと「Managed Oracle」とを組み合わせた場合、お客さまは、データベースノードの冗長により、高い信頼性とI/Oパフォーマンスを両立したシステムを、低コストかつアウトソースして、運用することができます。

2.提供料金(税込)、提供開始日

(1)「Premium++」

・提供料金 :月額料金125円/GB(旧月額料金250円/GB)

・提供開始日:2015年10月利用分より適用

※提供拠点:横浜第1データセンター、関西第1データセンター、埼玉第1データセンター

(2)「Managed Oracle」

・提供料金 :以下の通り

サービスメニュー 単位 月額利用料金 初期工事費用
マネージドオプション
Managed Oracle ベーシック
1VM毎 35,000円 135,000円
マネージドオプション
Managed Oracle(SE One) アドバンスド
1VM毎 90,000円 135,000円
マネージドオプション
Managed Oracle(SE RAC) アドバンスド
1VM毎 110,000円 110,000円

※「Managed Oracle」を利用する場合、Managed Windwos ServerもしくはManaged Linuxのお申込みが必要です。

・提供開始日:2015年10月1日

※提供拠点:横浜第1データセンター、関西第1データセンター、埼玉第1データセンター

3.キャンペーンの実施について

自社システムをオンプレミスで運用しているお客さまが、NTT Comクラウドサービスへの移行検証を行い、利便性やパフォーマンスを体験できるように、月額料金を最大2カ月無料で利用いただける「Oracle Move to Cloudキャンペーン」を実施します。

キャンペーンサイト:http://www.ntt.com/ec_lp/ec_oracle_01.html

※詳細は別紙3をご参照ください。

4.今後の展開について

NTT Comでは、Oracle Database関連の製品ラインナップをはじめとした、お客さま企業の基幹システムに最適なサービスの拡充など、既存システムのクラウド化を強力に支援し、お客さまにとって利便性の高いクラウド基盤を提供してまいります。


*1:Input/Outputの略。

本件に関するお問い合わせ先

クラウドサービス部

販売推進部門

森田、林、冨田

03-6733-9521

このページのトップへ