Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

ニュース

このページのPDFを開く

 

2015-R031

2015年3月26日

IP電話アプリ「050 plus」と「050 plus for Biz」に
アプリを起動していなくても着信できる「プッシュ着信通知機能」を追加

NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、スマートフォンの通話料を格段に安くするIP電話アプリ「050 plus」と、企業向けの050IP電話サービス「050 plus for Biz」において、アプリを起動していなくても着信ができる「プッシュ着信通知機能」を2015年3月30日より提供します。

本機能によって、アプリを起動していない状態からでもスピーディーに着信することが可能になります。

1.背景

「050 plus」および「050 plus for Biz」においては、お客さまのご要望にもとづき、通話品質の向上やバッテリー消費量の低減など、さまざまな品質改善・機能拡充を継続的に実施してきました。現在「050 plus」「050 plus for Biz」の合計で、累計約250万ダウンロードを達成し、多くのお客さまにご好評をいただいています。

このたび機能拡充の一環として、ご要望の多かった「プッシュ着信通知機能」を追加します。

2.新機能の内容

従来「050 plus」および「050 plus for Biz」のアプリを起動していない状態で着信した場合、「留守番電話センタ」でメッセージをお預かりし、メールで着信をお知らせしていました。

このたび追加する「プッシュ着信通知機能」によって、スマートフォンのOSに搭載された通知機能を利用し、よりスピーディーに着信し、電話に出ることができるようになります。

スマートフォンのバッテリーやメモリの使用を節約するためにアプリを起動していない場合にも、利便性を向上します。

なお、「プッシュ着信通知機能」を利用するためには設定が必要です。また、従来通り「留守番電話センタ」による留守番電話機能も利用できます*1

イメージ

3.提供開始日

2015年3月30日(月)(予定)

4.料金

本機能の追加に伴う利用料金の変更はありません

<参考:「050 plus」月額324円(税込), 「050 plus for Biz」月額540円(税込)>

5.対応OSとアプリケーション

・対応OS

iOS:6.0以降の全ての対応端末*2

Android:2.2以降の全ての対応端末

・対応アプリバージョン

050 plus: バージョン5.0.0以降 (iOS, Androidとも)
050 plus for Biz: バージョン3.0.0以降 (iOS, Androidとも)

関連リンク

*1: 「プッシュ着信通知機能」をご利用いただく場合に、「留守番電話機能」を利用するためには、「留守番電話機能」の呼び出し時間の設定が必要です。「留守番電話機能」の呼び出し時間を設定していない場合、「留守番電話機能」が利用できなくなります。

*2: iOSで「プッシュ着信通知機能」を有効にした場合、サイレントモードで着信すると、バイブレーションが一度だけ作動します。

本件に関するお問い合わせ先

ボイス&ビデオコミュニケーションサービス部

サービス企画部門

小松、津田

050-3811-6210

このページのトップへ