Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

ニュース

このページのPDFを開く

 

2014-R147

2014年12月2日

「WideAngleマネージドセキュリティサービス」において
リアルタイムマルウェア検知・防御を実現する新メニューを追加
~未知・未定義ウィルスの検知から分析・防御対策までを低価格で一元的に提供~

NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、略称:NTT Com)は、2015年3月より、「WideAngleマネージドセキュリティサービス」において、リアルタイムマルウェア検知*1防御を実現する新メニューを追加します。本メニューは、トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、略称:トレンドマイクロ)と協業し、中堅・中小企業市場向けの低価格で、未知のウィルスの侵入検知から分析・防御対策までを一元的に提供します。

1.背景

新種のウィルスが蔓延し、巧妙な手口による不正アクセスなどのセキュリティリスクが増加するなか、企業が機密情報や顧客情報を守るためには、未知のサイバー攻撃により万が一侵入されたとしてもそれらを検知し、情報漏えいを水際で防ぐことができる情報セキュリティ対策が必要不可欠となっています。

こうした中、NTT ComのWideAngleマネージドセキュリティサービスでは、企業のICT環境へのウィルス侵入を検知するため、従来のウィルス対策や侵入検知・防御対策に加えて、Sandbox技術を活用し、リアルタイムに未知のウィルスを検出するサービス「リアルタイムマルウェア検知」を展開しており、大企業を中心に導入が進んでいます。

2.概要

今回、NTT Comは、大企業を中心に導入が進んでいる「リアルタイムマルウェア検知」を一部設備集約・統合することにより、中堅・中小企業市場向けの低価格メニューを開発します。また、低価格化に加えて、未知のウィルスに対して、侵入検知・分析後、速やかにパターンファイルを配布し、防御対策を行うというセキュリティ運用管理サービスを一元的に提供し、未知のウィルスへのセキュリティ対策の高度化を低価格で実現します。

【サービス提供イメージ】

(1) 未知のウィルスの侵入検知から分析・防御までを迅速かつ一元的に提供

未知・未定義のウィルス検出からパターンファイル作成、配布までをお客さまの手を煩わせることなく一元的に提供します。従来実績のあるアンチウィルス技術・Sandbox技術・ウィルス解析・パターンファイル開発/配信などの要素を有機的に結合することより、未知の脅威を速やかに検知し、以降の追加攻撃を防御するとともに、感染機器からの情報漏洩を回避します。本メニューにより、標的型攻撃など未知のウィルスによる攻撃に対し、検知のみならず、ウィルスの発症を抑え、外部への情報漏えいを未然に防ぐことが可能です。

(2) ご利用中のアンチウィルスゲートウェイ製品に追加導入しやすい標的型攻撃対策

既にトレンドマイクロのアンチウィルスゲートウェイ製品*2をご利用中のお客さまは、本メニュー導入に関する契約や設定変更など、標的型攻撃や未知のウィルス対策への移行が容易に実現可能です。

3.提供価格

お客さま企業のICT環境や既存アンチウィルスゲートウェイ製品の有無などに応じて個別見積もりとさせて頂きます。

(参考) PC数500台規模/36か月提供の場合:月額約65万円
PC数2000台規模/36か月提供の場合:月額約90万円

※Sandbox技術によるウィルス検知、パターンファイル開発および配信機能など、総合的な運用サービスを含みます。但し、お客さま側アンチウィルスゲートウェイ製品、回線関連費用、初期設定費用は含まれておりません。

4.提供開始日

2015年3月

5.提供範囲

全世界どのエリアからもご利用が可能です。*3

*記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。


*1 Webサイトやメールの添付ファイルに潜む脅威(不正通信・ウィルスとして定義されていないマルウェア等)を検知する機能。略称は、RTMD(Real Time Malware Detection)。

*2 対象となるトレンドマイクロのアンチウィルス製品は以下の通り。なお、本サービスは、トレンドマイクロとの戦略的パートナーシップにより、NTT Comとトレンドマイクロが共同で提供するものです。

InterScan Messaging Security Virtual Appliance、 InterScan Web Security Virtual Appliance、 InterScan for Microsoft Exchange、InterScan Messaging Security Suite Plus (Windows版)《今後対応予定:InterScan Messaging Security Suite Plus (Linux版)、InterScan Web Security Suite Plus (Windows版/ Linux版)》

*3 前提として、お客さまのICT環境にあるトレンドマイクロのアンチウィルスゲートウェイ製品とのネットワーク接続が必要です。

本件に関するお問い合わせ先

経営企画部

マネージドセキュリティサービス推進室

関原、英(はなふさ)

03-6800-8346

このページのトップへ