Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

ニュース

このページのPDFを開く

 

2013-R131

2013年11月20日

全世界共通のワンストップICTマネジメントサービス
「Global Management One」の販売開始について
~アプリケーションからNWまで、グローバル均一のサービス・品質・料金を実現~

NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、企業がグローバルに展開する、アプリケーション、クラウド、NWまでを含む広範なICT環境を、全世界共通のサービスメニュー・品質・料金でサポートする高品質ICTマネジメントサービス「Global Management One」を、2013年11月20日*1より販売を開始します。またサービスの提供は2014年4月*1より開始します。

NTT Comがグローバルシームレスに提供する各種サービスに加え、オンプレミス環境の機器や他社サービスも含めた企業のICT環境全体に対し、監視、トラブル復旧、原因究明、対策検討、変更管理まで国際標準であるITIL*2に準拠したトータルオペレーションを提供します。グローバル統一のプロセスで提供される本サービスにより、企業のシステム部門にかかるICT管理業務の負担を軽減し、更なる品質向上をサポートします。

NTT Comは、「Global Cloud Vision」にもとづき、お客さまのICT環境のクラウド化を契機とした、通信事業者ならではのグローバルトータルなICTマネジメントサービスを推進していきます。

1.背景

グローバルへの事業展開に伴う拠点増・M&Aなどにより多様化する企業のICT環境は、柔軟なクラウドサービスの利用などによりグローバル共通の仕様や管理を実現されつつあります。一方で、企業のシステム部門がカバーする範囲は拡大し、特に海外においては、ITスタッフの頻繁な転職、マニュアル化されず個人のスキルやノウハウに帰属した引き継ぎ困難な運用など、社内システム運用に必要な負担の増大は企業共通の課題になっています。

システム部門の負担を解放し、限られたリソースを本来事業に直結する戦略的な業務に割り振ることは、更なる事業拡大を進める企業にとって確実に達成すべき命題となっており、こういった背景から、ICTアウトソーシングを含むマネジメントサービスの世界全体での市場規模は、2011年には約26兆円*3に達しており、2017年には37兆円*3まで増加する見込みです。

2.特長

(1)ICT環境を構成する幅広い要素を網羅するサービス範囲をワンストップで提供

お客さまは、用途や環境に応じて必要なメニューを選択し、組み合わせることで、本サービスを利用できます。全世界に広がるお客さまのICT環境を、アプリケーションからクラウド、ネットワークまで、弊社の経験豊かなエンジニアがワンストップで運用管理サービスを提供いたします。

<サービス範囲>

-インフラアプリケーション(OS、DB、ミドルウェアなど)、クラウド、コロケーション、NW(LAN、WANなど)、データ管理(DR、Storage、バックアップなど)、エンドユーザー機器(PC、UC、電話関連、ビデオ会議など)

-システム部門向け一元窓口(多言語対応)、エンドユーザー向けヘルプデスク、お客さま資産管理など

別紙1:利用イメージ

別紙2:標準サービスメニュー

(2)システム活用による運用プロセスの自動化を徹底し、検知から復旧までを高速化

障害検知から復旧対応までの運用管理プロセスのうち、通常人手をオペレーションとなる部分の6割程度をシステム活用により自動化することで、ヒューマンエラーを削減し品質向上させるとともに、障害対応速度を高めます。

(3)世界にひろがる複数拠点のオペレーションセンターからの提供

Atlas社(スペイン)、Emerio社(マレーシア)、Netmagic社(インド)、DTSI Group(フィリピン)など、システム運用実績の豊富なNTT Comグループ各社の連携により、多言語対応および広範囲のサービスメニューの提供を実現します。グローバルに展開するオペレーションセンターを活用し、お客さまのご要望に応じた最適な体制を整え、自動化と組み合わせることで価格競争力のあるサービスを提供します。

<サービス提供イメージ>

サービス提供イメージ

3.料金

拠点数、提供サービスにより料金は変動するため、詳細は以下まで問合わせ願います。

問合わせ先:

4.提供開始日および提供エリア

2014年4月より、英語でのサービス提供開始予定

2014年7月より、日本語でのサービス提供開始予定

*1:英語対応でのサービス販売は2013年11月より開始。日本語対応での販売は2014年1月より開始。英語対応でのサービス提供は2014年4月から開始。日本語対応での提供は2014年度第2四半期から開始。

*2:Information Technology Infrastructure Libraryの略。ICTサービスの運用・管理におけるベストプラクティス、ノウハウをまとめた書籍群。英国規格であるBS 15000のベースとなっており、業界標準として認知されている。

*3:アクセンチュア社のリポートより抜粋


本件に関するお問い合わせ先

NTTコミュニケーションズ

経営企画部 グローバルCSC TF

平松、弓場

03-6700-9660

このページのトップへ