Select Language : English 日本語
Global Site : NTT Ltd.
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

ニュース

このページのPDFを開く

Virtela Technology Services Incorporated/NTTコミュニケーションズ株式会社
2013-R116

(報道発表資料)

2013年10月28日

NTTコミュニケーションズ株式会社
Virtela Technology Services Incorporated

米国大手ネットワーク事業者Virtela Technology Servicesの株式取得について

NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com) は、マネージドサービスや仮想化技術に強みを持ち、196カ国/地域においてMPLS/IPSEC VPN*1を含むネットワークサービスやクラウド型マネージドネットワークサービスを提供しているVirtela Technology Services Incorporated(本社:米国 コロラド州デンバー、略称:Virtela社)の株式100%を約525百万USドルで取得することについて、株主と基本合意に達し、2013年10月28日に株式取得に関する契約を締結しました。

今後は、両社のオペレーション統合によるグローバル一元的なオペレーション体制の推進、サービス統合によるより高度なクラウド型マネージドネットワークサービスの提供、ネットワーク統合によるエリア拡大やスケーラブルな帯域確保などを通じて、グローバルネットワーク事業の一体的提供によるグローバル市場におけるリーダポジションの獲得を目指します。

1.背景・目的

NTT Comは、「Global Cloud Vision」のもと、お客さまのICT環境のクラウド化を契機として、通信事業者ならではのグローバルトータルICTアウトソーシングの提供を推進しています。その一環として、クラウドサービスを支えるネットワークサービスとして、これまでも企業向けの高品質・高信頼なVPNサービス「Arcstar Universal One」や、お客さま拠点~データセンター間、クラウド~クラウド間などの仮想ネットワークサービスを提供してきました。

今回の株式取得により、グローバルネットワーク事業の一体的提供の取り組みを、2014年度より実施していきます。

まず、Virtela社の充実したオペレーションツールを用いた顧客満足度の高いグローバル一元的なオペレーション体制を推進するなど、オペレーションの統合を図ります。これにより、お客さまへの迅速で柔軟なサービス提供や効率的な運営体制を目指します。

また、LANのネットワーク機器(ファイアウォール、WAN高速化装置など)の機能を仮想化する技術(NFV*2)を活用したクラウド型マネージドネットワークサービスの拡充などを通じて、サービスの統合を図ります。これにより、お客さまは、サービス開始や機能拡張までのリードタイムの短縮、固定費の変動費化、自動化による人為故障の減少と稼働コストの削減などが可能となります。(別紙1)

さらに、現在160カ国/地域において展開しているグローバルネットワークサービスの提供エリアを196カ国/地域まで拡大するとともに、バックボーンの効率利用など、ネットワークの統合も図る予定です。これにより、世界各国でNTT Comの広帯域・高品質なネットワークサービスを快適に利用できる環境が整います。(別紙2)

今後、NTT Comはクラウドサービスとともに、グローバルネットワークサービスの拡大・高度化を積極的に行うことで、お客さまへのグローバルトータルICTアウトソーシングの提供をさらに強化し、グローバルICTパートナーとしてお客さまの経営改革に貢献していきます。

2.株式取得の概要

(1)予定取得比率:100%

3.Virtela社の概要

(1)会社名 Virtela Technology Services Incorporated
(2)所在地 5680 Greenwood Plaza Blvd. Greenwood Village, CO 80111
(3)設立年 2000年
(4)代表者 Ron Haigh(President)
(5)拠点 米国、インド、フィリピン
(6)事業概要 米国ネットワークサービス事業者
(7)従業員数 約400名
(8)顧客数 多国籍企業を中心に約500社

*1)MPLS/IPSEC VPN:MPLSやIPSEC技術を用いたVPN。VPNとは、IP(インターネット・プロトコル)を利用したネットワーク上で、暗号化技術等によって構成される仮想的なプライベートネットワークのこと。MPLSは、キャリアによる閉域網上でVPNを提供する際に多く用いられるスイッチング技術。で、IPSECは、インターネット上でVPNを提供する際に多く用いられるトンネリング技術。

*2)NFV:Network Function Virtualizationの略。各種ネットワーク機器の機能を、データセンターやネットワーク拠点に設置したサーバ等に機能集約して提供するネットワーク仮想化技術の1つ。

本件に関するお問い合わせ先

NTTコミュニケーションズ株式会社

経営企画部 広報室 

工藤 山下

03-6700-4010

このページのトップへ