Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

ニュース

このページのPDFを開く

 

2013-R040

2013年5月16日

「Bizモバイルコネクト」のスマートフォン向けリモートアクセスサービス
におけるBYOD向け機能強化について

NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、外出先から社内システムへセキュアな接続を実現する「Bizモバイルコネクト」のスマートフォン向けリモートアクセスサービスにおいて、マルチデバイスを所有する利用者の利便性を向上するため、電話などのアプリ連携機能、Windows 8/RT搭載端末対応、同一IDで複数端末を利用する機能をリリースするとともに、私有端末を企業で安心・安全に利用するためのアクセス制御・管理機能を拡充し、2013年5月16日より提供開始します。

なお、今回の新機能は追加料金が不要であり、新たにコストをかけることなく誰もが安心してご利用できるBYOD(Bring Your Own Device)環境の構築を支援します。

1.背景

近年、スマートフォンやタブレット端末の急速な普及により、BYODが注目されています。その導入にあたっては、OSの多様化や、スマートフォンとタブレット端末の2台持ちが増えたことにより、誰でも利用可能で、高いセキュリティレベルを維持したBYOD環境を構築することが難しくなっています。

こうした中、NTT Comでは、自社内のBYODでも利用しているBizモバイルコネクトにおいて、お客さまの声を踏まえBYODに必要な機能を大幅に強化しました。対応端末やセキュリティなどの機能を拡充し、スマートフォンやタブレット端末など使い慣れた私有端末を業務で利用するBYODにおいて、社員の私有端末の利用状況に応じた、安心・便利なリモートアクセス環境の構築を実現します。また、モバイルワーカーのワークスタイルの変革を通じて、お客さまの企業の生産性向上や顧客対応力の向上に貢献します。

2.新機能の概要

(1)ビジネスで利用する電話などのアプリをあらかじめ指定し、公私分計を簡単に

BYODにおいて、ビジネス(Bizモバイルコネクト)で利用する電話などのアプリケーションを企業の管理者があらかじめ指定することが可能です。例えば、当社のIP電話アプリ「050 plus for Biz」とあわせて利用する場合、ビジネスで利用する際は、アドレス帳やメール、Webブラウザ上にある電話番号のリンクをタップするだけで自動的に「050 plus for Biz」を起動して利用することができ、プライベートで利用する際は、普段利用している電話を利用することができます。  

これにより、利用者はビジネス用とプライベート用の通話を意識することなく使い分けることができ、電話料金の公私分計も簡単です。

(2)Windows 8/RT搭載端末に対応するとともに、複数端末の利用も可能に

これまでAndroidやiOS に対応し、マルチキャリア、マルチデバイスでBYODを支えてきましたが、新たにWindows RT、Windows Phone 8、Windows 8、Windows 8 Proを追加します。また、機体認証においては、これまでの1ユーザで1台のみ端末登録可能でしたが、今回、1ユーザでスマートフォンやタブレット端末など複数端末の登録を可能としました。

これにより、これまでBYOD対象外だったユーザも利用可能となり、私有端末のOSや保有端末数に応じた柔軟なBYOD導入を実現します。

(3)セキュリティ条件を満たさない私有端末による社内システムへの接続を自動ブロック

BYOD利用時においても、会社が指定したセキュリティ条件を満たさない端末は社内システムに接続させない必要があります。

ユーザ認証においては、現在提供中のワンタイムパスワード(MCOP)認証や機体認証に加え、新たに不正改造や指定アプリケーション(アンチウイルスソフト、MDMなど)導入有無を検知し、条件を満たさない私有端末を社内システムに接続させないことが可能です。

これにより、私有端末からのアクセスを原因とする社内システムへのウィルス感染や不正アクセスを防ぎ、セキュリティを向上することができます。

(4)アクセスログ管理によりBYODの利用状況を管理

本サービス経由で社内システムにアクセスしたIDや接続日時、接続時間、接続先といったアクセスログの収集・閲覧機能を提供します。

いつでもどこでも利用可能なBYODにおいて、利用者の業務時間を管理することはますます難しくなっています。これにより、企業の管理者や利用者はサービスの利用状況を時間単位で把握することが可能となり、私有端末利用時でも業務時間を管理することができます。

3.利用料金

今回の機能拡充に伴う追加料金は不要です。

(参考)Bizモバイルコネクトの利用料金

初期費用

・モバイルコネクト初期費用 20,000円

月額料金

・基本料金 20,000円/企業/月

・利用料金 500円/ID/月~

4.提供開始日

2013年5月16日(木)

※ iOS、Windows 8については、アプリケーション審査完了後、順次提供します。


本件に関するお問い合わせ先

このページのトップへ