日本 Select Language : English 日本語

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
このページを印刷する(PDF)

ニュース

2012-I005
2012年2月3日

「Bizホスティング 仮想サーバー楽々引越しキャンペーン」の実施について

NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、いつでもどこでも安心・安全に業務ができるICT環境を提供する「BizCITY」コンセプトのもと、企業の基幹システムや情報インフラ基盤に対応する高品質クラウドサービス「Bizホスティング エンタープライズ」を提供しています。

今回、オンプレミス環境の仮想サーバーからクラウドサービスへの移設をお考えのお客さまを対象にして、「Bizホスティング エンタープライズ」への移行サービスである「クラウド環境移行支援サービス(V2Vサービス)」を無料にて提供する「Bizホスティング 仮想サーバー楽々引越しキャンペーン」を2012年2月3日より開始します。

1.キャンペーンの内容・対象

新規に「Bizホスティング エンタープライズ」を申し込みいただいたお客さま対象に、「クラウド環境移行支援サービス(V2Vサービス)」を無料(*1)にて提供します。

2.キャンペーン期間

2012年2日3日から3月31日まで

(参考)「クラウド環境移行支援サービス(V2Vサービス(*2))」について(別紙)

オンプレミスにあるお客さまの既存の仮想サーバー環境から弊社クラウドサービス「Bizホスティング エンタープライズ」への移行支援を、専門の技術者が代行するサービスです。

お客さまの既存の仮想(Virtual)サーバーのOS・ソフトウェアが対象です。


関連リンク

*1:今回、無料にてご提供する「クラウド環境移行支援サービス(V2Vサービス)」がサポートするハイパーバイザ環境はVMwareです。また、無料で対応可能な移行作業は、お客さま国内拠点を対象とし、かつ標準サービス(ツール)で対応可能な範囲です。「Bizホスティング エンタープライズ」1契約あたりの無料対象VM数は、最大20VMまでです。お客さまの環境、作業内容によっては、別途料金が発生する場合があります。

*2:「V2V」は、「Virtual to Virtual」の略になります。

本件に関するお問い合わせ先





このページのトップへ