Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
このページを印刷する(PDF)

ニュース

2012-R011
2012年3月7日

「050 plus for Biz」の提供開始について
~通話料がお得な法人向けIP電話アプリ~

NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、スマートフォン端末上で050IP電話を安心して利用可能なサービス「050 plus(ゼロ・ゴー・ゼロ プラス)」のラインアップを強化し、法人のお客さま向けに機能を拡充した「050 plus for Biz(ゼロ・ゴー・ゼロ プラス フォー ビズ)」を2012年3月7日より提供開始します。

1.サービス概要

「050 plus for Biz」は、「050 plus」と同様に通話料が格安な050IP電話が利用可能なほか、複数番号のお申込をまとめて契約し、会社へ一括請求できるなど、法人のお客さま向けに便利な機能を追加したサービスです。

2.サービスの特長

(1) スマートフォンの通話料金を大幅削減

「050 plus for Biz」間や「ひかりライン(*1)」、その他NTT Comの050IP電話サービスや提携プロバイダ(270事業者、300万契約以上(2011年3月末現在の提携無料通話先プロバイダ))の050IP電話への通話も24時間無料です。これらのサービスと連携することで、オフィスや取引先との無料通話を実現します。また、一般加入電話や携帯電話への通話も 050IP電話の格安な料金で利用できます。会社や社員個人のスマートフォンにアプリをダウンロードするだけで、導入前の通話料と比べて7割程度削減(*2)できます。

(2) 海外からもお得な通話料(*3)

海外から日本へ発信した場合でも、通話料金は日本国内で「050 plus for Biz」を利用した場合と同料金となり、格安でご利用になれます。これにより、出張時の日本への通話料のコストダウンが可能です。

(3) ビジネス利用に必要な機能を拡充

複数IDの契約をまとめてお受けし、料金を一括請求します。また、誰が、いつ、どれくらい使ったのかをWebで確認できる通話明細機能や外出先でも内線番号で通話できる機能、話中時に指定の番号に転送する機能など、法人のお客さまに便利な機能を提供します。

3.料金(税込)

(1) 月額基本料 :1番号あたり525円
(2) 初期費用 :1番号あたり1,050円
(3) 通話料  
通話先 通話料
ひかりライン、「050 plus for Biz」、「050 plus」、「OCNドットフォンオフィス」、「Phone IP Centrex」などNTT Comの050IP電話など 無料
国内の一般加入電話 8.4円/3分
国内の携帯電話 16.8円/1分

※ 海外から日本へ発信する場合も上記料金でご利用になれます。

※ 通話料の詳細はこちら(http://www.ntt.com/050plusbiz/data/charge.html)をご覧ください。

4.対応機種

全携帯事業者に対応(利用可能な端末の詳細は別紙1参照)

5.提供開始日

2012年3月7日(水) 

6.「050 plus for Biz」などによるBYOD(Bring Your Own Device)(*4)の実現 (別紙2参照)

(1) 公私分計により、大幅なコストダウンを実現

アプリをダウンロードするだけで、社員個人のスマートフォン1台でビジネス用(「050 plus for Biz」)とプライベート用(090/080の携帯電話)の使い分けができます。会社用の携帯電話を購入・貸与する必要がなくなり、基本料・通話料ともに大幅なコスト削減が可能です。

(2) 精算業務の効率化や通話明細によるコスト管理

ビジネス利用の通話はすべて会社へ請求するため、経理担当者と利用者が行っていた面倒な精算業務は不要です。また、Web通話明細機能により、社員ごとの利用状況の把握ができ、適正利用が可能となります。

(3) スマートフォン以外でも公私分計が可能

スマートフォン以外の従来の携帯電話を利用している社員には、「0035ビジネスモード(*5)」を利用することで、公私分計が可能となり、さらに便利に効率化が可能です。

【参考】NTT Com法人向けモバイルソリューションサービスラインアッフ


*1:「ひかりライン」は光アクセスでNTT Comとお客さまを直接つなぐ直収型サービスです。「ひかりライン」から「050 plus for Biz」への無料通話には別途オプション料金(ひかりライン間通話定額)が必要です。

*2:一定条件で算定したモデルケースと比較した場合です。

*3:海外でご利用いただく場合、一部の国・地域で利用の条件があるもしくは利用できない場合がございます。詳細はこちら(http://506506.ntt.com/ipphone/plus/faq/oversea.html)をご覧ください。

*4:「Bring Your Own Device」(自分のデバイスを持ち込む)の略で、従業員が私物の端末を企業内に持ち込んで業務に活用することです。

*5:「0035ビジネスモード」は事前に登録されたスマートフォンや携帯電話などから簡単なダイヤル操作で通話料金を会社へ請求することができるサービスです。

本件に関するお問い合わせ先

報道機関からの
お問い合わせ


一般のお客さまからの
お問い合わせ

法人コンタクトセンター

0120-106107

(平日9:30~17:00)





このページのトップへ