Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
このページを印刷する(PDF)

ニュース

2011-R080
2011年9月7日

グローバルIPネットワークサービスの拡充について
~DDoS攻撃対策可能なクラウド型トラフィック解析サービスの海外展開、および国内拠点増強~

NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、国際インターネット接続サービス「グローバルIPネットワークサービス」(*1)のさらなる利便性の向上にむけて、トラフィック解析およびDDoS攻撃(*2)対策が可能な付加サービス「トラフィック解析ツール・ネットワーク型」の海外拠点における提供と、「グローバルIPネットワークサービス」の東京都内における通信拠点(Point of Presence: POP)の増強を実施します。「トラフィック解析ツール・ネットワーク型」の利用により、新たな機器を導入することなく、ネットワーク運用稼動の削減および簡易なDDoS攻撃対策の実施が、海外においても可能となります。

1.「トラフィック解析ツール・ネットワーク型」の海外展開について

(1) 提供背景

IPネットワークへの攻撃件数の増加とIPネットワークを運用するISPやデータセンター事業者などのお客さまからの攻撃対策ツールを求める声を受けて、NTT Comでは2009年7月より国内において「トラフィック解析ツール・ネットワーク型」の提供を行ってまいりました。警察庁の調べによると世界のDDoS攻撃被害状況は2010年も年内を通じて増加傾向であり、攻撃先は米国、中国が全体の8割強を占める他、トルコ、シンガポール、韓国、その他の順で多く、世界の各地で発生しています。このような背景を受けて、海外のお客さまからの攻撃対策ツールへの要望にお応えするため、本サービスの海外拠点への展開を実施します。

(2) 概要(別紙参照)

「トラフィック解析ツール・ネットワーク型」は、「グローバルIPネットワーク」上に設置したツールによってDDoS検知・解析機能とトラフィック解析機能を提供するサービスです。現在日本国内にて提供中の本サービスを、海外拠点においても提供します。海外拠点にて「グローバルIPネットワークサービス」をお使いのお客さまは、本サービスを追加で利用することが可能となります。お客さまは、専用のWeb管理画面から本サービスをご利用いただけます。

(参考) トラフィック解析機能 画面イメージ

トラフィック解析機能 画面イメージ

(3) 主な機能

・DDoS検知・解析機能

お客さまのネットワークに流れるトラフィックを常時監視し、DDoS攻撃を検知し、お客さまにお知らせします。DDoS攻撃の情報を分析し、サーバーやルーターなどに対するDDoS攻撃対策に活かすことができるほか、お客さまネットワークのセキュリティ対策に役立てることができます。

なお、トライアルで本サービスをご利用いただいたお客さまに対し、弊社で調査を行った結果、本サービスの導入により、DDoS対策の検知や調査にかかる稼動の75%を削減できたという結果が出ています。

・トラフィック解析機能

お客さまのネットワークのトラフィックをモニタリングして、AS(*3)、IPアドレス、ポートなどといった切り口からトラフィックを解析することが出来ます。解析したデータをグラフィカルに表示するなど、レポート機能も充実しています。お客さまは本サービスにより、トラフィック情報を見える化し、今後の増設計画などにも利用することが出来ます。

なお、トライアルで本サービスをご利用いただいたお客さまに対し、弊社で調査を行った結果、本サービスの導入により、トラフィック解析やレポート作成にかかる稼動の90%を削減できたという結果が出ています。

(4) 提供拠点

香港、シンガポール、マレーシア、台湾、韓国、オーストラリア、英国、フランス、ドイツ、オランダ、スペイン

(5) 受付開始日

2011年9月15日より申込み受付

(6) 料金

海外での利用料金は国ごとに異なるため、各国料金は個別にお問い合わせ下さい。

(参考) 日本国内での提供料金について

ベーシック(トラフィック解析機能のみ)

工事料金(税別) 300,000円、月額(税別)150,000 円

スタンダード(トラフィック解析機能およびDDoS検知・解析機能)

工事料金(税別) 300,000円、月額(税別)180,000 円 より

2.POPの増強について

(1) 概要

「グローバルIPネットワークサービス」のPOPをアット東京データセンターに新しく開設します。また、提供中のエクイニクスデータセンターのPOPにおいても設備の追加を行います。都内の提供POP強化により、国内および海外のコンテンツプロバイダー、ISP、通信事業者の幅広い需要に対応することが可能となります。

(2) 提供開始日

エクイニクスデータセンターPOP

2011年9月7日より

アット東京データセンターPOP

2011年9月26日より


関連リンク

*1:グローバルIPネットワークサービス

グローバルIPネットワークサービスは、日本、アジア、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアと世界主要各国に展開する高速・大容量のIP通信サービスです。現在日米間520Gbps、アジア・オセアニア間421Gbps、日欧間77Gbps、米欧間100GbpsのISP業界最大級の帯域を持つグローバルバックボーンにダイレクトに接続することにより、インターネット上のデータを世界中に高速かつ安定的に配信することができます。

また、この国際IPバックボーンは、IPv4/IPv6のデュアルネットワークとなっており、次世代の通信規格であるIPv6ネットワークの中心に位置するコアネットワークの一つとして、2011年6月8日に行われた世界規模のIPv6トライアル「World IPv6 Day」においても大きな役割を果たしました。

*2:DDoS攻撃(ディー・ドス コウゲキ・Distributed Denial of Service Attack)

インターネット上の複数の第三者のパソコン、サーバーに攻撃プログラムを仕掛け、特定のサーバーを標的に大量の情報を送りつけサービス不能に陥れる攻撃。単純なサービス妨害(DoS攻撃)に対して、分散サービス妨害ともいわれています。

*3:AS(エー・エス Autonomous System)

統一されたルーティングポリシーによって運営されるネットワーク。自律システムとも言う。

本件に関するお問い合わせ先





このページのトップへ