日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

ニュース

2009-R011
平成21年5月25日

米国の海底ケーブル事業者Pacific Crossing Limitedの買収について

NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、日米間海底ケーブルPC-1を保有し、海底ケーブル事業を提供しているPacific Crossing Limited(以下、PCL)の全株式を取得することで、PCL株主と基本合意に達し、株式譲渡契約を締結しました。

今後、必要な監督官庁の承認など、所定の手続き完了後に、PCLの発行済全株式取得を行なう予定です。

日米間を結ぶ大容量の海底ケーブルを保有するPCLの株式を取得することで、日米間の保有ケーブル容量を更に強化し、お客さまのアジア・日本・米国間のインターネット・データトラヒック需要に応えていきます。 また、既にある日米ルートに加え、新規ルートの獲得により、日米間のインフラにおいて更なる信頼性の向上を実現していきます。

PCL、PC-1の概要は以下のとおりです。

1.PCLの概要

 (1) 会社名  :Pacific Crossing Limited
 (2) 事業概要  :海底ケーブル販売、運用・保守
 (3) 主要株主  :Strategic Value Master Fund Ltd.
 (4) 保有設備  :日米間海底ケーブル PC-1

2.海底ケーブルPC-1の概要

 (1) ケーブル名  :PC-1
 (2) 総延長  :21,000km
 (3) 設計容量  :3.2 Tbps
 (4) 構成  :日米間2ルートのリング構成
 (5) 陸揚局  :阿字ケ浦(茨城県)、志摩(三重県)、
Harbour Pointe( ワシントン州)、Grover Beach (カリフォルニア州)
(別紙参照)
<本件に関するお問い合わせ先>




このページのトップへ