Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

ニュース

2008-R101
平成21年3月24日

SaaS型メールセキュリティ対策
「メール監査アーカイブサービス」の提供開始について

NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、法人向けSaaS型メールセキュリティ対策サービス「OCNメールゲートウェイサービス」*1における新しいラインアップとして、送受信メールのフィルタリングおよび自動保存を実施する新たなメールセキュリティ対策サービス「メール監査アーカイブサービス」を平成21年3月25日から提供します。

同時に、「OCNメールゲートウェイサービス」について、従来必須となっていたOCN常時接続サービスの契約の有無を問わず単独でも利用できるよう、提供条件を拡大します。

1.背景

NTT Comは「OCNメールゲートウェイサービス」において、自社でメールサーバを運用しているお客さま向けに、主に社外からの攻撃に対するメールセキュリティ対策として、「ウイルスチェックゲートウェイサービス」、「迷惑メールフィルタリングサービス」、「セカンダリメールサーバサービス」を提供してきました。

一方で、メール利用においては、社外だけでなく社内からの情報漏洩・誤送信などのリスクや内部統制に必要なメールの証拠保全対策といったニーズが顕在化しているため、NTT Comは、お客さまが定義したポリシーに従ってメールをフィルタリングする監査機能と自動保存(アーカイブ)機能*2を提供するサービスとして「メール監査アーカイブサービス」を開始し、お客さまのメールセキュリティに関する総合的なニーズに応えます。

2.サービスの特長(別紙1参照)

(1)メールの全文自動保存(アーカイブ)・検索

メールヘッダ、添付ファイルを含めた送受信メール全文を自動保存します。保存されたメールは、送受信日時や、各種ヘッダ情報(From、To、Cc、Subject)、本文、添付ファイル内のキーワードなどを指定してリアルタイムに検索し、ダウンロードや再送信、管理者への転送が可能です。

(2)柔軟な保存ストレージの追加

必要に応じて、オプションで保存ストレージ容量を後から追加することができるため、急激なメール流通量の増加にも柔軟に対応可能です。また、年単位の長期保存にも対応します。

(3)メール監査(フィルタリング)

お客さまのメール運用規定、セキュリティポリシーに合わせて、メール本文やヘッダ、添付ファイル内のキーワードなど、メール全文を対象として柔軟にフィルタ条件を設定できます。また、フィルタ条件に該当したメールについて、保留・削除・管理者への通知など、必要なアクションが可能です。

(4)添付ファイルパスワードの自動設定

パスワード設定のない添付ファイルを送信する際に、自動的にパスワードを設定するため、よりセキュリティの高いメール送信を実現します。

(5)SaaSモデルでのサービス提供

SaaS型サービスとして提供するため、多大な設備投資や保守運用などのお客さま負担を軽減します。

3.利用料金

別紙2参照

4.提供開始日

平成21年3月25日

5.OCNメールゲートウェイサービス の提供条件の拡大について

OCN常時接続サービスの契約有無に関わらず、OCNメールゲートウェイサービスを利用できます。現在利用中のインターネット接続サービスを変更することなく、メールセキュリティ対策のみをアウトソースすることが可能です。

*1 メールサーバを自社・自組織で運用しているお客さま向けに、メールセキュリティ対策をSaaS型で提供するサービスの総称で、「ウイルスチェックゲートウェイサービス」、「迷惑メールフィルタリングサービス」、「メール監査アーカイブサービス」、「セカンダリメールサーバサービス」の4サービスで構成されます。お客さま側で専用機器・設備やソフトウェアを用意する必要なく、短納期で、お客さまのご要望に合わせてサービスを組合せて利用できます。

*2 メールのフィルタリングおよびアーカイブ機能は、デジタルアーツ株式会社の「m-FILTER」を本サービス専用にカスタマイズして実現しています。「m-FILTER」は、デジタルアーツ株式会社の登録商標です。




このページのトップへ