平成15年11月10日


携帯電話・衛星電話・CATVを利用した通話に対する
「ナビダイヤルチャージ機能(分担課金)」の提供について


 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、「0570-0」で始まる発信課金サービス「ナビダイヤルサービス」の付加機能「ナビダイヤルチャージ機能(分担課金)」に携帯電話・衛星電話・CATVからの通話を追加します。これにより、通話料を発信者・着信者側で分担する利用形態が拡大し、ナビダイヤルサービスをより一層便利にご利用いただけます。

1.サービス内容
   ナビダイヤルチャージ機能(分担課金)は、通話料金を発信者および着信者の双方で分担できる機能で主にコールセンタなどでご利用いただいています。これまで、NTT東日本・西日本の加入電話および公衆電話向けに提供してまいりましたが、今回新たに、携帯電話・衛星電話、CATVへの提供を開始します。(サービス概要は参考を参照ください)

2.提供開始日
   平成15年11月11日(予定)

3.新たに提供可能となる通話
   ・携帯電話および衛星電話
 ・CATVを利用した電話
  ※株式会社ジェイコムの一般電話から提供を開始し、順次拡大する予定です。

4.料金
  [1]付加機能使用料
  1着信箇所ごと3,000円/月額

[2]工事料
  基本工事費 1,000円/工事ごと(※Arcstarダイレクト回線のみ適用となります)
交換機など工事費 1,000円/1着信箇所ごと

[3]通話料金
  ナビダイヤルサービスご契約者にあらかじめ指定いただいた区分により、ナビダイヤルサービスへの発信者には発信者負担額を負担していただき、ナビダイヤルサービスをご契約の着信者は着信者負担額を負担していただきます。具体的な料金表は別紙参照ください。


参考:ナビダイヤルチャージ機能(分担課金)概要

ナビダイヤルチャージ機能(分担課金)概要

ナビダイヤルサービスご契約者が、携帯・衛星電話、CATV端末からのナビダイヤルチャージ機能を受ける際には、お申し込みが必要となります




<本件に関するお問い合わせ先>

お問い合わせはこちらまで