平成14年6月6日


広域無線ブロードバンド接続方式の実証実験「WINQプロジェクト」の実施について
- 石川県金沢市の企業・個人などより実証実験モニターを募集 -


 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、簡易で利便性の高い無線によるブロードバンド接続の可能性を検討するため、広域無線ブロードバンド接続方式の実証実験「WINQプロジェクト (*1) 」を9月初旬をめどに開始します。このたび総務省より石川県金沢市およびその周辺市町村において、実験無線局開局の準備に必要な予備免許を取得したことを受け、今後は、実験無線局の開局準備および実験無線局免許取得に向けた申請手続きを進めていきます。
 NTT Comは、本実験にご協力いただける方(実験モニター)を、金沢市およびその近郊にご自宅もしくは営業拠点を持つ個人・企業などから募り、約100台の無線端末装置「SOMAport(*2)」(概観は別紙1参照)を無償で貸与します。実験モニターはSOMAportを室内に設置してパソコンなどを接続することで、最大5.12Mbps(下り)/319kbps(上り)のブロードバンドインターネット接続をご利用いただくことができます。またSOMAportには、市販の電話機を接続することができ、一般加入電話・携帯電話との間の通信も含め、同時に2回線までの音声通話をご利用いただくことができます。
 本実験に用いる無線システムは、米国のベンチャー企業(ソマ・ネットワークス社(*3))がW_CDMA技術を採用し開発した広域無線ブロードバンド通信システムで、次のような特徴があります。

[1] 最大約5Mbps(下り)の常時接続ブロードバンドアクセス
[2] アンテナ内蔵、設置工事不要なインスタント・ブロードバンド端末
[3] データ/音声のオール・イン・ワン・パッケージ
[4] 金沢市の市街地をほぼカバーするワイドカバレッジ
(机上計算では、半径約4km圏内で1Mbps超(下り)を実現の見込み)

1.実証実験の概要

(1) 実験期間
実験局の開局から約1年間(2002年9月初旬~2003年8月末を予定)
(2) 実験エリア
石川県金沢市およびその周辺市町村
(3) 実験内容
[1] 無線伝送性能の評価および無線伝搬特性の解析
[2] インターネットおよび一般加入電話網との接続による機能安定性確認
(4) 実験システムの概要(システム構成は、別紙2参照
[1] 無線方式 : W-CDMA、2.6GHz帯
[2] データ接続インターフェース:10Base_T(RJ_45)×1ポートまたはUniversal Serial Bus(USB 1.1)×1ポート
[3] 音声接続インターフェース:RJ-11×2ポート
[4] 最大通信速度(*4)(無線区間):5.12Mbps(下り)、319kbps(上り)
[5] 基地局カバレッジ:ほぼ金沢市の全域


2.実験モニターの募集について

(1) 募集方法
2002年7月上旬(予定)より、インターネット上で募集を開始します。詳しくは、以下の実験モニター募集サイト(2002年7月上旬開設予定)をご覧ください。
URL:http://www.winq-kanazawa.net/
(2) 貸し出し無線端末数
100台程度


3.今後の展開について
 NTT Comでは、本実証実験を通じ簡易で利便性の高い、無線によるブロードバンド接続技術の性能や使い勝手の評価を行い、新たな価値の創出の可能性を含め、今後の展開について検討していきます。

 

*1 WINQプロジェクト:本無線技術の特徴であるWireless, Intelligent, Non Line-of-Sight, Quick installの頭文字に由来する本実証実験プロジェクトの名称です。
*2 SOMAport:SOMAportは、ソマ・ネットワークス社の登録商標です。
*3 ソマ・ネットワークス社:名称:SOMA Networks Inc., 設立:1998年設立、本社:米国California州San Francisco、CEO:Yatish Pathak、事業内容:ワイヤレスアクセスシステムの研究・開発・設計・製造・販売。詳細は同社のホームページをご参照ください。URL:http://www.somanetworks.com
*4 最大通信速度:将来的には、10Mbpsを超える見込みです。



<本件に関するお問い合わせ先>