Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_voice

クラウド型
コンタクトセンター
Arcstar Contact Center

クラウド型

設備をもたずに、需要に応じ席数増減が可能。
保守管理やバージョンアップもお任せ。

ワンストップ

電話サービスからアクセス回線までワンストップ提供。
環境構築にも対応。

信頼性

ディザスターリカバリーによるBCP対策やSLA(サービスレベル保証)の適用により高い信頼性を実現。

大規模

最大2,000席まで導入可能、拠点統合による大規模化にも対応可能。

【ご契約者さま向け】

導入企業一覧 (Arcstar Contact Center 1.0)

株式会社ローソン

電話、Web、メールなどの窓口が混在するセンター基盤をクラウドに集約
約3割のコスト削減に加え、ビジネス課題の可視化で経営判断を迅速化
株式会社ローソン

■課題
・チャネル、拠点で分散するデータを可視化して迅速な経営判断を講じたい
・センター間で問い合わせのたらい回しが多数発生
・拠点分散によるコスト、応対品質、セキュリティの課題を改善したい

■導入サービス
・Arcstar Contact Center
詳細はこちら

株式会社ウイング

業務の効率化とセキュリティ強化を実現 営業戦略の武器として新たなビジネス展開に期待
株式会社ウイング

■課題
・コンタクトセンターの効率的な人員配置の読みが難しく稼働率の安定が困難
・音声データ保管時のオペレーションやセキュリティ対策に不安があった

■導入サービス
・Arcstar Contact Center
詳細はこちら

りらいあコミュニケーションズ株式会社

多様化する顧客ニーズへの対応力を強化 ハイブリッド型コンタクトセンターを実現
りらいあコミュニケーションズ株式会社

■課題
・多様化する顧客ニーズに即応する必要がある
・スピードと柔軟性を備えたコンタクトセンターの基盤強化が不可欠

■導入サービス
・Arcstar Contact Center
詳細はこちら

「株式会社ウイングさま」事例紹介動画

「島耕作が見た!聞いた!」Arcstar Contact Center導入事例のご紹介

株式会社ミュゼプラチナム(旧株式会社ジンコーポレーション)

クラウド型コールセンターを導入し繁閑に応じた柔軟な運用体制を確立
株式会社ミュゼプラチナム(旧株式会社ジンコーポレーション)

■課題
・従来のコールセンターは需要増減に応じた席数の増減が困難だった
・事業の成長に合せたシステムの柔軟性・拡張性を確保し、投資対効果を高めたい

■導入サービス
・Arcstar Contact Center
詳細はこちら

提供条件

ご留意事項

Arcstar Contact Centerの1契約における席数は、200〜2,000席となります。

電話回線に関する提供条件は、Arcstar IP Voiceのサービス仕様に従います。

契約者コンタクトセンターとArcstar Contact Centerを接続するアクセス回線として、Arcstar Universal OneおよびMulti-Cloud Connect for ECL2.0の契約を必須とします。

ヒストリカルレポートに保存できるレポートおよびCDRレポートに保存できるレポートは93日間経過後に自動的に削除となります。

通話録音機能に録音できる通話は93日間経過後に自動的に削除となります。通話録音容量拡張機能をご契約の場合には、契約メニューに応じて自動的に削除されるまでの日数が変更されます。(最大7年まで)

ディザスターリカバリー(DR)機能契約時のDR拠点の利用は、次に挙げる条件のいずれかを満たす場合のみ可能となります。

(1)サイト被災や設備故障などにより自動的にDR拠点への切替えが行われた場合

(2)当社からの設備故障又はメンテナンスの通知に基づき、契約者が手動切替えを行う場合

ディザスターリカバリー(DR)機能契約時のフリーダイヤル/ナビダイヤルの着信先番号の切替えは、契約者にて実施いただく必要があります。

ネットワーク条件

本サービスではクラウド基盤の仮想サーバーに割り当てるIPアドレスを申込時に指定いただく必要があります。
RFC1918で定義されるIPv4プライベートアドレス内から24ビットマスクで4セグメントの指定が必要です。
ディザスターリカバリー(DR)機能契約時は、DR拠点用にメイン拠点用とは別の4セグメントの指定が必要です。

お客さまにご準備いただく機器

本サービスを利用するため、以下の機器などが必要となります。

  • 契約者宅内ネットワーク(Arcstar Universal One 回線を接続するためのネットワーク機器を含む)
  • 以下の条件を満たすPC

    CPU Core i5 2.6GHz以上(物理コア数が2コア以上のCPU)
    メモリ 4GB以上
    画面解像度 1,280 x 1,024 以上
    OS Windows 7 64bit / 32bit Windows 10 64bit
    ブラウザー Google Chrome 51以上 Internet Explorer 11 32bit ※一部制限があります

  • ヘッドセット
  • ハードフォン …Polycom VVX 300/310、 Polycom VVX 400/410 (接続実績あり)※販売状況によります
  • コールフローなどで利用する音声ファイル
サービス紹介動画

特長や導入メリットを動画でわかりやすくご紹介します。

 


Arcstar Contact Center サービス紹介動画(02:00)

Arcstar Contact Center サービス紹介動画(02:00)

関連リソース

このページのトップへ