平成16年9月3日
(報道発表資料)
NTTコミュニケーションズ株式会社


お客さま情報を含むノートパソコンの盗難について


 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)のお客さま情報の含まれた業務用ノートパソコンが、盗難にあうという事態が発生しました。このような事態が発生いたしましたことを深くお詫び申し上げます。

 なお、現時点において、お客さま情報の不正使用などの事実は確認しておりません。また、NTT Comでは、パソコンの盗難、紛失などのリスクに備えて、パソコンへのパスワード設定など、3重の厳重なセキュリティ対策を施しておりますので、今回盗難にあったパソコンからお客さま情報を判読することは事実上不可能と認識しております。


1.盗難の経緯
   平成16年8月28日(土)に、業務用ノートパソコンの入った鞄をNTT Com社員が鞄ごと盗難にあい、周囲を捜索するも発見できなかったことから、同日、警察に届け出ました。


2.盗難にあったパソコンに含まれていたお客さま情報について
   盗難にあったパソコンには、電子決済サービス「カルレ」の以下のお客さま情報(2,431件)が含まれていました。
 ・「カルレ」会員の氏名・住所を記録したファイル


3.盗難にあったパソコンのセキュリティ対策について
   盗難にあったパソコンは、当社の規程により、パソコンへのパスワード設定など、3重の厳重なセキュリティ対策が施されており、第3者が当該ファイルのお客さま情報に到達することは事実上不可能と認識しております。


4.今後の対応について
 当該パソコンが盗難にあったことが即時にお客さま情報の不正使用につながるわけではありませんが、該当するお客さまには早急に連絡しお詫び申し上げます。
 NTT Comでは、従来より業務用パソコンの携行の際には、必要な情報のみを保存し、上長の持ち出し承認を受け、常時手元から離さない、などの指導を行ってまいりましたが、今回の事態を重く受け止め、お客さま情報保護のための指導の更なる徹底や社員への再教育など再発防止に努めてまいります。