オフィス用ネット回線の選び方 おすすめ法人向けサービスも紹介

オフィスのネット回線を選ぶ際には、通信速度、安定性、セキュリティ対策、サポート体制を確認することが重要です。本記事では、それぞれの点について詳しく説明し、最適な法人向け光回線サービスを紹介します。

従来のPPPoE方式に比べて大容量で、通信が混雑することなくスムーズに行われ、快適で安定した接続環境のため、法人向け回線としても大きなメリットがあります。IPoEは、いったいどのようなサービスなのか、詳しくご紹介します。

【IPoE接続とPPPoE接続】改善とヒント
Case Studies
◆Case1:サービス業 ◆Case2:製造業
◆Case3:建築業 ◆Case4:小売業

PDF 資料ダウンロード ※アンケートに回答いただくとダウンロードボタンが現れます。

ネットワーク環境について、ご意見をお聞かせください。

Q1:ネットワークの見直しについて

Q2:クラウドサービス導入後
   (例:Office365やG Suite)

Q3:今回の訪問の目的は何ですか

オフィス利用に適したIPoE対応の法人向け光回線

オフィスのネット回線には、通信速度が速く安定しており、高いセキュリティを備えた法人向け光回線が最適です。特にIPoE方式の回線は、ネットワーク終端装置を使わないため、混雑時でも安定した通信が可能です。この方式は信頼性が高く、ビジネスにおける通信の要求を満たすために設計されています。また、法人向け回線は個人利用の影響を受けにくいため、オフィスでの業務には理想的です。

オフィス用ネット回線を選ぶ際のポイント

以下の点に注意して選びましょう。

業務に必要な通信速度と安定性

適切な通信速度と安定性は、業務の成功に欠かせません。不安定な通信は、Web会議やクラウドサービスに支障をきたし、業務効率を低下させる可能性があります。
必要な帯域幅は従業員数で異なります。オフィスの規模や使用目的に合わせた帯域幅を確保することが重要です。業務内容に応じた最適な回線を選びましょう。

セキュリティ対策

セキュリティ対策は、ビジネスにとって非常に重要です。法人向け回線には、サイバー攻撃や情報漏えいを防ぐためのセキュリティオプションが用意されています。
固定IPアドレスを使用することで、社内システムやSaaSへのアクセスを制限し、不正アクセスを防止できます。また、複数のIPアドレスを使用することで、部門ごとにアクセス制御を行うことが可能です。
インターネットVPNの利用もセキュリティを強化する有効な手段です。インターネットVPNは、インターネット回線を利用した仮想的なプライベートネットワークを構築し、通信を暗号化して情報漏えいのリスクを低減します。特に、社外から社内ネットワークにアクセスする際に、利用が推奨されます。
機密性の高い情報を扱う場合は、UTM(統合脅威管理)がおすすめです。UTMには、ファイアウォールやアンチウイルスなど、複数のセキュリティ機能が組み込まれており、ネットワークのセキュリティを一層強化することができます。
自社の状況に応じてこれらの機能を導入することで、ネットワークセキュリティを強化できます。

サポート体制

充実したサポートもオフィスのネットワーク選定において重要なポイントです。法人専門のサポート窓口が設けられていると、ネットワークの問題が発生した際に、迅速かつ的確な対応を受けることができます。技術的な知識を持つスタッフによるサポートは、トラブル発生時の対応をより効率的にします。

オフィス向けのネット回線「OCN光 IPoEサービス」

「OCN光 IPoEサービス」は、通信速度の安定性とトラフィックの混雑緩和に優れたサービスです。標準プランではPPPoE方式の約2倍の接続設備を有し、通信の遅延や停止を防ぎます。
Web会議やクラウドの利用が多い企業には、ワイドプランやWeb会議のトラフィックを分離するオプション(アプリコントールA)が適しています。
ワイドプランは標準プランの3倍の帯域幅を提供し、Windows Updateによる通信をその他の業務通信から分離するため、大規模なデータ転送やリアルタイムのビデオ会議がスムーズに行えます。また、アプリコントールAは、Microsoft Teams、Zoom、WebexなどのWeb会議トラフィックを分離し、通信品質を向上させます。

UTM、インターネットVPNがセットになったサービスもあり、セキュリティを強化したい企業に最適です。

まとめ

オフィスに法人向け光回線を導入する際は、「通信速度と安定性」「セキュリティ対策」「充実したサポート体制」を確認することが重要です。IPoE方式の光回線はこれらの要件を満たす優れた選択肢です。
OCN光 IPoEサービスは、大容量データ通信、Web会議、クラウドサービス利用も適しています。

通信速度の改善でお困りではありませんか?

「法人向けOCNサービスとは」関連情報

オンライン会議もサクサク! OCN光 IPoEサービス

企業向けベストプランワイドプラン

標準プランから3倍の収容設計(従来サービスの6倍)。Windows Updateによる通信をその他の業務用通信から分離し、つねに安定した通信が利用可能です。

  • 標準プランから3倍の収容設計

  • Windows Updateによる通信をその他の業務用通信から分離

オンライン会議に最適アプリコントロールA

Windows Updateのトラフィックを分離するワイドプランに、オンライン会議用の独立した帯域をプラス。収容設計もワイドプランの6倍。ストレスフリーなコミュニケーション環境を実現します。

  • ワイドプランから6倍の収容設計

  • オンライン会議用、Windows Update用、一般業務用で帯域を分離

標準プラン

従来サービスから2倍の収容設計。動画サービスなど、混雑の原因となりやすい個人向けインターネット通信のトラフィックを論理的に分離し、快適なインターネット接続環境を実現します。

  • 法人向け設計

  • 従来サービスから2倍の収容設計

  • 固定IPアドレス利用可能

VPNセット

高品質なOCN IPoEインターネット接続と拠点間VPN機能、専用レンタルルーターをセットで提供。IPsecによる暗号化技術により、インターネットVPNによる高品質な拠点間通信を実現します。

  • IPoEインターネット接続と拠点間VPN機能、専用レンタルルーターをセットで提供

  • IPsecによる暗号化技術でセキュアな拠点間通信を実現

vUTMセット

IPoEインターネット接続とクラウド化されたUTMをセットで提供。運用保守をNTT Comが行うため、つねに最新のセキュリティ対策を実現します。クラウド利用時のセキュリティ対策にも最適です。

  • インターネット接続とセキュリティ対策をセットで提供

  • 専門スキルを有する人材不要

  • つねに最新のセキュリティ対策を実現

ご検討中のお客さま

ご検討にあたり、ご不明点などはお電話もしくは、お問い合わせフォームで承ります。お気軽にお問い合わせください。

お電話によるお問い合わせ

0120-003300

受付時間:9:00~17:00
(土・日・祝日・年末年始を除く)

このページのトップへ

法人向けインターネット回線

IPoEサービス

契約社数11万社

OCNが選ばれる理由

最適なプランのご相談など
お気軽にご相談ください

お問い合わせ

法人向けインターネット
サービス詳細

詳細はこちら
契約社数11万社

OCNが選ばれる理由