Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

法人向けインターネットの光回線サービスを導入するメリットとは?

働き方やライフスタイルが多様化する中、フリーランスをはじめ、SOHOやベンチャーなど、小規模なオフィスで事業を始める人も少なくありません。
ビジネスの規模が小さければ、インターネットも個人向けの光回線で十分業務を遂行できるかもしれません。
しかし、業績が上がり、事業が拡大のフェーズに入るのであれば、法人向け光回線の導入を検討してみてはいかがでしょうか?そこで、法人向けと個人向けの光回線の違いを確認しながら、法人向け光回線を導入することのメリットについてご紹介します。

法人向け光回線を導入する3つのメリット

法人向けの光回線なら、個人向けの光回線にはないサービスを、多くの回線事業者やプロバイダーが用意しています。それでは、法人向け光回線を導入することのメリットを具体的に見てみましょう。

1 複数の固定IPアドレスを取得できる

法人の光回線サービスでは、複数の固定のグローバルIPアドレスが取得できるのも魅力です。IPアドレスとは、インターネットにおける「住所」のようなもの。インターネットに接続された機器がお互いを識別し、特定の相手にデータを届けるために利用されます。

個人向けの光回線サービスの場合、基本的にIPアドレスは、いつも同じIPアドレスが払いだされるとは限りません。これは、プロバイダー側が所持しているIPアドレスの数に限りがあり、接続の度に空いているIPアドレスを自動でユーザー側に割り当てているからです。

法人でインターネットを利用する場合、業務のためにWebサーバーを構築し、社外に向けて情報発信する場合があります。このとき、個人向けのインターネット接続のようにサーバーのIPアドレスが変わると利用者がWebサイトにアクセスできません。
しかし、固定されたIPアドレスをサーバーに割り当てることで、法人としてのサービス提供に必要なWebサイトを構築することが可能になります。なお、個人向けの光回線サービスでも、オプションで固定IPアドレスを取得できるものはありますが、通常、取得できる固定IPアドレスは1契約につき1つとなっています。複数の固定IPアドレスを取得したい場合には、法人の光回線サービスのほうが便利でしょう。
固定IPアドレスの取得は、セキュリティの強化にも役立ちます。例えば、本店と支店などの拠点間でインターネット通信を行う場合、ある固定IPアドレスからのアクセスは許可しつつ、ほかのIPアドレスからのアクセスを制限することができ、セキュリティレベルを向上させたネットワークの運用が可能です。また、VPN(仮想専用ネットワーク)機器を利用することで拠点間の通信を暗号化し、よりセキュアな通信を行うことも可能です。

2 豊富なセキュリティサービス

法人向けインターネット光回線の中には、クラウド型の統合脅威管理(UTM)がセットとなっている回線サービスもあります。UTMとは、ファイアウォールをはじめ、有害サイトのブロック、IDS(不正侵入検知システム)、IPS(不正侵入防御システム)、URLフィルタリングなど、法人にとって必要な複数の異なるセキュリティ機能を統合しパッケージ化したサービスで、ネットワーク上の脅威を一元管理できます。こうしたサービスは、事業者側で推奨するセキュリティ設定を行い、クラウド型であるため導入も迅速で、最新のサイバー攻撃にも対応できます。

3 混雑の影響を受けにくいサービスやプランも登場

法人向け光回線サービスの中には、ほかの回線と分離して混雑を避けることができるサービスやプランが登場しています。例えば、近年、混雑の原因のひとつに「動画配信・音楽配信サービスの利用」があります。その利用者はほとんどが個人ですが、この個人向けトラフィックと企業向けトラフィックを論理的に分離することで、ビジネスに必要な高速で安定したインターネット環境を確保できるサービスがあります。
また、Windows Updateによって全社的に混雑が生じたり、作業が止まってしまったりするという問題もあります。これも技術的・論理的にトラフィックを分離することによって、Windows Updateが実行されているあいだも、業務用のインターネット通信を安定して利用できるサービスがあります。

法人向け光回線におすすめな「IPv6 IPoE」

法人向け光回線を導入する場合、次世代インターネット接続環境である「IPv6 IPoE」がおすすめです。IPoE方式は、従来のPPPoE方式より大容量化した設備を利用するため、混雑しにくいネットワーク構成となっています。さらに、混雑の原因となりやすい個人のお客様向けサービスのトラフィックを論理的に分離することで、ビジネスで必要となる、高速で安定したインターネット利用環境を提供することが可能です。

OCNでは、IPoE方式を採用し、IPv6通信およびIPv4通信の両方が利用できる新たなインターネット接続サービスを提供しています。従来サービス比2倍の帯域設計となる「標準プラン」と、従来サービス比6倍の「ワイドプラン」があり、「ワイドプラン」では、Windows Updateによる通信を業務用の通信から分離できるため、Windows Updateが実行されているあいだでも、ほかの通信が安定して利用できるようになります。

さらに、クラウド型セキュリティ機能をパッケージ化した、「OCN光 IPoE vUTMセット」も提供しています。推奨のセキュリティポリシーがあらかじめ設定されているため、複雑な設定をすることなく安心して光回線でのインターネット接続を開始することができます。

ぜひ、この快適な法人向け光回線の接続環境に、ぜひふれてみてください。

 
 

法人向けインターネット回線導入でお困りではありませんか?

「法人向けOCNサービスとは」関連情報

新サービス! OCN光 IPoEサービス

OCN光 IPoEサービス 標準プラン

従来サービスから2倍の帯域設計!
動画サービスなど、混雑の原因となりやすい個人向けインターネット通信のトラフィックを論理的に分離
快適なインターネット利用環境を実現

  • 法人向け設計

  • 従来サービスから2倍の帯域設計!

  • 固定IPアドレス利用可能

OCN光 IPoEサービス ワイドプラン

標準プランから3倍の帯域設計(従来サービスの6倍)
Windows Updateによる通信を
そのほかの業務用の通信から分離。
安定した通信が可能

  • 標準プランから3倍の帯域設計

  • Windows Updateによる通信をそのほかの業務用の通信から分離

OCN光 IPoE vUTMセット

IPoEインターネット接続とクラウド化されたUTMをセットで提供。アップデートや保守はNTT Comが行うため、常に最新のセキュリティ対策を実現。
クラウド利用時のセキュリティ対策にも最適

  • インターネット接続とセキュリティ対策 セットで提供

  • 専門スキルを有する人材不要

  • 常に最新のセキュリティ対策を実現

通信事業者向けローミングサービス

OCNバーチャルコネクトサービス(IPoE接続)

NTT東日本・西日本が提供するIPoEに対応した「フレッツ 光ネクスト」ならびに光コラボレーション回線を、事業者さまの独自ブランドでIPoE方式のインターネット接続サービスが提供できます。

ご検討中のお客さま

ご検討にあたり、ご不明点などはお電話もしくは、お問い合わせフォームで承ります。お気軽にお問い合わせください。

お電話によるお問い合わせ

0120-106107

受付時間 9:30~17:00
(土日祝日を除く)

このページのトップへ