Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
IoT

運行日報を自動的に作成、
配送ルート再編により業務を効率化

車両運行管理サービスの導入により、社員が日々行っている運行日報作成の稼働を削減。さらに車両のルート情報分析により配送ルートの再編成を行い、配送時間短縮による業務効率化も図っています。

車両運行管理サービスの導入により、社員が日々行っている運行日報作成の稼働を削減。さらに車両のルート情報分析により配送ルートの再編成を行い、配送時間短縮による業務効率化も図っています。 運行日報

適用業界・分野

  • 自社製品の配送を伴う業務(レンタル業、食品、菓子や生花などの配送、各種メンテナンス・点検業務など)
  • 商用車(法人向け車用、営業車、社用車、送迎者、業務車両、事業用自動車など)を有しているあらゆる企業

導入用途

  • 運行日報の自動生成によるドライバーの負荷軽減
  • 配送ルート再編による業務効率化

効果/目的

  • 省人化
  • ドキュメントのペーパーレス化
  • 社員の稼働軽減
  • ドライバーの現在地把握

従来の課題

これまで運行日報はPCで管理していたものの、社員が日々、運行日報を作成しなければならず、相応の手間と時間がかかっていた。運転後の記憶を頼りに作成するため、数日まとめて記入する際など、内容が不正確になることもあった。

解決手段/導入効果

運行日報の自動生成により、手書きの日報を撤廃。運行日報を書く時間が削減され、各社員が新たな時間を使って販売促進業務などにより注力できるようになり、取引先との関係強化やプレゼン資料作りに時間を割けるようになった。

運転軌跡情報から各車両の配送ルートを分析することで、配送ルートを再編することが可能。それにより配送時間が短縮できれば、生まれた時間を有効活用できる。また、社員の現在地がわかることで、お客さまの急な要望に対して一番近くにいる社員に対応をお願いすることができるなど、CS向上にもつながった。

所在マップ

所在マップ

運行日報

運行日報

課題を解決した製品

Vehicle Manager®

通信機能・GPS機能内蔵の小型車載器を車両に設置することで運行日報の自動作成や運転傾向分析、車両稼働実績などをWebアプリケーション上で閲覧・管理できます。

詳細はVehicle Manager®をご覧ください

一言ヒント!

「Vehicle Manager®」導入により得た各車両の運転傾向データは、社員ドライバーの安全運転の指導に活用することはもちろん、運転軌跡情報から各車両の配送ルートを分析し、配送ルートの効率的な再編成にも応用できます。配送ルートを再編成することで配送時間を短縮できれば、ドライバーの負荷軽減につながり、そのうえ短縮された分の時間をほかの業務などに有効活用できるのも大きなメリットと言えるでしょう。

関連用語

安全運転管理者

道路交通法では、1拠点で5台もしくは乗車定員が11人以上の場合は1台以上の車両を保有している場合、安全運転管理者を選任することが義務づけられている。また、自動車20台以上40台未満を保有している場合は1人、以下20台ごとに1人ずつ副安全運転管理者を追加選任しなくてはならない。安全運転管理者、副安全運転管理者は、都道府県の公安委員会に届け出することが義務づけられている。

運行日報の作成義務

道路交通法で義務づけられている安全運転管理者は、その名の通り、社有車の安全運転管理業務を行う必要があり、その業務の1つとして運転日誌(運行日報)の作成が明記されている。

関連記事

運行日報をつけなければならない理由とは

危険運転発生個所を可視化し
安全運転を強化、社員とブランドを守る

運転傾向を分析し安全運転意識を向上、
社員が研さんし合う環境に

関連リソース

Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Reader」がインストールされている環境が必要となります。

関連サービス

このページのトップへ