Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English
IoT

危険運転発生個所を可視化し
安全運転を強化、社員とブランドを守る

配送車に車両運行管理サービスを導入し、危険運転発生個所を可視化することで安全運転強化を徹底。車体に看板商品がデザインされている配送トラックは、まさに“走る広告塔”であり、万一違反や事故が発生すると、即ブランドのイメージダウンにつながります。

配送車に車両運行管理サービスを導入し、危険運転発生個所を可視化することで安全運転強化を徹底。車体に看板商品がデザインされている配送トラックは、まさに“走る広告塔”であり、万一違反や事故が発生すると、即ブランドのイメージダウンにつながります。 危険運転

適用業界・分野

  • 自社製品の配送を伴う業務(レンタル業、食品、菓子や生花などの配送、各種メンテナンス・点検業務など)
  • 商用車(法人向け車用、営業車、社用車、送迎者、業務車両、事業用自動車など)を有しているあらゆる企業

導入用途

  • ドライバーの安全運転を強化したい
  • 企業ブランドを保持したい
  • 従業員を事故から守りたい
  • ICTによる業務効率化を図りたい

効果/目的

  • 急ブレーキなど危険運転の把握
  • 交通事故件数の減少
  • 配送ルートの最適化・再編成

従来の課題

以前から社員に対して安全運転の指導を徹底して行っていたが、年に数件、業務用車両の交通違反・交通事故が発生していた。安全運転指導に注力しているものの、実際の運転の詳細までは把握できないため、成果の確認が困難であった。

配送車には自社の製品がデザインされており、車両はまさに“走る広告塔”ともいえる存在。運転状況を可視化し確認しながら、安全運転指導を行いたいと考えていた。

解決手段/導入効果

車両運行管理サービスVehicle Manager®の「ヒヤリハットマップ」機能が大いに役立った。危険運転発生地、速度超過、急減速・急加速地帯などが見えるようになり、より的確な指導ができて運転が改善された。

指導者とドライバーの信頼関係構築にも役立ち、導入後、無事故の記録を更新した。

ヒヤリハットマップ

ヒヤリハットマップ

課題を解決した製品

Vehicle Manager®

通信機能・GPS機能内蔵の小型車載器を車両に設置することで運行日報の自動作成や運転傾向分析、車両稼働実績などをWebアプリケーション上で閲覧・管理できます。

詳細はVehicle Manager®をご覧ください

一言ヒント!

自社ブランドが描かれた配送トラックは、宣伝効果が期待できる反面、ひとたび違反や事故を起こして、その画像がニュースなどに取り上げられると、企業イメージに大きく響いてしまいます。昨今ではSNSで画像や動画が拡散される可能性もありますので、一層の注意が必要でしょう。また、ヒヤリハットマップで危険個所が明らかになると、安全運転指導はもとより、配送ルートの検討などに役立てることができます。

関連用語

妨害運転罪

2020年6月30日に創設された、妨害運転(いわゆる「あおり運転」)を直接取り締まるための罰則。違反した場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金、違反点数25点、免許の取消し、著しい交通の危険が生じた場合、5年以下の懲役または100万円以下の罰金、違反点数35点、免許取消しという厳罰が科せられる。

危険運転

アルコールや薬物の影響などで正常な運転が困難な状態で自動車を運転する行為、制御が困難な速度で自動車を運転する行為、赤信号をことさら無視し、重大な危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為など、「危険運転致死傷罪」にあたるものをいう。従来、交通事故には「業務上過失致死傷罪」が適用されていたが、厳罰化を求める声が高まり、2001年「危険運転致死傷罪」が適用された。致死の場合で1年以上20年以下の懲役、致傷の場合で15年以下の懲役が科される。

関連記事

あおり運転厳罰化を受けて、事業者はどう対応すべきか

運転傾向を分析し安全運転意識を向上、
社員が研さんし合う環境に

運行日報を自動的に作成、
配送ルート再編により業務を効率化

関連リソース

Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Reader」がインストールされている環境が必要となります。

関連サービス

このページのトップへ