Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録

テレワーク導入の「不可能」を「可能」にするには? 多忙なIT部門必見! 5分でわかる導入講座

印刷

なぜ、テレワーク導入は停滞しがちなのか?

日本国内のテレワーク環境の導入状況は、大企業が23.6%であるのに対し、社員500人未満の中堅中小企業では4.7%にとどまっているという調査結果があります。この導入格差の大きな要因は3つあります。

1つ目の導入障壁は「慢性的なIT人材不足」です。情報システム担当者が1名以下、いわゆる「ひとり情シス」の企業がなんと3割を占めるという調査結果もあり、テレワークの導入に充分な人材や稼働が割けない事態を招いています。

国内におけるテレワークの導入企業数と導入率 出典:IDC Japan 2018.7

このようなIT人材不足に加え、2つ目の導入障壁となっているのが「セキュリティ対策の煩雑化」です。今日のセキュリティ対策ではランサムウェアやフィッシング詐欺、Webサイト改ざんといった高度化するサイバー攻撃対策だけでなく、ハードウェアの紛失、設備不備による情報漏えいを防ぐ「物理的な対策」も必須です。しかしながら、セキュリティ対策をガチガチに行ってしまうと、ユーザー側の使い勝手が悪くなり、業務の生産性を低下させるなど、導入課題の見極めも重要になってきます。

そして3つ目の導入障壁は「コスト」です。端末側にデータを持たないシンクライアントは、テレワークにおける強固なセキュリティ対策を講じる代表的な手段ですが、システム構築、機器の導入にはそれなりのコスト負担を覚悟する必要があります。しかもネットワークに接続して利用することを前提としているため、外出先の通信が不安定な場合、使い勝手の低下につながります。

じつはいま、テレワーク導入の大チャンス

2020年1月14日にWindows 7の延長サポートが終了し、セキュリティ更新プログラムの提供などが受けられなくなります。企業が脆弱性や不具合などを抱えたままWindows 7を使い続けることは難しく、事実上、Windows 10に移行する以外の選択肢はないといえます。とはいえ、単純にPCを買い替えるだけでは、費用対効果の観点から「もったいない」ともいえます。では、具体的にどのような対策を講じるのがベストなのでしょうか。ポイントはWindows 10へのアップデートと併せて、働き方改革の推進に向けたテレワーク環境を導入することです。

テレワーク環境の導入は、時間や場所にとらわれない働き方を実現します。これにより在宅勤務による雇用の拡大や外回りの多い営業スタッフの業務効率化、オフィスの省スペース化によるコスト削減など、さまざまな効果を生み出します。さらに、昨今の国内で頻発している台風、豪雨といった自然災害による交通機関のマヒなど、通勤が困難な状況ではBCP対策を支えるリモートワーク環境としても機能することもポイントといえます。

まさに、いまがテレワーク環境を導入する絶好のチャンスです。しかし、IT人材の不足、セキュリティ対策の煩雑化をクリアできなければ前進はできません。こうしたお悩みを解消するサービス「テレワーク・スタートパック」が、2019年2月にNTTコミュニケーションズからリリースされました。

関連サービス