日本 Select Language : English 日本語

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

×閉じる

Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

「2025年の崖」から落ちる日本企業が急増!?DXを躍進させるビジネス環境に向けて、サイロ化したIT環境をServiceNowで一新

経済産業省が発表した「2025年の崖」では、DX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みが遅れることで、日本企業が直面する暗い未来を予言しています。また一般社団法人日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)による2017年度の調査によると、日本におけるDX推進の足かせとなっているのは、事業部門ごとに構築された部分最適や、サイロ化したレガシーな基幹系システムと回答しています。このような状況で、分断された業務プロセスやタスクを「全体最適化」させるツールとして注目を集めているのが、SaaS型ITサービスマネジメントプラットフォーム「ServiceNow」です。

日本企業が直面する「2025年の崖」の戦慄

経済産業省の発表した『DXレポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~』では、21年以上稼働するレガシーな基幹系システムが、いまのまま放置されれば2025年には6割に達すると予測。さらにメンテナンスにかかるコストがIT予算の9割以上を占め、かつて大規模なシステム開発を行ってきた技術者たちの一斉退職によるIT人材不足が約43万人に拡大する予測もあります。

既存のサイロ化したシステムの放置は、グローバル競争から取り残されてしまうと経済産業省は警鐘を鳴らしており、2025年に向けて集中的にシステムの刷新を進めるべきだとも提唱しています。

崖から落ちるピンチを飛び越えるチャンスに変えるツールとして注目を集めているのが、世界で5,300社を超える導入実績を持つ「ServiceNow」です。これは言語やルールの異なる複数システムのデータを集約し、1つのデータベースでの統合的な管理を支援するコネクションハブの役割を担います。

ServiceNowを導入することでITシステムの運用負荷を大幅に軽減できます。たとえば、これまでネットワーク、ハードウェア、ソフトウェアという3人の専任運用担当者が存在し、3つのシステムが稼働していたと仮定すれば、3×3で9人です。ここにServiceNowを導入して言語やルールを共通化(ワークフローのデジタル化)することで属人性を解消、各レイヤーの担当者を1人に集約すれば3人での運用が可能になります。

そうして生まれた運用メンバーのリソースを、集約したデータを分析するデータアナリストという“攻め”の領域へとシフトさせることによって、従来の開発や運用のみでなくビジネス戦略に貢献するDXなどの付加価値につなげることができます。それが全世界でServiceNowの導入が進む理由です。

ServiceNowの導入によりITシステムの運用負荷を大幅に軽減

関連記事

最初にクラウドありきの事業変革は、ときに想定外の悲劇を招きます。「サーバーをクラウド基盤に移行したのに、思うような成果が得られていない」「働き方改革に向けてパブリッククラウドサービスの全社導入を図ったものの、いっこうに生産性が向上できない」「むしろ運… 【続きを読む】

特集コンテンツ

この記事が注目されています

このページのトップへ