Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

リスクの高いシャドーITを把握外部からのアクセスを安全なデバイスのみに限定するには

スマートフォンやタブレットといったスマートデバイスの進化によって、個人が持つデバイスでも業務が可能になりました。これは業務効率を向上させるという意味では効果的ですが、一方で大きなリスクも伴います。その1つが、個人用のデバイスを社内ネットワークに接続するリスクです。また、業務用のファイルなどがコピーされた個人用のデバイスが紛失や盗難に遭うというリスクも存在します。ここでは、個人用のデバイスを社内ネットワークに接続するリスクと、それにまつわる課題を解決するNTT Comのソリューションについて解説します。

個人用のデバイスが社内に入り込むリスク

最近のスマートデバイスは、PCの代わりに業務が行えるほど高性能、高機能になっています。また、クラウドサービスの多様化と信頼性の向上、Wi-Fiネットワークの充実により、場所を選ばず業務を行えるようになりました。スマートデバイスやノートPCで業務を行えるようになれば効率は上がりますが、一方で企業が把握していないデバイスが社内ネットワークに接続されたり、業務用のファイルなどが持ち出されたりする「シャドーIT」のリスクも顕在化します。

シャドーITとは、従業員個人が持ち込む企業が把握していないIT機器のことです。これを放置しておくと、社内にある重要なファイルがシャドーITにコピーされたり、不正なプログラムが社内に入り込んだりするリスクがありますし、紛失や盗難によって重要なファイルが第三者の手に渡ってしまう可能性もあります。さらに、物理的に社内に持ち込まれなくても、クラウドサービス経由で社内のファイルにアクセスすることもできます。

実際、システム担当のスタッフが個人用のデバイスを充電しようと社内のPCに接続したところ、外部ストレージとして認識。それが悪心の引き金となり、業務用のファイルをコピーし、社外へ持ち出した事例がありました。

関連サービス

WideAngle マネージドセキュリティサービス NWセキュリティ
ファイアウォールやIPS/IDS、アンチウイルスなど、ご要望の高いネットワークセキュリティやコンテンツセキュリティを一括してアウトソーシングできるパックメニューです。
セキュリティ運用基盤(SIEM)とリスク分析官による相関分析で、ファイアウォールなど機能単体での運用では気がつかない未知の脅威をあぶりだします。
マイセキュア ビジネス
標的型ウイルスなどの新たな脅威からPC、スマホなどを守る超高速・超軽量の次世代型エンドポイントセキュリティサービス。Webベースの管理コンソールひとつで、すべてのエンドポイント端末の集中管理が可能なため、働き方改革のセキュリティ対策を強化できます。
Box over VPN
社内・取引先とのファイル共有や、Salesforceなどの業務アプリケーションとのシームレス連携を可能にする“コンテンツ・マネジメント・プラットフォーム”です。ファイルの保管時にAES256bitでファイルを暗号化。ISO27001と27018という世界標準の情報セキュリティマネジメントシステムに準拠しています。
Global Management One
ICT環境の監視、運用並びに最適化業務をワンストップで行うリモート・インフラストラクチャ・マネジメントサービスです。ITILのベストプラクティスにもとづき、高度な運用プラットフォームや幅広いスキルを持ったサービスマネージャーとサービスデスクによって、お客さまのICT環境の個別のニーズに即したサービスを提供し、ITシステムの投資対効果の向上に貢献します。

関連記事

IT技術やインターネット、クラウドサービスの進化により、今では個人用デバイスでも業務を行うことが可能になりました。こうした状況は、働き方改革の主要な施策であるリモートワー…【続きを読む】

ランサムウェアを使って多くの企業に影響を与える、大規模なサイバー攻撃が立て続けに発生するなど、インターネットにおけるセキュリティリスクは高まり続けているのが現状であり、対…【続きを読む】

従来の標的型攻撃や不正アクセスだけでなく、IoTデバイスや仮想通貨などにも拡大しているサイバーセキュリティ・リスク。次々と登場する新たな脅威にどう対応すれば良いのでしょう…【続きを読む】

特集コンテンツ

この記事が注目されています

このページのトップへ