日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録

リスクの高いシャドーITを把握外部からのアクセスを安全なデバイスのみに限定するには

印刷

スマートフォンやタブレットといったスマートデバイスの進化によって、個人が持つデバイスでも業務が可能になりました。これは業務効率を向上させるという意味では効果的ですが、一方で大きなリスクも伴います。その1つが、個人用のデバイスを社内ネットワークに接続するリスクです。また、業務用のファイルなどがコピーされた個人用のデバイスが紛失や盗難に遭うというリスクも存在します。ここでは、個人用のデバイスを社内ネットワークに接続するリスクと、それにまつわる課題を解決するNTT Comのソリューションについて解説します。

個人用のデバイスが社内に入り込むリスク

最近のスマートデバイスは、PCの代わりに業務が行えるほど高性能、高機能になっています。また、クラウドサービスの多様化と信頼性の向上、Wi-Fiネットワークの充実により、場所を選ばず業務を行えるようになりました。スマートデバイスやノートPCで業務を行えるようになれば効率は上がりますが、一方で企業が把握していないデバイスが社内ネットワークに接続されたり、業務用のファイルなどが持ち出されたりする「シャドーIT」のリスクも顕在化します。

シャドーITとは、従業員個人が持ち込む企業が把握していないIT機器のことです。これを放置しておくと、社内にある重要なファイルがシャドーITにコピーされたり、不正なプログラムが社内に入り込んだりするリスクがありますし、紛失や盗難によって重要なファイルが第三者の手に渡ってしまう可能性もあります。さらに、物理的に社内に持ち込まれなくても、クラウドサービス経由で社内のファイルにアクセスすることもできます。

実際、システム担当のスタッフが個人用のデバイスを充電しようと社内のPCに接続したところ、外部ストレージとして認識。それが悪心の引き金となり、業務用のファイルをコピーし、社外へ持ち出した事例がありました。

この記事のキーワード

関連サービス