日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録

ITの進化が招く新たなリスクリモートワーク/IoT時代の「シャドーIT」対策とは

印刷

IT技術やインターネット、クラウドサービスの進化により、今では個人用デバイスでも業務を行うことが可能になりました。こうした状況は、働き方改革の主要な施策であるリモートワークを後押ししますが、同時に企業が把握していないデバイスで業務が行われる「シャドーIT」が発生するリスクも含んでいます。このリスクは、部署単位で導入されているルータや外付けHDDなどのIoT機器にも存在するのです。ここでは、リモートワーク/IoT時代にシャドーITへどのように取り組めばよいかについてご紹介します。

個人用デバイスを業務に利用する際のリスク

近年、スマートフォンやタブレットといった個人用デバイスの高性能化、高機能化が進んでいます。また、インターネットが高速化した上に、公衆無線LANサービス(Wi-Fi)の普及で、時と場所を選ばず利用できるようになりました。さらには、クラウドサービスの多様化により、クラウド経由で業務を行うことも可能になっています。結果、社外でも個人用デバイスを使って業務が進められるようになったのです。

このような個人用デバイスを業務に使用することを、BYOD(Bring Your Own Device)と呼びます。従業員が常に持ち歩いているデバイスで業務を行うことができれば、出先での対応が可能になりますし、日報の提出や経費の精算などといった業務のために会社へ戻る必要もなくなります。これは移動時間を削減し業務効率を向上させますし、残業時間の短縮にもつながります。そのため「働き方改革」の主要な施策とされるリモートワークを推進する上でも個人用デバイスは役立つでしょう。

一方で個人用デバイスを業務に使用すれば、仕事上の機密情報やアドレス帳に顧客情報、各サービスへのログイン情報なども格納していることがあります。そのため、紛失や盗難に遭った際には、所有者の情報が漏えいするだけでなく、業務上のメールやファイルを閲覧され、社内サーバーやクラウドサービスなどにアクセスされて、機密情報も漏えいしてしまう可能性もあります。

特に注意したいのは、BYODが許可されていないにも関わらず、従業員が勝手に個人用デバイスを業務で使っており、企業がその存在を認識していないケースです。これを「シャドーIT」と呼んでいます。

この記事のキーワード

関連サービス