Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

キーワードは、多段防御と分離・無害化巧妙化、複雑化するマルウェア対策の最新ソリューションとは

マルウェアの種類は多彩で、新種が発生するとそれを改変した亜種も大量に登場します。これらは巧妙化、複雑化が進んでおり、マルウェア検知には、セキュリティ対策ソフトによる「検知」だけではない防御手法が求められます。ここでは最新のマルウェア対策について、多段防御を実現する「WideAngle マネージドセキュリティサービス」や分離・無害化ソリューション「Menlo Security」を通じて紹介します。

流行するマルウェアは年ごとに変化している

現状、サイバー攻撃の9割近くがメールやインターネットを介したものになっており、ほとんどがマルウェア感染をきっかけとしています。マルウェアはサイバー攻撃者にとって常套手段で、種類や手法は日々進化しています。それは、2017年がランサムウェア、2018年がマイニングマルウェアと、流行したマルウェアが年ごとに変化していることでもわかります。

標的型攻撃に使用されるマルウェアは、狙ったターゲットのために特別に作られる「新種」ですが、すぐに亜種が登場し、スパムメールなどの“ばらまき型”攻撃に転用されます。また、標的型攻撃では侵入したマルウェアがC&C(コミュニケーション&コントロール)サーバーと通信し、マルウェアの追加や盗み出した情報の送信などを行いますが、この手法は他の攻撃でも一般的に使用されているのです。

セキュリティ対策ソフトの検知を回避するテクニックも次々に登場しています。例えば、ファイルの拡張子を偽装したり、ファイルが実行された際の動作を隠すようにしたり、脆弱性を悪用して不正な動作を行ったりします。仮想環境で疑わしいファイルを実行することでその動作を確認し、マルウェアかどうかを判断するサンドボックスが普及すると、仮想環境ではスリープ状態に入るマルウェアが登場しました。

こうした新しい手法が次々に生まれてくる現状に対応するため、即応性のあるセキュリティ対策が不可欠となっています。

関連サービス

WideAngle マネージドセキュリティサービス
ファイアウォールやIPS/IDS、アンチウイルスなど、ご要望の高いネットワークセキュリティやコンテンツセキュリティを一括してアウトソーシングできるパックメニューです。
セキュリティ運用基盤(SIEM)とリスク分析官による相関分析で、ファイアウォールなど機能単体での運用では気がつかない未知の脅威をあぶりだします。
Menlo Security
インターネット分離・無害化の技術で、従来の検知技術による多層防御では防ぎきれなかった新種のマルウェア攻撃やゼロデイ攻撃も防ぎ、安全で自由なWeb閲覧を実現します。

関連記事

企業へのサイバー攻撃の約9割が、「メール」を経由したものといわれています。それだけにメールを巡るサイバー攻撃とセキュリティ対策の攻防は激しく、サイバー攻撃者は次から次へと…【続きを読む】

ランサムウェアを使って多くの企業に影響を与える、大規模なサイバー攻撃が立て続けに発生するなど、インターネットにおけるセキュリティリスクは高まり続けているのが現状であり、対…【続きを読む】

ランサムウェアとは、勝手にファイルを暗号化し、その復号に身代金を要求する「ランサムウェア」と呼ばれるマルウェアが世界的に流行しているのをご存じでしょうか。すでに多くの企業…【続きを読む】

特集コンテンツ

この記事が注目されています

このページのトップへ