お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録 サービス
オンライン注文

意外と知らない?ITトレンド用語

BCPとは

BCP(Business Continuity Plan)とは、地震や台風などの自然災害、新型インフルエンザなどの大規模感染、あるいはテロなどの非常事態が発生した場合に、重要な事業を継続するための方法や手段を取りまとめた計画を指します。

地震などによってオフィスが被災し、長期間に渡って事業を再開することができなければ、ビジネスに大きな影響を及ぼすことが考えられます。そこで、こうした緊急事態の発生を想定し、どの事業を継続させるのか、早期復旧のために何を行うべきかを事前に検討してまとめておきます。

なお、昨今では多くの業務においてITが使われていることから、自然災害などから業務に利用するシステムや重要なデータが保存されているストレージなどをどう保護するかが重要になっています。具体的な対策としては、データのバックアップを取得する、災害に強いデータセンターを利用する、システムを二重化して一方が被災した場合でももう一方のシステムで業務を継続できるようにするといったことが考えられます。

BCPについてもっと詳しく知りたい方はこちら

BCP対策特集

災害やパンデミックで出社困難になる緊急事態のほか、セキュリティインシデントなど、企業が直面するリスクに打つ手はあるのでしょうか。事業継続を考えるうえで今知っておきたい、BCP対策のポイントやトレンド、最新のICTソリューションをご紹介します。

BCP診断で事業継続をサポートするベストなDXソリューションがわかる!

BCPは1度策定して終わりではなく、新たに現れたリスクや状況の変化に応じてアップデートすることが必要です。現状のBCPで災害やサイバー攻撃に対応できるのか、改めてチェックして、事業継続をサポートするベストなDXソリューションをご提案します。

ITトレンド用語一覧