News Release
平成16年12月14日


OCNサービスセンタ(仙台)がISPとして
世界初の「HDIサポートセンター国際認定」を取得



 NTTコミュニケーションズ(略称:NTT Com)は、サポートサービス業界の国際機関であるヘルプデスク協会(HDI :Help Desk Institute、本部:米国コロラド州コロラドスプリングス、CEO:ロン・マンズ)*のサポートセンター認定制度「HDIサポートセンター国際認定(SCC:Support Center Certification)」を、平成16年12月14日付でOCNのサポートセンターを対象に取得しました。本認定をISP(インターネットサービスプロバイダー)のサポートセンターが取得するのは、世界で初めてのことになります。
 認定取得をしたのは「OCNサービスセンタ(仙台)」(所在地:宮城県仙台市青葉区および宮城野区)であり、OCNに関する故障受付・カスタマサポートなどの各種問い合わせ受付窓口を担当しています。

 「HDIサポートセンター国際認定プログラム」は、サポートサービス業務に関する国際認定スタンダードに基づき、サポートセンターの品質と活動実績のあるべき姿について、チェックおよび評価を行うプログラムです。

 NTT Comは「OCNサービスセンタ(仙台)」において、サービス品質の向上と業務の効率化を実現するなど、OCNブランドおよびお客さま満足の向上を図ることを目的に国際認定取得に向け取り組んできましたが、このたびそのお客さま対応プロセスが国際標準を満たすものとして評価され、「HDIサポートセンター国際認定」を受けました。

 このたびの認定に際しましては、HDIが定める8つの評価要素のうち、特にセンター運営の基礎となる「リーダーシップ」および「方針と戦略」の項目で高い評価を受けました。また、認定に向けた取り組みの中で、OCNユーザへのお客さま満足度調査の手法を工夫・充実させ、サービス品質向上のためのプロセス改善を行いました。

 NTT Comは、今後もOCNサービス品質・お客さま満足度のさらなる向上を目指していきます。


*ヘルプデスク協会(HDI:Help Desk Institute):
 1989年に、世界で広く認められるスタンダードを業界と共に作りだし、トレーニングと認定プログラムの開発や業界情報の提供など、サポート業界のより専門的なニーズにワールドワイドに応えていくことを目的として設立された。100の地域支部と20,000のパートナーを有するサポートサービス業界で世界最大の機関。
 http://www.hdi-japan.com/


<本件に関するお問い合わせ先>

お問い合わせはこちらまで