日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
Select Language : English 日本語

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語
cmn_ic_service-kobetsu_voice

Arcstar Conferencing 

Arcstar Conferencing Event
(オンラインイベント・バーチャルイベント)

オンライン上で行うバーチャルなイベント、Arcstar Conferencing Eventで
デジタルな環境のコミュニケーションをリアルなタッチで実現します。
音声だけで行えるシンプルなものから、
動画を存分に使って視覚にアピールするものまで幅広く対応。
ウェビナーの枠にとどまらずデータを集めてマーケティングにつなげる取組みまで
専門家がサポートいたします。

サービス概要
利用例1
社内イベント
社内動画配信の
帯域削減
利用例2
対外イベント

会社で行うイベントは集合形式で行うのが主流でした。今では、もっと大勢の方、50名、100名、数百名~1000名規模を超える参加者ともオンラインでコミュニケーションする、イベント自体をオンラインで行う 「バーチャルイベント」が広がってきました。さらに写真やスライドだけでなく、コンテンツでは動画の比重が高まっています。 また、Webページにアクセスした人からデータを収集してマーケティングにつなげるように、ライブ配信・オンデマンド配信を行うバーチャルイベントからもデータを集めて、デジタルマーケティングに結びつける動きが加速しています。
バーチャルイベントははじめてという方から、更に一歩先に進みたい方まで、プロの専門家がしっかりサポートさせていただきます。

Arcstar Conferencing Eventとは

幹部講話、研修等の社内イベント。対外的なIR・決算発表、会社説明会、顧客向けセミナー。Arcstar Conferencing Eventは、対面で行われてきたイベントをバーチャルな環境で実現。会議サービスやツールを組み合わせ、デジタル空間でお客さまがより多くのターゲットへより効率的に企業として発信していくお手伝いをします。

こんな時、Arcstar Conferencing Eventがお役立ち!

社内イベント
対外イベント
こんな時、Arcstar Conferencing Eventがお役立ち!
こんな時、Arcstar Conferencing Eventがお役立ち!

特長1 豊富なプラットフォームから選択・組み合わせ

各プラットフォームの特長を生かした選択をアドバイスします。

豊富なプラットフォームから選択・組み合わせ

特長2 きめ細かなサポート – お客さまの稼働を楽に

お客さまがメッセージを伝えることに集中できるよう、他の準備は当社にお任せください。計画立案、イベント進行、当日のテクニカルサポート、実施後のフォローアップ等を実施します。

きめ細かなサポート – お客さまの稼働を楽に

特長3 グローバル、英語対応可能

NTT Comグループ企業のアルカディンはバーチャルイベントのグローバルリーダーです。アルカディン・ジャパン株式会社がNTT Com提供のバーチャルイベントをサポートします。

グローバル、英語対応可能

社内コミュニケーションは会社の成長に必須。人材育成も最重要事項の1つです。デジタルネィティブ、ミレニアム世代と呼ばれる層が新入社員から中堅層までを占める時代になった今、新世代にあわせてデジタルな世界でのコミュニケーションも広げていきませんか?
大勢が集まるイベントをはじめ、コミュニケーションや研修には対面が1番という時代から、今では幹部講話、事例発表会、表彰式、そして研修も会場型との併用で実施したり、すべてバーチャルで実施することも可能な時代になりました。スライドや写真に加え、動画映像による、より効果的なコミュニケーションをご提案します。
また、動画を利用する際に心配な社内ネットワークの帯域に関するソリューションもご用意しております。

利用例

幹部講話・事例発表会 イメージ

幹部講話・事例発表会

今までの悩み

  • 幹部から会社方針をダイレクトに熱く社員に伝えたい
  • 現場の声をききたいがまわりきれない
  • 一部の社員しか式典に呼べない

Arcstar Confrencing Eventによるバーチャルイベントなら

  • 会場型に負けない臨場感で参加者の一体感を実現
  • 時差も関係なく全世界で視聴可能
研修 イメージ

研修

今までの悩み

  • 支社・支店からの参加が大変
  • 十分な数の講師がいない
  • テキストや写真では理解に限界、実際に手本をみせたい
  • 人材の早期立ち上げが必要

Arcstar Confrencing Eventによるバーチャルイベントなら

  • どこにいてもオンラインで学習可能、出張不要
  • 動画で教材作成が簡単に
  • Q&Aの共有やライブチャットで個別対応も可能に
  • オンラインで覚えるまで、繰り返しトレーニング

よくある課題

社内コミュニケーションの活性化、トレーニングでの利用等、動画によるコミュニケーションのニーズは増加しています。動画はネットワーク帯域をとるのに、 社内ネットワークの帯域は簡単には増速できないのが悩みとききます。

よくある課題

世界のモバイルデータトラヒックは年平均成長率53% (2015-2020)でビデオの視聴により伸びていくと予測されています。(※)。コミュニケーションの手段として当たり前となった動画は、講演等のライブ配信はもちろん、VODで繰り返し視聴できることから、紙や写真以上の効果をもつトレーニング教材としても好評です。ただ、効果的なコンテンツも視聴が増加した場合に、企業内NWの帯域拡⼤が容易でないことが課題でした。そこでNTT Comは、回線増強や機器の変更なく、対応できるソリューションをご⽤意しました。

(※)総務省 情報通信白書2016の図表2-1-2-3

世界のモバイルデータトラヒック(アプリケーション別)の推移及び予測  (出典)Cisco VNI Mobile、2016年

今までは:台数に比例して動画視聴で使う社内NWの帯域は拡大
⇒ 実は解決策あり!

今までの悩み
解決

WAN帯域消費を90%削減 – その秘密は

独自技術で、既存インフラのまま高品質動画の大量配信を可能に。

設備投資や回線増強なく、社内ネットワークでの配信を高速・安定化させます。
安心して動画配信を実施できます。

その理由は

1)ピアアシスト型ソフトウェア配信

すべてのエージェントがサーバーとして機能。
各端末はネットワーク的に近い別のエージェントから動画データを取得します。中央サーバーが存在するWANからLANに負担を移動させ、NWの混雑を劇的に解消します。

2)トポロジーの把握

中央部のディレクトリサーバーにより、エージェントのどこからコンテンツを提供するか、
リアルタイムで決定。 ネットワーク的に近く、最も混雑の少ないエンドポイントに自動的に集中させます。

3)デファレンシャル配信プロトコル

パケットを送信し、別のエージェントが受信通知を送信するまでのラウンド・トリップ・タイム(RTT)を測定し、混雑のレベルを測定。混雑度に応じて送信速度を加速・停止・再開させます。こうした独自プロトコルにより、パケット損失の回避とNW使用状況の最適化を行います。

お客さまや株主などステークホルダーとの接点の強化や、新しい人材を確保するための会社説明会など、社外コミュニケーションは重要かつ貴重な機会。NTT Comはターゲットへのリーチを増やし、効果的な演出を行いたいお客さまにバーチャルイベントをご提案します。デジタル空間のイベントなら、開催時にターゲットの反応をタイムリーに捉えるところから開催後の デジタルマーケティングに向けたデータ活用まで、様々なメリットが生まれます。

利用例

IR・決算発表 イメージ

IR・決算発表

今までの悩み

  • 四半期決算まったなし。準備も当日運営も大変
  • アナリストをもっと集めたい
  • IRで高評価をとりたい

Arcstar Confrencing Eventによるバーチャルイベントなら

  • アナリスト・機関投資家が自席からでも参加
  • リアルな映像で理解を促進
  • イベントの進行もおまかせを
会社説明会 イメージ

会社説明会

今までの悩み

  • 就職解禁時期が毎年かわる、会場どうする?
  • 地方での採用稼動が悩み、精鋭人材とりたいが

Arcstar Confrencing Eventによるバーチャルイベントなら

  • 会場型との組み合わせやオンライン専門でも可能
  • 出張不要で会場型より多く候補者を集客
  • 分析ツールで熱心な参加者をマーキング
顧客向けセミナー イメージ

顧客向けセミナー

今までの悩み

  • 遠方のお客さまは招待しづらい
  • お客さまの関心度を知りたい

Arcstar Confrencing Eventによるバーチャルイベントなら

  • アンケート即時集計やチャットでフィードバック、
    登録・出席管理も画面で簡単に

Marketing Automation(MA)へつなげて
さらに高度なデジタルマーケティングへ

詳細事例

<利用シーン>

  • ・部署:広報部
  • ・記者発表の情報共有

<背景>

  • ・グローバルで新サービスを展開していくことが決定。
  • ・国内プレスのみならず海外プレスにも記者発表イベントを届けたい。

メリット

  • 視聴画面より海外プレスからの質問受付対応
  • 事前登録制により、視聴者の特定を実現

ポイント

  • PC、タブレット、スマートフォンのマルチデバイス視聴対応
  • インターネット環境が厳しい参加者のための、電話音声配信対応
  • デイタイム:日本及びAPAC向け発信、ナイトタイム:米国及び欧州向け発信対応
詳細事例

関連リソース

このページのトップへ