Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

ウイルス対策ソフトはWindows10に不要?検討ポイントを紹介

企業がWindows10搭載のPCを使うとき、ウイルス対策ソフトを新たにインストールする必要はあるのでしょうか?無料のウイルス対策ソフトでは不十分な理由と、有料製品導入のポイントを解説します。参考にして、万全の対策をしましょう。

従来のPPPoE方式に比べて大容量で、通信が混雑することなくスムーズに行われ、快適で安定した接続環境のため、法人向け回線としても大きなメリットがあります。IPoEは、いったいどのようなサービスなのか、詳しくご紹介します。

【IPoE接続とPPPoE接続】改善とヒント
Case Studies
◆Case1:サービス業 ◆Case2:製造業
◆Case3:建築業 ◆Case4:小売業

PDF 資料ダウンロード ※アンケートに回答いただくとダウンロードボタンが現れます。

ネットワークセキュリティ環境について、ご意見お聞かせください。

Q1:セキュリティ対策の導入について

Q2:自社のセキュリティ対策について

Q3:今回の訪問の目的は何ですか

Windows10にウイルス対策ソフトは必要か

無料のウイルス対策ソフトが標準装備されているWindows10は、わざわざセキュリティ対策をする必要がないのでしょうか? 無料のウイルス対策ソフトである『Windows Defender』の機能や信頼性について解説するので、自社PCのセキュリティ対策の参考にしてください。

Windows Defenderの機能

Windows10標準装備されているWindows Defenderには、『ウイルス対策』『ファイアウォール』『ブラウザコントロール』『デバイスの正常性チェック』といった機能があります。 これらの機能は、セキュリティ対策を考えるとき、必要最低限の基本的なものです。そのため、Windows10は何もしなくても、必要最低限のセキュリティは確保されています。 ただし、これだけでは企業にとって十分なものとはいえません。個人より慎重な対策が必要な企業は、自社に必要な機能を全て満たす製品を選ぶ必要があるのです。

Windows Defenderの信頼性

企業のセキュリティ対策として不十分ではありますが、Windows Defenderもある程度の攻撃を防げるというテスト結果が出ているようです。そのため、決して性能的に劣っているわけではありません。 それでも企業にとって不十分な理由に、性能がユーザーの設定次第になることがあげられます。正しく設定していないと、他製品ほどの性能が出ないのです。 正しく設定していれば防げたウイルスを、設定間違いで侵入させてしまうかもしれません。そのため、確実に侵入を防がなければいけない法人には向いていないといえます。

企業はカバー外の部分を比較して導入しよう

無料でカバーできるセキュリティ対策は限定的です。そのため、企業にとっては十分なセキュリティ対策といえません。そこで活用したいのが有料製品です。導入で不足部分をカバーします。

広告のブロックや迷惑メール

広告に見せかけて不正なWebサイトへのアクセスを促す手法が増えています。そうした手法によるウイルス感染から自社PCを守るには、広告ブロックが有効です。 感染の原因になり得る広告が表示されなければ、手口に引っかかることもありません。 メールのフィルタリング機能も、セキュリティの重要なポイントです。迷惑メールからマルウェアに感染することも多いので、メールボックスに入る前に選り分けてしまいます。

ふるまい検知

無料ウイルス対策ソフトができるのは、既知のウイルスに対する防御のみです。そのため、これまでにない新しいウイルスには対応できません。 新しいウイルスに対応するには『ふるまい検知』ができる製品が有効です。ウイルスらしき動きを検知して対応するので、これまでにない最新のウイルスにも対応できる可能性が高くなります。 より多くの脅威に対策できるよう、導入しておきたい機能です。

知っておきたいポイント

Windows10のウイルス対策ソフトのポイントは『無効化』です。使用状況によって無効化することがありますし、現状を確認することもできます。

ソフト導入で無効になる

Windows Defenderが無効になるのは、有料ウイルス対策ソフトをインストールしたときです。セキュリティが整うと、自動的に無効化します。 この場合、有効に戻す必要はありません。2つ以上のセキュリティ製品がPC上で稼働していると、競合して重くなる可能性も考えられるからです。 また、有料製品の方が高い精度でウイルス対策できる可能性が高い、ということも理由の1つといえます。

Windows Defender設定の確認方法

Windows10のウイルス対策が有効か無効かを確認するには、セキュリティセンターをチェックしてください。 『スタート→設定→更新とセキュリティ→画面左のWindowsセキュリティ→Windows Defenderセキュリティセンターを開きます』の順にクリックします。すると、セキュリティセンターが表示されます。 『ウイルスと脅威の防止』のアイコンの下に『操作は不要です』という表示が現れたら、有効です。無効の場合は、この表示が確認できません。

Windows Defenderの注意点

ウイルス対策ソフトはPCに負荷をかけやすく、動作も重くなりやすい特徴があります。それは、Windows Defenderも同じです。有料製品と比べてメモリ使用量は少なめですが、負担になる可能性はあります。 だからといって、すぐに無効化するのは避けましょう。PCが無防備な状態になってしまうからです。無効化するのは、必ずウイルス対策ソフトをインストールしてからにします。 また、誤検知の可能性があるという点にも注意しましょう。他製品ではマルウェアと判断しなかったにもかかわらず、Windows Defenderのみマルウェアと判断した、というテスト結果があるのです。

まとめ

Windows10は標準装備で無料のウイルス対策ソフトがインストールされています。しかし、企業のセキュリティ対策として利用するには不十分です。ユーザーの設定によって性能が左右されてしまいますし、ウイルスの誤検知が起こる可能性もあります。 十分な対策のためには、自社に必要な機能を備えた有料製品の導入を検討しましょう。

紹介動画

企業を狙うサイバー攻撃は巧妙化。セキュリティソフトを入れておけば安心という時代は終わり、多層防御によるセキュリティ対策が急務です。多層防御とは?ポイントを含めご紹介します。

セキュリティ対策を怠ったために、取引先にまで、マルウェアを感染させてしまったら・・・。ほぼすべての中堅・中小企業がサイバー攻撃を受けていると言われています。専門ベンダへのアウトソース、インシデント時の緊急体制の整備、サイバー保険。セキュリティに関する業務を一人で抱え込まないためのポイントをご紹介します。

「法人向けOCNサービスとは」関連情報

新サービス! OCN光 IPoEサービス

OCN光 IPoEサービス 標準プラン

従来サービスから2倍の帯域設計!
動画サービスなど、混雑の原因となりやすい個人向けインターネット通信のトラフィックを論理的に分離
快適なインターネット利用環境を実現

  • 法人向け設計

  • 従来サービスから2倍の帯域設計!

  • 固定IPアドレス利用可能

OCN光 IPoEサービス ワイドプラン

標準プランから3倍の帯域設計(従来サービスの6倍)
Windows Updateによる通信を
そのほかの業務用の通信から分離。
安定した通信が可能

  • 標準プランから3倍の帯域設計

  • Windows Updateによる通信をそのほかの業務用の通信から分離

OCN光 IPoE vUTMセット

IPoEインターネット接続とクラウド化されたUTMをセットで提供。アップデートや保守はNTT Comが行うため、常に最新のセキュリティ対策を実現。
クラウド利用時のセキュリティ対策にも最適

  • インターネット接続とセキュリティ対策 セットで提供

  • 専門スキルを有する人材不要

  • 常に最新のセキュリティ対策を実現

通信事業者向けローミングサービス

OCNバーチャルコネクトサービス(IPoE接続)

NTT東日本・西日本が提供するIPoEに対応した「フレッツ 光ネクスト」ならびに光コラボレーション回線を、事業者さまの独自ブランドでIPoE方式のインターネット接続サービスが提供できます。

ご検討中のお客さま

ご検討にあたり、ご不明点などはお電話もしくは、お問い合わせフォームで承ります。お気軽にお問い合わせください。

お電話によるお問い合わせ

0120-106107

受付時間 9:30~17:00
(土日祝日を除く)

このページのトップへ