Select Language : English 日本語
Global Site : NTT Ltd.

クラウドのセキュリティ対策とは。対策ソフトの機能やメリット

クラウドサービスの多様化により、業務にクラウドサービスを導入するケースが増えています。しかし、セキュリティに不安があるため、導入に踏み切れないという企業もあるようです。本記事ではクラウドのセキュリティ対策について解説をします。

従来のPPPoE方式に比べて大容量で、通信が混雑することなくスムーズに行われ、快適で安定した接続環境のため、法人向け回線としても大きなメリットがあります。IPoEは、いったいどのようなサービスなのか、詳しくご紹介します。

【IPoE接続とPPPoE接続】改善とヒント
Case Studies
◆Case1:サービス業 ◆Case2:製造業
◆Case3:建築業 ◆Case4:小売業

PDF 資料ダウンロード ※アンケートに回答いただくとダウンロードボタンが現れます。

ネットワークセキュリティ環境について、ご意見お聞かせください。

Q1:セキュリティ対策の導入について

Q2:自社のセキュリティ対策について

Q3:今回の訪問の目的は何ですか

セキュリティ対策ソフトの主な機能

手軽に導入でき、高い効果が期待できるセキュリティ対策ソフトは、クラウドのセキュリティ対策においても有効です。ここでは、セキュリティ対策ソフトの主な機能について紹介します。

ウイルスやランサムウェアなどの対策

セキュリティ対策ソフトの機能としてまず挙げられるのが、ウイルスやランサムウェアなど不正プログラム対策です。 メールに添付されているファイルや、USBメモリをはじめとした外部ストレージなど、外部からのファイルをパソコンやクラウドに取り込む機会は多くあります。 万が一、これらのファイルにウイルス等の不正プログラムが仕込まれていた場合、データを破壊されたり、情報を盗まれたりする被害に遭う可能性があるのです。 最近ではデータを勝手に暗号化し、身代金を要求するランサムウェアも流行しています。 セキュリティ対策ソフトはこれらの不正プログラムを検出し、駆除や隔離をしてパソコンやクラウド内を安全に保ってくれるのです。

不正サイトや迷惑メール対策

セキュリティ対策ソフトの中には、インターネット上の不正なサイトを検知する機能を持つものもあります。 例えば、検索結果の一覧から安全でないサイトを見つけたり、不正なサイトにアクセスしようとしたら警告を表示したりするといった機能です。 また、メールソフト内を監視し、迷惑メールを除外したり、添付されているリンクやファイルが安全かのチェックをしたりします。これらの機能により、ウイルス感染やフィッシング詐欺等の脅威を防げるのです。

脆弱性やプライバシー保護の対策

パソコンのOSやインストールされているソフトウェアのリスクを診断します。脆弱性が見つかった場合は、最新の状態にアップデートするよう促す機能を備えたセキュリティ対策ソフトもあるのです。 また、セキュリティソフトの代表的な機能として、インターネットの通信を常時監視し外部からの不正なアクセスを遮断するファイアウォールが挙げられます。 さらに、個人情報を登録しておくことで、データが外部に持ち出されようとしているときに警告を表示、プライバシーを保護する機能なども備わっているのです。

クラウドセキュリティ対策ツールのメリット

クラウドセキュリティ対策には、クラウド上で動作するツールも存在します。ここでは、クラウド型のセキュリティサービス導入のメリットについて解説します。

コストや導入期間

クラウドセキュリティは、クラウド上で機能するセキュリティサービスのことです。クラウド上で機能するため、従来のオンプレミス型セキュリティサービスに必要だった機器購入やネットワーク構築にかかっていたコストを大幅に削減できます。 また、これらのインフラを用意する必要がないため、数カ月かかっていた導入期間を数日にまで短縮可能です。

専任技術者なしで運用できる

クラウドセキュリティはセキュリティベンダーによって管理運用されています。そのため、従来のオンプレミス型のように社内で専任の技術者を用意する必要がありません。 多くの場合、オンプレミス型の管理運用には専門的な知識や技術が必要ですが、技術者が不要となるため教育や人材確保にかかるコストを削減できるのです。

ガイドラインを参考にしよう

クラウドは便利な技術ですが、導入の際にはセキュリティやリスク管理などさまざまなことを考慮する必要があります。そこで参考にしたいのが、公的機関から発行されているガイドラインです。ここでは経済産業省とIPAのガイドラインを紹介します。

経済産業省のガイドライン

経済産業省から発行されているのは、2014年3月に改訂された『クラウドサービス利用のための情報セキュリティマネジメントガイドライン』です。 クラウドサービスの多様化が進み、それに合わせてさまざまなリスクが登場したことを考慮した内容になっています。 具体的なセキュリティ対策や事例を集めた活用ガイドブックも作成されており、こちらも参照するとより一層ガイドラインを役立てられるでしょう。
クラウドサービス利用のための情報セキュリティマネジメントガイドライン(METI/経済産業省)
クラウドセキュリティガイドライン活用ガイドブック

IPAのガイドライン

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)からも『クラウドサービス安全利用のすすめ』というガイドラインが発行されています。 こちらは中小企業向けに作成されたガイドラインで、中小企業がクラウドを導入するメリットや考慮すべき課題について具体的に書かれています。 クラウドを安全に使うためのチェックシートが付いているのが特徴です。
情報処理推進機構:IT社会を、守る、育てる:クラウドサービス

まとめ

クラウドサービスにはさまざまなメリットがありますが、データを外部に預ける以上、ある程度のセキュリティリスクを負う必要があります。 クラウドサービスを導入するメリットとリスクを正しく理解し、そのうえで適切なセキュリティ対策を講じることが重要です。

紹介動画

企業を狙うサイバー攻撃は巧妙化。セキュリティソフトを入れておけば安心という時代は終わり、多層防御によるセキュリティ対策が急務です。多層防御とは?ポイントを含めご紹介します。

セキュリティ対策を怠ったために、取引先にまで、マルウェアを感染させてしまったら・・・。ほぼすべての中堅・中小企業がサイバー攻撃を受けていると言われています。専門ベンダへのアウトソース、インシデント時の緊急体制の整備、サイバー保険。セキュリティに関する業務を一人で抱え込まないためのポイントをご紹介します。

「法人向けOCNサービスとは」関連情報

新サービス! OCN光 IPoEサービス

OCN光 IPoEサービス 標準プラン

従来サービスから2倍の帯域設計!
動画サービスなど、混雑の原因となりやすい個人向けインターネット通信のトラフィックを論理的に分離
快適なインターネット利用環境を実現

  • 法人向け設計

  • 従来サービスから2倍の帯域設計!

  • 固定IPアドレス利用可能

OCN光 IPoEサービス ワイドプラン

標準プランから3倍の帯域設計(従来サービスの6倍)
Windows Updateによる通信を
そのほかの業務用の通信から分離。
安定した通信が可能

  • 標準プランから3倍の帯域設計

  • Windows Updateによる通信をそのほかの業務用の通信から分離

OCN光 IPoE vUTMセット

IPoEインターネット接続とクラウド化されたUTMをセットで提供。アップデートや保守はNTT Comが行うため、常に最新のセキュリティ対策を実現。
クラウド利用時のセキュリティ対策にも最適

  • インターネット接続とセキュリティ対策 セットで提供

  • 専門スキルを有する人材不要

  • 常に最新のセキュリティ対策を実現

通信事業者向けローミングサービス

OCNバーチャルコネクトサービス(IPoE接続)

NTT東日本・西日本が提供するIPoEに対応した「フレッツ 光ネクスト」ならびに光コラボレーション回線を、事業者さまの独自ブランドでIPoE方式のインターネット接続サービスが提供できます。

ご検討中のお客さま

ご検討にあたり、ご不明点などはお電話もしくは、お問い合わせフォームで承ります。お気軽にお問い合わせください。

お電話によるお問い合わせ

0120-003300

受付時間:9:00~17:00
(土・日・祝日・年末年始を除く)

このページのトップへ