店舗のインターネット導入 おすすめの回線と選び方

店舗運営には安定したインターネット接続が不可欠です。法人向け光回線は高い通信品質と安定性を備え、POS端末やIoT機器の円滑な動作を支えて、業務効率を向上させます。本記事では、回線選びのポイントと店舗に最適な法人向け光回線を解説します。

従来のPPPoE方式に比べて大容量で、通信が混雑することなくスムーズに行われ、快適で安定した接続環境のため、法人向け回線としても大きなメリットがあります。IPoEは、いったいどのようなサービスなのか、詳しくご紹介します。

【IPoE接続とPPPoE接続】改善とヒント
Case Studies
◆Case1:サービス業 ◆Case2:製造業
◆Case3:建築業 ◆Case4:小売業

PDF 資料ダウンロード ※アンケートに回答いただくとダウンロードボタンが現れます。

ネットワーク環境について、ご意見をお聞かせください。

Q1:ネットワークの見直しについて

Q2:クラウドサービス導入後
   (例:Office365やG Suite)

Q3:今回の訪問の目的は何ですか

店舗のインターネットは「法人向け光回線」がおすすめ

店舗のインターネット回線は個人向けよりも法人向けが適しています。法人向け光回線は個人向けよりも高品質かつ安定しており、セキュリティ機能も充実しているため、店舗運営のリスクを軽減します。
インターネット接続が不安定だと、POS端末やタブレットが正常に動かず、「決済できない」「注文が取れない」といったトラブルが発生します。光回線はモバイル回線に比べて通信速度と安定性に優れているため、ネットワークの停止や遅延による顧客満足度や業務効率の低下リスクを抑えられます。

店舗用インターネット回線の選び方

モバイル回線や光回線は、事業者やプランによって特徴が異なります。回線選びのポイントを説明します。

1. 通信の安定性

通信がデータ許容量を超えると遅延や寸断が発生します。そのため、データ量を考慮して回線を選ぶことが重要です。店舗規模、従業員数、来客数に応じて、データ量が増加します。繁忙時でもPOSシステムやモバイルオーダーシステムが安定して利用できる回線を選定しましょう。

2. 導入・利用開始までのスピード

モバイルルーターやホームルーターはすぐに利用開始できるため、短期間でインターネット接続を必要とする場合に便利です。一方、光回線は工事が必要な場合があり、導入に時間がかかることがありますが、安定した高速通信を提供するため、長期利用に適しています。サービスによって利用開始までの時間が異なるため、希望する利用開始日までに開通が間に合うよう、余裕をもって申し込むことが必要です。

3. 固定IP

IPアドレスは、機器がインターネットに接続する際に使用されます。 IPアドレスには、接続するたびに変わる動的IPアドレスと、変わらない固定IPアドレスがあり、利用用途によって選択が異なります。
具体的には、固定IPアドレスは、サイトやオンラインシステムの公開、リモートアクセス、セキュリティ対策、クラウドサービスの利用、メールサーバーの設定などで利用されます。さらに、固定IPアドレスを指定することで、常に同じIPアドレスを使用でき、安定的な接続とセキュリティを確保できます。

4. セキュリティ対策

セキュリティ対策の設定や維持更新を自ら行うのは、企業にとって大きな負担となります。そのため、インターネット導入時には、強力なセキュリティ機能を備えたサービスを選ぶことが重要です。法人向け回線は、個人向け回線より高度なセキュリティ機能が充実しており、企業が安心して利用できる環境を提供します。

なお、法人名義で契約できるか、初期費用が発生するか、対応エリアを確認することも大切です。インターネット使用料は経費計上が可能であるため、法人名義での領収書が必要な場合、法人名義で契約できるサービスを選びましょう。また、プランや店舗により初期費用が異なる場合があるため、事前確認が必要です。さらに、サービスの対応エリアを確認し、全国対応または利用可能エリア内のサービスを選ぶ必要もあります。賃貸物件では、エリア内でも契約できない場合があるため、建物の管理会社に問い合わせることをおすすめします。

店舗で重要性を増すインターネットのセキュリティ対策

店舗運営では、オンライン決済システムや、クラウド型POSシステムなど、インターネットを活用した業務効率化が進んでいます。
同時に、POSマルウェアなどのサイバー攻撃も増加しています。顧客のクレジットカード情報や個人情報が窃取されると、信用失墜や損害賠償のリスクが生じます。そのため、強固なセキュリティ対策は店舗運営に欠かせません。PCやタブレットのセキュリティ対策だけではなく、契約する回線のセキュリティも確認しましょう。

店舗用のインターネット回線なら「OCN光 IPoEサービス」がおすすめ

店舗のインターネット回線選びにおいては、安定性とセキュリティが重要です。これらを満たす回線として、「OCN光 IPoEサービス」をおすすめします。このサービスは、動画視聴などデータ量の多い個人向け通信を分離し、安定した通信を実現します。IPoE方式を採用しており、従来のPPPoE方式と比べて2倍、接続設備を大容量化しています。そのため、回線が混雑する時間帯でもスムーズなデータの送受信が可能です。
さらに、セキュリティ対策にも優れた特長があります。固定IPアドレスの利用や、セキュリティサービスをオプションで選択できます。さらに、IPoEインターネット接続とクラウド化されたUTM機器をセットで提供するサービスもあり、運用保守をNTT Comが行うため、つねに最新のセキュリティ対策を実現します。個人情報やクレジットカード情報を扱う店舗でも安心して利用できます。

まとめ

店舗のインターネット導入には光回線がおすすめです。特に法人向け光回線は、通信の安定性やセキュリティ対策において、多くのメリットがあります。オンライン決済システムやクラウド型POSシステムなど、インターネットを活用した業務効率化が進む中で、店舗内のIoT機器を快適に活用するためには、利用する機器やデータ量に応じた最適なインターネット回線の選定が重要です。
店舗運営には、安定した通信と強固なセキュリティ対策を提供する「OCN光 IPoEサービス」がおすすめです。

通信速度の改善でお困りではありませんか?

「法人向けOCNサービスとは」関連情報

オンライン会議もサクサク! OCN光 IPoEサービス

企業向けベストプランワイドプラン

標準プランから3倍の収容設計(従来サービスの6倍)。Windows Updateによる通信をその他の業務用通信から分離し、つねに安定した通信が利用可能です。

  • 標準プランから3倍の収容設計

  • Windows Updateによる通信をその他の業務用通信から分離

オンライン会議に最適アプリコントロールA

Windows Updateのトラフィックを分離するワイドプランに、オンライン会議用の独立した帯域をプラス。収容設計もワイドプランの6倍。ストレスフリーなコミュニケーション環境を実現します。

  • ワイドプランから6倍の収容設計

  • オンライン会議用、Windows Update用、一般業務用で帯域を分離

標準プラン

従来サービスから2倍の収容設計。動画サービスなど、混雑の原因となりやすい個人向けインターネット通信のトラフィックを論理的に分離し、快適なインターネット接続環境を実現します。

  • 法人向け設計

  • 従来サービスから2倍の収容設計

  • 固定IPアドレス利用可能

VPNセット

高品質なOCN IPoEインターネット接続と拠点間VPN機能、専用レンタルルーターをセットで提供。IPsecによる暗号化技術により、インターネットVPNによる高品質な拠点間通信を実現します。

  • IPoEインターネット接続と拠点間VPN機能、専用レンタルルーターをセットで提供

  • IPsecによる暗号化技術でセキュアな拠点間通信を実現

vUTMセット

IPoEインターネット接続とクラウド化されたUTMをセットで提供。運用保守をNTT Comが行うため、つねに最新のセキュリティ対策を実現します。クラウド利用時のセキュリティ対策にも最適です。

  • インターネット接続とセキュリティ対策をセットで提供

  • 専門スキルを有する人材不要

  • つねに最新のセキュリティ対策を実現

ご検討中のお客さま

ご検討にあたり、ご不明点などはお電話もしくは、お問い合わせフォームで承ります。お気軽にお問い合わせください。

お電話によるお問い合わせ

0120-003300

受付時間:9:00~17:00
(土・日・祝日・年末年始を除く)

このページのトップへ

法人向けインターネット回線

IPoEサービス

契約社数11万社

OCNが選ばれる理由

最適なプランのご相談など
お気軽にご相談ください

お問い合わせ

法人向けインターネット
サービス詳細

詳細はこちら
契約社数11万社

OCNが選ばれる理由