Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録
  • ICT Business Online TOP
  • 「アンコンシャス・バイアス」への気づきが、イキイキと働ける職場をつくる

    「アンコンシャス・バイアス」への気づきが、イキイキと働ける職場をつくる

    印刷

    近ごろ「アンコンシャス・バイアス」という考え方に着目し、その対処法をマネジメントに取り入れる企業が増えています。アンコンシャス・バイアスとは、無意識の思い込みや偏見を意味し、過去の経験や人の属性などから無意識にものごとを決めつけてしまうことです。

    アンコンシャス・バイアスが企業活動にどのような影響を及ぼすのか、職場などのリーダーはどのようにすればその影響を軽減できるのか、日本におけるアンコンシャス・バイアスの第一人者として研修や講演を数多く手掛ける経営コンサルタントの守屋智敬氏に伺いました。

    イキイキと働くことを阻害する「アンコンシャス・バイアス」とは

    一般社団法人アンコンシャスバイアス研究所 代表理事 守屋 智敬氏

    一般社団法人
    アンコンシャスバイアス研究所
    代表理事 守屋 智敬氏

    アンコンシャス・バイアスは、通常「無意識の偏見」や「無意識の思い込み」などと訳されることが多いのですが、私は「無意識の偏ったものの見方」という言い方をしています。自分の過去の経験や知識、人の属性などから、知らず知らずのうちにものごとを決めつけてしまうことであり、日常のあらゆる場面で起こり得るものです。

    もちろん仕事の現場でも頻繁に起きていて、たとえば小さなお子さんを持つ女性社員に対して上司が「泊りがけの出張は無理だろう」と勝手に決めつけてしまったり、プライベートを大切にする傾向がある社員に対して「昇進には興味がなさそうだ」と思い込んでしまったりすることが挙げられます。

    これらは上司から部下に向けた思い込みですが、逆に部下から上司に向けたケースもあります。たとえばミーティングなどで一度でも、意見が強く否定されると、「自分の意見を聞いてもらえることはないだろう」と決めつけて発言しなくなってしまうのも、アンコンシャス・バイアスの影響のひとつです。

    このような思い込みは、企業活動にも影響を及ぼしかねません。2013 年より、Google は、社員と経営陣を対象に Unconscious Bias @ Work といった研修をはじめとする教育活動をはじめました。さらにシリコンバレーの先進的な企業が続き、近年では国内の外資系企業や一部上場企業をはじめとする多くの企業で、役員・管理職や、全社員を対象に研修が行われています。

    アンコンシャス・バイアスの多くは、人の「自己防衛心」が引き起こしています。自分に都合のいいようにものごとを判断してしまったり、自分の責任を回避したり、自分のことをよく見せたいといった言動を、人は無意識のうちにしてしまうのです。このような自己防衛心による言動は、自然の摂理であり誰にでもあるものですから、アンコンシャス・バイアスがあること自体は問題ではありません。問題なのは、無意識のうちに相手をきずつけていたり、自分のアンコンシャス・バイアスに気づこうとしないことであり、ビジネスの現場においては、さまざまな影響が考えられます。

    最も直接的な影響としては、管理職による「部下にとっては不本意な決めつけ」によって社員一人ひとりがイキイキと働けなくなってしまうことではないでしょうか。新しい発想や異なる視点からの意見が生かされにくくなり、メンバーのモチベーションの低下につながります。同時に人間関係がギスギスしてしまったり、言い訳が多くなったりということも起こり得るためイノベーションも起きづらくなってしまうでしょう。

    「真面目だね」は褒められているのか、バカにされているのか

    アンコンシャス・バイアスの重要なポイントは、“無意識”ということです。知らず知らずのうちに思ってしまうわけですから無くすことはできません。しかし、“無意識を意識化する”すなわち自分のアンコンシャス・バイアスに気づくことによって、バイアス自体を減らしていったり、影響を軽減したりできます。

    リーダーの皆さんに気を配っていただきたいことは、自分の発言や行動をチームのメンバーがどう受け取り、どう感じているかということです。私はこれを「心の後味」と表現しています。たとえば「真面目だね」という一言に対して好意的な感情を持つ人もいれば、逆に少しバカにされたように感じる人もいるのです。自分が言われてうれしいからといって、すべての人がそうとは限りません。そんなときに自分のバイアスに気がつくか否かは、相手の反応をしっかりと捉えているかどうかにかかっています。

    中には、率直に「私は不快です」と自分の気持ちを言葉にできる人もいますが、多くの場合、自分より目上の人に対してそのように言いことは難しいと思います。ですから、言葉に現れない「非言語メッセージ」に気づくことが重要です。もし相手が不快な感情を持てば、それは表情や態度、行動に現れるでしょう。目を合わせなくなる、挨拶が消極的になる、発言をしなくなるなどの変化があるかもしれません。そういった変化を見逃さず、自分の言動が相手に悪い影響を及ぼしていないか、相手を鏡にして振り返るのです。

    アンコンシャス・バイアスが影響を及ぼすのは、人の心理的な面です。気持ちの問題には気持ちで応えることが重要であり、テクニックやスキルというより、相手に真摯に向き合うという“心の持ちよう”が大切であると私は考えています。