日本 Select Language : English 日本語

×閉じる

南北アメリカ

アメリカ: English
ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:

イギリス,
ベルギー,
フランス,
ドイツ,
オランダ,
スペイン,
アラブ首長国連邦
English
日本語
Español
Deutsch
Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録
  • ICT Business Online TOP
  • クラウド
  • Office 365やWindows Updateは怖くない!柔軟なネットワーク構築も“お手のもの”いいことずくめのSD-WAN活用術

Office 365やWindows Updateは怖くない! 柔軟なネットワーク構築も“お手のもの”
いいことずくめのSD-WAN活用術

印刷

Office 365などのクラウドサービス活用で業務の生産性向上、働き方改革に取り組む企業が増えています。インターネット接続が前提となるクラウドサービスを利用することで、企業ネットワークが「遅く」「重く」なるトラブルが多発。その原因はどこにあるのか、どのようにすれば改善できるのかを解説します。

「ネットが遅い」を情シスのせいにされても・・・

ネットワークなどのITに関するトラブル、まず矛先が向かうのは社内の情報システム担当です。「Office 365を導入したのにレスポンスが悪くて仕事にならない」「前の環境に戻した方がよっぽど生産性が上がる」「基幹系データのやり取りまで遅くなるのは問題だ」など、満を持して働き方改革に取り組んだ苦労は台無しになり、社内から聞こえてくる声は否定的な意見ばかり。挙句の果てにはネットワークが遅い、重いのはクラウドサービスの導入を先導した責任者のせいという空気が社内に蔓延し、なんとも釈然としない気持ちになっている担当者も多いのではないでしょうか。

多くの企業では全事業所拠点からのインターネット接続を本社のデータセンターに集約、ファイアウォールなどでセキュリティを確保しています。インターネット接続が前提となるOffice 365などのクラウドサービスを社員が一斉に利用するとトラフィック量が増大。一般的な企業ネットワークは、そこまでのトラフィックを想定して設計されていないため、クラウドサービスが慢性的なネットワークの遅延の原因になるのです。

さらにWindows7のサービス終了を受けて、社内PCのOSをWindows10に切り替えた企業も多いのではないでしょうか。Windows10では強制的に一斉アップデートが行われるため、ここで発生するトラフィック負荷もネットワーク遅延の一因になります。月1回実施されるセキュリティ更新プログラムは日本のお盆期間の真っ只中に実施されており、休み明けにOSのアップデート、クラウドアプリケーションの同期が一斉に押し寄せたことで、PCの起動が遅い、ネットワークがつながりにくいといった声も多くあがっています。

このようなネットワークの遅延問題を解決するキーワードとして覚えておきたいのが「SD-WAN」です(参考:SD‐WAN活用術~拠点間通信篇~)。今回はOffice 365、Windows Updateなどの課題をSD-WANでいかに解決できるのか。そして煩雑なネットワークトラブル対応から情報システム担当者を開放し、本来の業務に注力させるポイントを解説します。

この記事のキーワード