Select Language : English 日本語

NTTコミュニケーションズ

法人のお客さま: English / 日本語
個人のお客さま: English / 日本語

NTT Ltd.

グローバルサイト English

お客さまの課題解決のヒントをお届けするデジタルマガジンICT Business Online

メルマガ登録

ネットも、情シスの負担も軽くなる? 社内説得のために押さえておきたい
いいことずくめのSD-WAN活用術
~拠点間通信篇~

印刷

全国に事業所を展開する企業の多くは拠点間を結ぶ企業ネットワークを導入。円滑なコミュニケーション、迅速な情報連携など、その役割は多岐にわたります。一方で近年では拠点間通信が「遅い」「重い」といったトラブルが多発。その原因はどこにあるのか、どのようにすれば改善できるのかを解説します。

「ネットが遅い、なんとかして」と言われても・・・

ネットワークなどのITに関するトラブル、まず矛先が向かうのは社内の情報システム担当です。「資料のファイルが送信できなくて仕事が進まない」「いつまで報告書のメールを待たせるつもりだ」など、拠点間通信が遅いからなんとかしてと言われても、できることはネットワークサービス事業者に問い合わせることくらいしかありません。しかも事業者からは「原因を調べるので待ってください」「いずれ改善するから様子を見てください」といった定型の回答しか返ってこない。いっこうに遅延は解消されぬまま、肩身の狭い思いをしている担当者も多いのではないでしょうか。

一般的なインターネットVPN

おそらく、こうした拠点間通信の遅延を巻き起こしている原因の多くは、各拠点とVPNを結ぶアクセス回線に「インターネット」を利用していることにあります。不特定多数の利用者が回線をシェアするインターネットは、時間帯やシーズンの利用状況により通信速度が低下します。しかも利用者は法人ではなく、圧倒手的多数の個人が占めるインターネットにおいて、混雑による遅延は避けられないのです。

この遅延のメカニズムをわかりやすく解説します。インターネットを利用するアクセス回線の多くはISPが提供しています。たとえばISPの設備が東京と大阪にある場合、東北の拠点であれば東京、九州の拠点であれば大阪の設備にある入口(アクセスポイント)を経由して各拠点に接続する必要があります。この入口がボトルネックになり通信の遅延が発生します。たとえるなら、大型連休や長期休暇に高速道路の入口が渋滞するようなものです。このような大渋滞の状況がインターネットでは日常的に起きています。

インターネットの仕様に起因する拠点間通信の遅延問題を解決するのがSD-WANです。煩雑なクレーム対応から情報システム担当者を解放し、本来の業務に注力させるSD-WANの魅力を解説します。

この記事のキーワード