ニュース / NEWS

LTO(LEADS TO THE OCEAN)に
ラグビーチームとして初参画!!

  • 住み続けられるまちづくり
  • 海の豊かさを守ろう
  • パートナーシップで目標を達成しよう
シャイニングアークスはSDGs活動に取り組んでいます。

⽇本財団×NPO法⼈海さくら×シャイニングアークス

平素よりシャイニングアークスへのご声援賜り誠にありがとうございます。
この度シャイニングアークスは「NPO法人海さくら」と「日本財団」共催により2015年から取り組まれている「LTO(LEADS TO THE OCEAN海に続くプロジェクト)」に共感し、スポーツの力を通じて海洋環境の改善に寄与したいという思いから、本プロジェクトに参画することとなりました。

活動スケジュールについては別途HPやSNS等でお知らせしてまいります。

スポーツで広がる“ごみ拾いの輪” LTO
(LEADS TO THE OCEAN 海につづくプロジェクト)とは

スポーツと清掃活動を軸に、新たなアプローチで海の環境問題に取り組むプロジェクトです。⽇本最⼤の⺠間財団として半世紀以上、海の問題や社会課題の解決に取り組んでいる「⽇本財団」と、2005年から湘南・江の島にてビーチクリーンを⾏い、清掃活動にイノベーションを起こしてきたゴミ拾い団体「NPO 法⼈海さくら」を中⼼に、2015年7 ⽉から活動を開始。
サッカーチームだけでなく、プロバスケットボール、プロ野球、さらにこの度ラグビー、アイスホッケーからも加⼊があり、競技・チームの垣根を越えて、全17 チームでこのプロジェクトを実施していきます。

海の素晴らしさ、⼈間の⽣活と海がつながっていること、海の汚染状況など、おしつけがましくない形で、多くの⽅の⼼に、そっと寄り添っていける活動を⽬指しております。
各スタジアム・アリーナの外で実施しており、サポーター・ファンの⽅達だけでなく、近隣の⽅でも参加いただける清掃活動です。

山本恭子部長コメント

2018年より千葉県浦安市をホームタウンとして活動しており、練習グラウンドがあるアークス浦安パークは浦安市の海岸線側である高洲地区に位置し、隣接する高洲海浜公園の目の前には広大な東京湾が広がっております。

海が身近な存在である私たちは、昨年度より選手が主体となって浦安市の三番瀬の清掃活動を行ってまいりましたが、このような取り組みのご縁でLEAD TO OCEANにラグビーチームとして初めて参加させていただく事になりました。

また、チームの所属するNTTコミュニケーションズグループでは世界中のコミュニケーションを支える海底ケーブルの敷設事業やケーブル敷設船舶の所持もしており、海とは深いつながりがございます。

浦安市は古くから海苔やあさりなどといった豊富な海の資源に恵まれ、海と共に歴史を歩んできた地域であり、この恵まれた海の資源を守り未来につなげていくため、ラグビーの「One For ALL ALL for One」の精神で、チーム・地域一体となって街・川からゴミを減らし、未来に向けて大切な海を守れるよう取り組んでまいります。

もっと詳しく知る

「LTO(LEADS TO THE OCEAN 海につづくプロジェクト)」は「海と⽇本プロジェクト」”の⼀環として実施します。

「海と⽇本プロジェクト」とは、⼦供たちをはじめ全国の⼈たちが「⾃分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、⽇本財団、総合海洋政策本部、国⼟交通省の旗振りのもと、オールジャパンで推進するプロジェクトです。

「LEADS TO THE OCEAN 〜 海につづくプロジェクト 〜」Webサイト:http://uminohi.jp/
「海と日本プロジェクト」Webサイト:https://www.uminitsuzuku.com/