ニュース / NEWS

5月25日(土)“被災地復興支援”プロジェクト、『体験Arcs!』が開催されました。

『体験Arcs!』は、3月9日に行われた「筋肉Arcs!」同様に参同頂いた方むけの支援コースのひとつです。

体験Arcs!

今回の『体験Arcs!』は、シャイニングアークスに1日入団できる内容となっており、関係者しか入れないクラブハウスの見学や、選手とのランチ会に加え、この日アークス浦安パークで行われるトレーニングマッチ、キヤノンイーグルス戦前後に選手をクラブハウスから送り迎えができ、さらにその試合をVIP席で選手の解説付き観戦ができるというスペシャルな体験コースです。

参加者は小学生から大人までの18名。
受付を済ますと、吹き抜けのエントランスに装飾された特大タペストリーや、チームの歴史を感じる写真を鑑賞しクラブハウスの中へ。

体験Arcs!
体験Arcs!
体験Arcs!
体験Arcs!

参加者へのプレゼントであるシャイニングアークスオリジナルTシャツに着替え、お互いの名前がわかるようネームプレートを作成すると、プレイヤーズルームへ。
高橋信孝チームディレクターより、今回のクラウドファンディングに賛同頂いたお礼を伝え、本日の流れを説明。
続いてシャイニングアークスが社会貢献並びにラグビー普及活動を各地で実施し、ラグビー教室などの取り組みを紹介しました。

体験Arcs!

トレーニング中の選手に代わり、高橋チームディレクターのアテンドで、普段は関係者のみ出入りできるクラブハウス内見学へ。

1階のグランウンドから直接入れる設計になっているスパイク置き場では、カラフルな選手のスパイクが“映える”と言って、皆さんカメラを向けていました。

体験Arcs!
体験Arcs!

ロッカールームの前にはチーム組織図や試合のタックルデータなどが貼ってあり、高橋チームディレクターが解説。

体験Arcs!
体験Arcs!

すると、トレーニングを終えた選手たちが続々とロッカールームへ出入りし、参加者の真横を通過していきます。
関係者のみ出入りできる場所だからこそのうれしいサプライズに、参加者は大喜びでした。

体験Arcs!

屈強な肉体を作り上げているコンディショニングルームやハイパフォーマンスルーム
などいつも選手達が利用している場所をゆっくりと見学して頂き、ダイニングルームへ来ると、テーブルに用意されたお弁当と選手たちがお出迎え。
各テーブルに参加者と選手が一緒に座り談笑しながら昼食タイム。

体験Arcs!
体験Arcs!

選手たちも食べている栄養バランス抜群のお弁当を食べ終えると、各テーブルで記念撮影などを行い、選手達との交流を楽しんで頂きました。

体験Arcs!
体験Arcs!

昼食が終わると、本日のメインイベントのひとつでもあるトレーニングマッチ、vsキヤノン戦前の選手をクラブハウスから送り出す“The Game Day with Arcs”。
チームの一員となり、ハイパフォーマンスルームからグラウンドへ出てくる選手を声援とハイタッチで送り出します。

体験Arcs!
体験Arcs!
体験Arcs!
体験Arcs!

2階のテラス席に用意されたVIP席へ移動すると、選手と一緒に試合観戦。
出場選手の特徴やプレー中の心境など選手ならではの実況がスタート。
「今はどんな反則だったのか?」など参加者からの質問にも選手達は丁寧に答えていました。

体験Arcs!
体験Arcs!

この日はホームタウン・浦安での今シーズン初ゲーム。本拠地でファンに勝利を見せたいアークスは強力スクラムが威力を発揮し、50-24と見事な勝利をおさめました。
(キヤノン戦試合レポートはこちら

迫力あるプレーを現役選手による生解説で見るという贅沢な試合観戦を楽しんでもらうと、
試合を終えた選手たちを迎えるため再びグラウンドへ。

選手達を拍手で迎えると、サイン会がスタート。
シャイニングアークスオリジナルTシャツにサインを書いてもらったり、一緒に撮影をしたり、
普段のグリーティングタイム以上の交流を存分にお楽しみ頂き『体験Arcs!』は無事に終了しました。

体験Arcs!
体験Arcs!
体験Arcs!
体験Arcs!

この日は朝から気温が高く、昼過ぎまでに広い範囲で最高気温が30度以上の真夏日となりました。
小さなお子さんも暑さに負けず最後までチームの一員として『体験Arcs!』を満喫して頂き、「大好きな選手が目の前にいて夢みたいでした!」と大満足して頂きました。

体験Arcs!

今後もシャイニングアークスはラグビー普及発展はもちろん、ラグビーを通じて社会貢献できるよう、引き続き様々な取り組みを展開していきます。

「ラグビーを通して被災地支援!「第5回シャイニングアークスカップ」プロジェクト」は3つの支援コースを実施し、集まった金額は、総額39万円。すべて「シャイニングアークスカップ」の運営費に充てられました。被災地復興支援と小学生ラグビー普及の理念に共感してくださった皆様、本当にありがとうございました。