ニュース / NEWS

シャイニングアークス所属選手に関する対応について

NTTコミュニケーションズシャイニングアークス所属のアマナキ・レレィ・マフィ選手(以下アマナキ選手)が関与したニュージーランドにおける7月14日に発生した暴行事件につきまして、ラグビーファンの皆さま、ラグビー関係者の皆さまに多大なるご心配、ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

本件については、会社としては、アマナキ選手に対し、事件発生より約4か月に亘り、自宅謹慎や公式戦出場自粛等を求めるとともに、本人と十分な話し合いの場を設け、反省の度合いや今後の行動変革に関する覚悟等を慎重に見極めてまいりました。

本件は、今もなおニュージーランドで刑事手続が継続しており、まだ相当期間にわたって継続されることが予想されることをふまえ、会社としての最終的な処分内容は、司法判断をもって決定していく考えでありますが、これまでの話し合いの経過やアマナキ選手の深い反省の意、ならびにアスリートとしての今後の可能性等を総合的に勘案した結果、公式戦への出場機会は与えるべきと考え、2018年11月24日から公式戦へ出場させることとします。

今後においては、グラウンド内外におけるスポーツマンシップの発揮や、インテグリティの体現について指導徹底して参ります。

また、引き続き、チームとして、今後二度と同様の事態を起こさないよう、他の選手、スタッフへのコンプライアンス教育などを徹底してまいります。