ニュース / NEWS

アークス浦安パークで初めての“ラグビーフェスティバル”が行われました!

6月30日(土)、アークス浦安パークで行われた『NTTラグビーフェスティバル』は
NTTラグビーOBや、同じ浦安市に本拠地を持つJAL WINGSなど幅広いカテゴリーの熱い試合が行われました。

メインゲームの“NTTダービー”では、スポーツテレビ局『J Sports(ジェイ・スポーツ)』のラグビー解説でおなじみの矢野武さんが実況を担当し、両チームのトライシーンなど迫力満点に伝え、会場を盛り上げて頂きました。
また、シャイニングアークスの選手たちによるラグビー体験教室も開催されるなど、アークス浦安パークの魅力を活かしたイベントとなりました。

ラグビーフェスティバル
ラグビーフェスティバル
▲ 東日本OB vs 西日本OB
ラグビーフェスティバル
▲ NTT日比谷SunShiners
ラグビーフェスティバル
▲JAL WINGS vs SNAILS

この日は前日(29日)に梅雨明けしたこともあり好天に恵まれ、緑まぶしい天然芝グラウンドには早朝から元気に駆けまわるのは浦安市のタグラグビーチーム、浦安ウイングスの子供たちです。

地域住民の方々に普段シャイニングアークスの選手たちが練習しているグラウンドを使用してもらうことで、アークス浦安パークをより身近に感じて頂きスポーツ活動に親しんでもらいたいという思いからグラウンドの地域開放を行いました。

ラグビーフェスティバル
ラグビーフェスティバル
ラグビーフェスティバル
ラグビーフェスティバル

▲ 浦安ウイングスの子供たちは、JAL WINGS vs SNAILS戦のボールボーイを務めてもらいました。

シャイニングアークスの選手たちによるラグビー体験教室では、年齢制限などを設けず、誰でも気軽に参加できる形にし、多くの子供たちが参加してくれました。

ラグビーフェスティバル
ラグビーフェスティバル

ラグビーボールにはじめて触れる子や3歳未満の子供たちはラグビーボールを持つのもやっとな様子でしたが、ボールを持って走ったり、マーカーコーンにタッチしたりと一生懸命取り組んでいました。

ラグビーフェスティバル
ラグビーフェスティバル

最後はラグビーボールを使った鬼ごっこ。
鬼役である選手たちを子供たちは本気で追い駆けていました。
グラウンドには子供たちの笑い声が自然と響き、ラグビー体験教室が終わる頃には、選手との距離がだいぶ縮まっていました。

ラグビーフェスティバル
ラグビーフェスティバル
   

グラウンド外ではキッチンカーや今シーズンからオフィシャルサプライヤーとなったアンダーアーマーのアパレルアウトレットセール、ダイドードリンコの飲料サービスなどの出店が登場。ベンツカフェには金正奎選手の姿もあり、多くの方に喜んで頂きました。

ラグビーフェスティバル
ラグビーフェスティバル

そして、NTTダービーではアークス浦安パークの傍にある東京学館浦安高校のラグビー部がボールボーイを務め、チアダンス部は入場花道やハーフタイムショーを華やかに演出してくれました。息の合ったパフォーマンスに来場者からは大きな拍手が送られ、工夫を凝らしたエンターテイメントショーでNTTダービーをさらに盛り上げてくれました。

ラグビーフェスティバル
ラグビーフェスティバル

この日は日中の最高気温が30℃以上の真夏日となり、グラウンドには強い日差しが照り付けました。暑い中お越しいただいたファンの皆様、地域の方々、浦安市をはじめ関係者の皆様、本当にありがとうございました。
シャイニングアークスは今後もアークス浦安パークでのイベント等を通じ、
ファンの方や地域の方々とより多くの交流機会を持ちたいと思っております。

ラグビーフェスティバル
ラグビーフェスティバル
ラグビーフェスティバル

※当日のNTTダービー(vs NTTドコモレッドハリケーンズ)の模様は試合レポートをご覧ください。