ニュース / NEWS

シャイニングアークスの新ホームグラウンド正式名称・新ジャージ解禁!!

4月24日(火)、浦安市高洲八丁目に新設された「アークス浦安パーク」の完成を記念し、多くの関係者をお招きし新グラウンドがお披露目されました。

スクリーンには沢山いただいたご応募の中から決定した「アークス浦安パーク」と新グラウンド名称が映し出されました。

続いて鶴谷知憲選手、鶴谷昌隆選手が、今シーズン新しくなったファーストジャージとセカンドジャージをそれぞれ着用し、グラウンドでお披露目もされました。

▲ 鶴谷ツインズ(左:昌隆 右:知憲)

今回のお披露目会は、新グラウンドの主要設備を選手達が紹介するツアー型となっており、グラウンドでは目崎啓志選手(写真右)が国際規格のゴールポストやLED照明の紹介に加え「天然芝なのでスクラムの練習をやっても全然剥がれません」と実際に利用した感想も交えた説明をしました。

須藤拓輝選手がアテンド、溝口裕哉選手はサポートスタッフとして見学会参加者をスムーズにご案内。

▲ 須藤選手
▲ 溝口選手

ロッカールームでは沼尻大輝選手が木製ロッカーを紹介。
「全員が向かい合えるレイアウトになっています」とこだわりも説明しました。

ダイニングルームではドリンクやお菓子も用意されており
「一時休憩してくださいね」と見学参加者への気配りを見せる西橋勇人選手。

お披露目会では設備紹介だけではなく「スポーツ×ICT」を推し進めるNTTコミュニケーションズの事業内容についても紹介があり、種本直人選手(写真左)、上田竜太郎選手(写真右)がデモ体験する様子も見学することができました。

クラブハウスの2階では展示が行われ、歴代のチームジャージやNTT×スポーツついての活動内容、自治体からは浦安市そして毎年キャンプを行っている北海道津別町にもお越しいただきました。

また、VR体験やシャイニングアークス歴代PVのダイジェスト映像など様々なコーナーもありました。

お披露目会を終え、「アークス浦安パーク」で新たなスタートを切ったシャイニングアークス。最高の設備と環境の中、練習にもより一層熱が入り更なる高みを目指して行きます。強く、愛されるチームに成長していく選手達の姿に期待し、引き続き応援よろしくおねがいします