試合日程・結果 / FIXTURES & RESULTS

2019年1月19日11時30分 KICK OFFジャパンラグビー カップ 総合順位決定トーナメント戦 2回戦

NTTコミュニケーションズシャイニングアークスNTTコミュニケーションズシャイニングアークス

vs

キヤノンイーグルスキヤノンイーグルス

62vs21

前半19 - 14

後半43 - 7

シーズン最終戦は10T快勝!有終の美にロブ・ペニーHCは「素晴らしい形で終えることができた」

試合写真

最終戦を迎えた2018-2019シーズン。

トップリーグ総合順位を過去最高タイの5位で終えたNTTコミュニケーションズ シャイニングアークス。(以下アークス)

1月19日(土)は、今季新設の「トップリーグカップ」総合順位決定トーナメント2回戦(7・8位決定戦)に臨み、愛知・パロマ瑞穂ラグビー場で、キヤノンイーグルス(以下キヤノン)と対戦しました。

勝てばカップ戦7位が決定。来シーズンへつながる勝利で締めくくりたいところでした。

試合写真

相手となったキヤノンは、リーグ戦2勝1分4敗で総合12位。

今シーズンは初対戦ですが、実は昨シーズンも最終戦で戦っており、この時はアークスが38-32で勝利しました。

試合写真

アークスのシーズン最終戦メンバーはこちら!

ゲーム主将はFL鶴谷昌隆が務め、ハーフ団はSH湯本睦とSO小倉順平。

リザーブには先週に続いてPR楢山直幸が入り、FL栗原大介はリーグ戦第4節以来のメンバー入り。

また今季7人制日本代表としても活動したトロケマイケルが、リーグ戦第7節以来2試合目のメンバー入りを果たしました。

試合写真

【途中交替/前半4分】WTB石井魁→石井勇輝

前半のアークスは苦戦からの逆転劇を披露。

FL鶴谷ゲーム主将は前半の戦いぶりについて「苦しい展開の場面が多かったですが、そこから自分たちのラグビーができました」と振り返りました。

その言葉どおり、序盤はキヤノンが前半17分、21分に連続トライ。

アークスは序盤で積極的にボールを保持し、FLヴィリー・ブリッツ、NO8アマナキ・レレイ・マフィらの突進を交えながら、多彩なアタックを披露。

しかしミスや相手防御により得点ができず、14点(0-14)を追いかける展開になりました。

試合写真

アークスのファーストトライは前半28分。

連続攻撃のなか、LOロスアイザックからパスを受けたSO小倉が、無人の防御裏へキック。

これをチェイスしたCTB石橋拓也が、難なく捕球してゴール下に鮮やかなトライ。

コンバージョン成功でスコアは7-14に。

試合写真

攻勢を強めるアークス。3分後にはSH湯本のクイックスタートから敵陣深くに入り、右隅で数的優位に。

ここで直前に幻のトライがあったHOアレックス・マフィが、優れたボディバランスで右隅にチーム2トライ目!

ゴールは失敗も2点差(12-14)に。チームを勢いづけました。

試合写真

アークスの勢いは止まりません。

ハーフ付近からFLブリッツが相手を弾き飛ばしてビッグゲイン。サポートのFL鶴谷ゲーム主将につなげ、インゴールを奪取!

3連続トライの逆転劇について、鶴谷ゲーム主将は「マインドチェンジをできたことはすごく成長できた部分」とコメント。

19-14とリードして後半へ向かいました。

試合写真

後半は開始1分の鮮烈トライ。

南アフリカ代表の前指揮官であるキヤノンのアリスター・クッツェーHCは、ターニングポイントとして後半最初の失トライを挙げました。

後半1分、相手SHのキックをキャッチしたのは前半途中出場の石井勇輝。

ハンドオフをまじえて一気に抜け出し、相手の勢いを削ぐ後半最初のトライ。ゴール成功でリードを12点(26-14)に広げます。

試合写真

そして今季躍進のスクラムが爆発したのが、後半7分。

アークスのタイトファイブ(FW前5人)は、PR庵奥翔太、HOアレックス・マフィ、PR三宮累、LOロバート・クルーガー、LOロスというメンバー。

迎えた敵陣ゴール前でのマイボールスクラム。このスクラムトライを狙える場面で見事に押し込み、レフリーがペナルティトライを宣告。リードは19点(33-14)にさらに拡大。

その上、相手7番が不当なプレーでシンビン(10分間の一時退場)に。スクラムトライから流れを引き寄せます。

試合写真

相手が14人となり、一気呵成のアークス。

頼れるNO8マフィが、タックルから相手反則(オフサイド)を誘発する奮闘を見せ、敵陣ゴール前に侵入。

この得点機にFW一体のモールを組み、そのままインゴールに突進。NO8マフィがスコアラーとなり(ゴール失敗)、リードは24点(38-14)に。

試合写真

さらに後半13分でした。

FBルテル・ラウララの突破からSH湯本→WTB羽野一志とつないで、右中間でスコア。
アークスの攻撃が止まらず、リードはついに31点(45-14)となります。

試合写真

【途中入替/後半14分】 PR三宮累→レイルアマーフィー/CTBブラッキン・カラウリアヘンリー→トロケマイケル
【途中入替/後半18分】LOロバート・クルーガー→中島進護

なんとか天秤を戻したいキヤノン。

しかしLOロスが怪力で攻撃を寸断すれば、この日好調のキックでエリア合戦を制したSO小倉は、持ち前の快足でもビッグゲインを連発。

しかしキヤノンも後半21分、ラインアウトのサインプレーから1トライを返します。21-45。

試合写真

【途中入替/後半22分】PR庵奥翔太→楢山直幸/HOアレックス・マフィ→三浦嶺
【HIA/後半23分→後半33分】中島進護→栗原大介
【途中入替/後半28分】SH湯本睦→鶴田諒

ところがアークスはここから3連続トライ。

後半33分、途中出場の三浦嶺のラックファイトからターンオーバー。

ビッグゲインからさらに相手ゴール前でもうひとつターンオーバーを重ね、最後は右隅でLOブリッツがジャンピングトライ!21-50

試合写真

【途中入替/後半35分】FL鶴谷昌隆→栗原大介

そのブリッツは直後に相手ノックオンを誘う好タックル。

ここでこぼれたボールをFBラウララが足技をまじえて独走トライ。

リードは36点(57-21)に広がります。

試合写真

アークスの今シーズン最後の見せ場は、後半ロスタイム。

敵陣で攻撃中にフルタイムのホーン。ここでボールをタッチに出せば試合終了ですが、アークスはプレーを切らずに波状攻撃を継続。

相手がペナルティを犯すと、ここでもアークスはPG(ペナルティゴール)などを狙わずにスクラムを選択。トライを獲りきる覚悟を見せます。

試合写真

始まったロスタイムの攻撃。

ミスがあれば終わりのラストアタックで、敵陣ゴール前に侵入。

最後は途中出場のSH鶴田諒が左へ持ち出し、石井勇輝、トロケマイケルとボールがつながり、左隅にチーム10トライ目!

試合写真

最終的なリードは実に41点(62-21)。

最後までスコアを重ね続けたアークス。今季ラストゲームを10トライ大勝で締め、2018-2019シーズンを終えました。

試合写真

試合写真

試合写真

ロブ・ペニーHCの声

ロブ・ペニーHC

シーズンを素晴らしい形で終えることができて良かったです。今日は11時30分のキックオフでしたが、良い準備をしてたくさんの良いスコアができました。

良い発展を遂げていることが、このスコアにつながったと思います。このチームが目指しているラグビーができています。

NTTコミュニケーションズの発展は、この先のトップリーグに良い影響を及ぼすと思います。

5年前のNTTコミュニケーションズは、11位が最高順位でした。いまはトップ4にかなり大きなプレッシャーをかけることができています。そこは満足しています。

FL 鶴谷昌隆ゲーム主将の声

鶴谷昌隆選手

前半に苦しい展開の場面が多かったですが、そこから自分たちのラグビーができました。一人ひとりがマインドチェンジをできたことは、すごく成長できた部分だと思います。

最後にしっかり勝利で自分たちのラグビーを遂行できました。チームにとって素晴らしい経験だったなと思います。

PR 庵奥翔太選手選手の声

庵奥翔太選選手

――今季ラストゲームにどのような意気込みで臨みましたか?

楽しんでやること、そしてノンメンバーのためにも僕たちがチームの代表として戦う、というつもりで臨みました。

――今日は素晴らしいパスをいくつも披露していました。アークスにきてパススキルは向上しましたか?

そうですね。栗原(徹)スキルコーチを始めとして、フロントローにも親切に教えてくれました。フロントローのための(パスの)スペシャルメニューもありました。すごく感謝しています。

――スクラムからのペナルティトライもありました。今日のスクラムを振り返ってください。

この一年間きつい練習をしてきましたが、やってきたことを出そうとみんなで話していて、そこはできたのではと思います。来シーズンにつながるスクラムを組めました。

――今日のご自身のプレーの点数と、チームとしての点数を教えてください。

自分は課題もあったので65点。チームは勝ったので100点じゃないでしょうか。僕らのアタックを相手が嫌がっていたと思うので、そこは狙い通りです。

――ファンの皆さまへメッセージをお願いします。

トップリーグでは開幕戦から2連敗して、厳しい時期もありましたが、最後までサポートしてくれたファンの方々に心から感謝しています。

来シーズンはもっと強いシャイニングアークスを見せられると思うので、引き続き応援よろしくお願い致します。

CTBトロケマイケル選手の声

トロケマイケル選手

――途中出場から今季2試合目の出場。トライもありました。

自分としては、入ってどれだけチームに貢献できるかが課題で、もうちょっとできればと思いましたが、最終的にトライも取れて勝利に貢献できたと思います。

――今季は7人制日本代表としても活動しました。

ドバイなどいろいろ遠征に行きました。セブンズ日本代表として合宿などに行くことは光栄です。

ただアークスファミリーは特別なものなので、切り替えは難しかったですが、最終的にここで出場機会をもらい、ピッチに立つことができて嬉しかったです。

――最後にファンの皆さまへメッセージをお願い致します。

シャイニングアークスのファンの方々はみなさん温かくて、いつも足を運んでくれます。その熱心さは選手みんなが分かっています。ファンの皆さんの期待に応えるために、これからもプレーしたいと思います。

試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真
試合写真

*公式戦フォトギャラリーはこちら
会員登録(無料)でご覧いただけます!