インタビュー / INTERVIEWS

Newface Interviewニューフェイスインタビュー

ピリ・パラオネ ピリ・パラオネ

ユーティリティ性溢れる快足バックス!
ニュージーランド北島の人口3千人の町・ヘレンズビルの出身で
才能ひしめく首都ウェリントンの代表を経験
切れ味鋭いランと強靱なフィジカルも武器
意外な趣味も持つ24歳、初参戦するトップリーグへの意気込みとは?

多彩なスキルで魅了
王国ニュージーランドからやってきた多機能バックス

NZ首都ウェリントンの代表チームを経験

出身はラグビー王国ニュージーランドですね。

ニュージーランドのヘレンズビル(Helensville)で生まれ育ち、7歳から地元のラグビークラブで競技を始めました。

育ったヘレンズビルのカイパラ・カレッジ(Kaipara college)の1軍で3年間プレーして、その後はウェリントン・カレッジ(Wellington college)の1軍で1年間活動しました。

首都ウェリントンの代表チームにも選ばれていますね。

ウェリントンのペトーニ(petone)で7年間プレーしていたのですが、まず2015年にウェリントン・ライオンズ(クラブの地域代表チーム)のアカデミーに所属しました。

そして2020年にウェリントンの代表チームに選ばれ、マイター10カップ(NZ国内最高峰大会)に出場しました。その後日本にやってきました。

ピリ・パラオネ

アークスは「自分の強みを活かせる」 
日本食は「何でも美味しい」

今回が初めての来日でしょうか?

一度だけ日本に来たことがあります。ウルフパック(日本代表候補チーム)との試合のために来日しましたが(2019年4月20日/千葉・市原/ウルフパックvs.ハリケーンズB)、1週間以上滞在するのは今回が初めてですね。

日本の印象はいかがですか?

日本の文化、人が好きです。お互いを尊敬している人々だと思いますし、正直で優しい性格の方が多いですね。チームメイトはみんな正直で優しい、という印象です。

住んでいる浦安も素晴らしいです。カフェなどによく行っています。浦安で食べる日本食は何でも美味しいですね。特に焼き肉が大好物です!

ラグビー以外で熱中できることは?

音楽ですね。2年前くらいからパソコンで作曲もしています。ヒップホップやR&B、テクノなど色々な種類の音楽を作っています。あとは友人、家族と時間を過ごすことが楽しいです。

パラオネ選手が作った曲を聞くことはできますか?

聞いてもらうほどではありません(笑)。ただの趣味です(笑)。

ピリ・パラオネ

いざ初参戦のトップリーグへ。
「皆さんをエキサイトさせることにフォーカス」

シャイニングアークスはどんな印象ですか?

展開してアタックしていくスタイルで、ランなど自分の強みを活かせると感じています。あと来日後に改めて分かったことですが、施設が素晴らしいです。

ご自身のプレースタイルは?。

1ボールを持って走ることが好きですね。あとは基本的なプレーであるキャッチ&パス、タックルも得意です。

これまで経験したポジションは?

スクラムハーフ(9番)、スタンドオフ(10番)。あとはセンター(12番)、フルバック(15番)。たくさんあります。

では今シーズンの意気込みをお願いします!

今シーズンはスタート(先発)に選ばれることが目標です。そして試合でファンの皆さんをエキサイトさせることにフォーカスしたいです。

日々、自分の実力を向上させるためにプロフェッショナルな意識をもって向上していきたいと思っています。応援よろしくお願いします。

ピリ・パラオネ

今年の意気込みを一言で表すと…

今年の漢字1文字

ピリ・パラオネ

生年月日
1996/8/2
身長/体重
173cm/88kg(インタビュー時)
出身地
ニュージーランド
略歴
ニュージーランド北部のヘレンズビル出身。
7歳から競技を始めて地元のカイパラ・カレッジを経てウェリントン・カレッジでプレー。ウェリントン地区の強豪クラブ・ペトーニで活動を続け、ウェリントン地区の代表チーム「ライオンズ」に選抜。
2020年はウェリントン代表としてNZ国内最高峰大会「Mitre10」にも出場した。
音楽制作が趣味のひとつ。