選手FOCUS / IN FOCUS

鶴田 諒 Ryo Tsuruda

バックス・WTB

今シーズン、ルーキーながらトップリーグ試合出場を続けた。普段の本人は、自ら人見知りと言うように静かなタイプだが、試合になると自分でボールを持って相手の只中に突っ込んでいく。そのギャップが面白い。

鶴田 諒

誘われるままに、ラグビーを続けてきた。

――ラグビーとの出会いを教えてください。

中学3年のとき選択授業にラグビーがあって、友達もみんなラグビーをやるからという理由でラグビーの授業を選択しました。そして、当時学校にあったラグビー部っていうのは「季節部」と言われていて、ラグビーの大会が近くなると、色々な部から運動神経の良さそうな人が強制的に寄せ集めでチームを作っていました。自分も声をかけられて、最初はやる気はまったく無かったんですけど、ラグビー部の監督が教頭先生で、すごく怖い人だったので断れない状況でした。

――当時はラグビー以外のスポーツは?

ハンドボール部に所属していました。学校での競歩大会とかありましたけど、走るのは一応速かったので、そこでも自分は速い方でした。

――半ば強制的なラグビーとの出会いでしたが、実際にプレーしてみて感想は?

特に面白いとも感じず、ほとんど何も考えずにやっていたというか、特別な気持ちを持たずにやっていましたね。当時はCTBのポジションでしたが、ハンドボールはとにかくステップを切る競技なので、人をかわすのは結構上手く出来ていました。でも体をぶつけるのは慣れていなかったので、タックルは全く出来なかったです。

――それでも高校は山梨のラグビー強豪、日川高校へ進学を決めます。その理由は?

日川高校の監督が家に来て、「高校でもラグビーをやらないか」と言ってくれたんです。最初は高校でもハンドボールを続けようと思っていたんですけど、中学最後の試合で、あの怖かった教頭先生に褒められたことが嬉しかったし、その試合を見ていた日川高校の監督に誘われたことも嬉しくて、高校ではラグビーをやろうかなと考え直しました。日川高校は進学校なので、学力に不安があったんですけど、何とか推薦入試の試験に受かりました。

――日川高校の練習はどんな内容でしたか?

伝統のある学校で、入部した最初からショッキングなことがありました。入った当初は仮入部の状態だったのですが、山梨の総体が5月にありまして、決勝で日川高校が桂高校に負けてしまったんです。バスで学校に帰ったんですけど、バスの中の雰囲気がものすごく暗くて、帰ったあとそのまま部室で座っていたら「グラウンドに出ろ」と監督に突然言われて、着替えてグラウンドに出たら、延々とタックルの練習が始まって、家に帰れたのは夜の11時でした。まだ仮入部の状態でしたから、この先思いやられるな(笑)と不安になりました。

――日川高校でもCTBのポジションでしたか?

高校1年の夏くらいにはWTBもやるようになりました。でも1年の冬に、膝の前十字靭帯を切ってしまって手術をしたんです。復帰できるのは僕らの代に切り替わる頃の予定でしたが、他にSHのポジションの人がいなかったこともあって、そこで監督がSHを僕にやらせようと思ったみたいです。「リハビリ中はパスをずっと放っておけ」と言われました。

――どれくらいの期間リハビリしていたのですか?

半年くらいです。パスはずっと自己流で練習していたので、今になっても変な癖が抜けていないんですね。とりあえず、僕パスが下手なんですよ(笑)。膝の怪我をしていたので、パスをする時の重心の移動とか、体の使い方がちゃんと出来ずに、手だけで投げてしまっていました。そういう癖が今も残っていると思います。

――鶴田選手はランプレーも持ち味だと思いますが、そのプレースタイルは高校からですか?

復帰していきなりSHをやらされたので、何をやっていいのか全くわからなくて、パスだけ放っていてもつまらないし、自分でボールを持っていこうかなと思って。それが今の自分の持ち味としていい方向につながっているのかもしれません。

――高校3年の最後の試合は花園出場は果たしましたが、1回戦敗退という結果でした。どんな思いだったのでしょう?

正直言うと、勝てる相手だと思っていたので、相手を舐めていたのかもしれませんが、こんなはずじゃなかったのにという思いのまま、気が付いたら負けてしまいました。納得できないうちに終わってしまいましたね。

――高校卒業後は東海大学へ入学します。なぜ東海大に進学を決めたのでしょう?

最初は、日体大に行きたいと監督には言っていました。高校の監督が日体大のOBでしたし、回りの人たちも日体大の方が多かったので。けれど、日体大からは声がかからず、高校3年の夏に東海大の監督に声を掛けていただいて、他にも地元の大学や他県の大学からも誘いはいただいていたんですけど、声を掛けていただいた中で、関東大学リーグ戦1部の学校は東海大だけでしたので、ラグビーやるなら1部でプレーしたいという思いもあり東海大に決めました。

――鶴田選手が入学した頃から東海大の躍進が始まります。当時はどんな練習をしていたのでしょうか?

最初はかなりきつかったです。1、2年の頃は結構しごかれましたね。練習時間が長い上に練習内容も濃くて、今までに知らなかったことを色々教えてもらって、その経験が今の自分の土台になりました。3、4年のときは練習で山を走ったりもしていて、精神的にはかなり鍛えられましたけど、つらかったですね。

――どんなところが今の土台になっているのでしょうか?

細かく言うと、パスをする時の動作などのスキルです。ボールの持ち方一つで視界が変わってくるので、前よりも早くパスを出せたり、スムーズに投げられたり。ランニングのフォームも改善しました。ランニングのフォームは東海大の陸上の先生が直々に見てくれて、陸上のフォームも取り入れました。プレーの幅が広がったというのはあります。

――1年生からレギュラーに選ばれていたそうですね。また東海大はリーグ1位が続きました。プレッシャーも感じたと思いますが、チームはどんな状況でしたか?

2年生の時に初めて大学選手権で準決勝まで上がって、国立で試合が出来ることになりました。そこで早稲田と対戦するんですけど、その時は国立に行けたということで、チームとしても満足してしまった部分があって、早稲田にはだいぶボコボコにされてしまいました。3年生の時は、決勝まで進めて今度は帝京大学と対戦しました。皆も良い雰囲気で試合に臨んだんですけど、あと一歩足りなくて、1点差で負けてしまったんです。その時は僕らの代が11人くらい出場していました。だから来年こそは、東海大は優勝できると周りからも言われていたのですが、4年の大学選手権の決勝で、また帝京に負けてしまいました。対抗戦とリーグ戦の「戦いの重み」が違うんだなと思いました。対抗戦で帝京大は、早稲田や明治、慶応などの伝統校と対戦してきていて、やっぱり厳しい試合を乗り越えてきているんですね。自分らはリーグ戦で、圧勝する試合がほとんどでしたので、そういう勝負の経験の差というか、「勝ちへの執念」の部分で負けてしまったのかなと、今では思います。

――学生のセブンス(7人制ラグビー)日本代表にも選ばれていましたね。

4年の夏頃に選ばれました。2年生の頃に「練習生」としてセブンスのセレクション合宿に初めて呼ばれて、4年生になってやっと大会に参加できるようになりました。東海大は春シーズンになると、全体練習が終わってからセブンスのメンバーだけで1時間セブンスの練習をしていました。東海大はかなりセブンスが強かったんです。色々な大会で優勝していました。

――セブンスをプレーする時に特に意識していることはありますか?

僕はそんなに変わらないですね。自分のことは個人技が優れているとは思わないので、ボールを持っていって、相手を引き付けてパスをする、そういうプレースタイルでいつもいると思います。でも今は、自分でボールを持って行き過ぎてしまう場合があるので、そこをもっと味方にパスが放せる視野があればいいなと、いつも思っています。

――東海大の同期のメンバーもトップリーグへ行く選手が多かったと思います。卒業後の進路はどのように考えていましたか?

周りの皆は色々なチームから声を掛けてもらっていたんですが、僕は全然声を掛けてもらえなくて...。自分でも卒業後の進路のことは漠然としか考えていなかったんです。大学3年生まではラグビーで就職するなんてことは全く考えていなくて、それで4年生になる前に、監督から「そろそろ進路の話をしないといけない」と言われて、初めて考え始めました。その頃に、あるチームから声を掛けていただいて、声を掛けてもらった事が嬉しくて、僕もそのチームに決めようとしていました。けれど、そのチームに就職するとなると、関東から離れなくてはいけないので、そこだけは少し悩みました。それで悩んでいる時にNTTコムから声を掛けていただきました。

――東海大3年時、2009年度の日本選手権ではShiningArcsと対戦しました。

その試合は結構ShiningArcsに勝てそうな展開だったんですけど、自分が得点を逃すミスをしてしまって...。でもそのミスしたおかげでNTTコムから声を掛けていただいたんじゃないかなと(笑)。勝たせてくれてありがとうみたいな。それは冗談ですけど、やはりその試合は忘れられない試合のひとつです。

もっともっと上を目指していきたい。

――今季入団したてのルーキーですが、既に先発選手として活躍されています。トップリーグで戦ってみてどうですか?

初戦のヤマハ戦では大差で負けてしまって、やっぱり上の強いチームとの差がまだあるのかなと、正直感じてしまいました。けれど、神戸製鋼には勝つことができたし、今は強豪チームとも接戦になることも多いです。まだこれからも成長していくチームだと思います。自分としてもそういうチームが好きで、チームの力が伸びていくことが実感できるので、このチームに入れて幸せだなと思っています。

――SHはチームをコントロールする場面が多いと思います。先輩方を動かすのは大変ですか?

自分の元々の性格が、あまり指示を出すタイプではなくて、黙々とプレーに徹するタイプなんです。だから「もっと声を出した方が良いよ」とか、「もっと好きにプレーをして良いから」とアドバイスはもらっていて、そこはもっと自分を変えなきゃいけないと思っています。自分は結構人見知りをしてしまうので、性格は変えていかないとだめですね。

――社会人になって、プレーで意識するようになった事はありますか?

やっぱりチームのプレーに自分を合わせていくということですね。今までは結構自分勝手にやっていた部分もあるので、SOの指示を的確に聞いて、その指示の中で自分が判断するという冷静さは身についてきたのかなと思っています。このチームには凄い選手が多いので、安心してパスを出せたり、自分でも勝負するときは勝負できるので、凄くいいテンションでプレー出来ています。

――鶴田選手と同じように、東海大の同期の選手も既にトップリーグで活躍していると思いますが、意識することはありますか?

自分は、そういうのはあまり意識するタイプでは無いので。でも、どうしてもまだ順位で見てしまうこともあります。例えばマイケル・リーチ(現東芝ラグビー部・東海大出身)はずっと出場していますし、そこと比べたらまだまだだなと思うことはあります。(意識するのは)ちょっとですけどね(笑)。

――最後にファンへの一言をお願いします。

チームもどんどん強くなっていますが、まだまだ満足はしていないので、もっと自分もチームも成長して、上位に食い込めるように頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。